5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

椎名林檎の歌をストーリー風に解釈するスレ〜其の弐

1 :名無しにして頂戴:04/11/29 02:34:01 ID:???
前にあったみたいですが、次スレが立たなかったみたいなので立てます。
タイトルのとおりです。
林檎の歌詞を、自由な解釈でストーリー風に考えてみましょう。
携帯から立てるので、不手際などありましたらスマソ

2 :ともちゃん ◆aRS.rWHLLU :04/11/29 02:49:12 ID:fP2UH7Mg


3 :名無しにして頂戴:04/11/29 02:57:31 ID:hbbTv9Ou
ちんこ

4 :名無しにして頂戴:04/11/29 03:14:40 ID:lx9o9GVf
ヨン様

5 :名無しにして頂戴:04/11/29 10:24:05 ID:PeyGNry8
なつかしいなぁおい

6 :ringo:04/11/29 17:28:01 ID:???
a SCAR of dreams=夢の跡

毎日テレビは耳を塞ぎたくなるような
恐ろしい日常を伝える
親が子を、子が親を殺す時代
キャスターは止め処なくニュースを読み続ける
ようやく番組からCMに変わるとき、
遠くの悲劇から解放される

ふと横に眼をやれば寝息をたてる息子
もっと夜泣きが酷いと聞いていたが、ずっと静かだ
どんな美しい夢も栄光も 過去になれば流れてしまう
思えばどんな些細なことでもそうだ
例えばあのとき 誰かが好きだった長い髪
私が一番美しく見える髪型だった

ニュース番組で解説者は言う
「親の勝手な期待で子供は窮屈になってしまう。」
だからこんな事件が起きてしまうの?
考えてみれば子に期待する以前に 「正常に育って欲しい」
そんな事を思ってしまう時代だ
いつだって安全で正しく居て欲しい
だけれど、私は子に対する夢が尽きないのだ

「夢を見る拙さか・・・」
まだ何も知らない寝顔は この世で一番美しい

今は手を繋いで居て
悲しみと憎しみが溢れる世界に生まれたとしても
喜びで一杯の心を探すことを諦めないで欲しい
この小さな手で世界を護ってゆくんだよ
未来を造ってゆくんだよ

7 :ゲツ:04/11/29 17:46:24 ID:???
結った髪って結婚のことかと思った

8 :おだいじに:04/12/01 16:07:27 ID:???
とても、清々しい気持ち。
身体も自由に動かせる。
手首の傷を包む白いガーゼは、昨日の事を嘘のようにみせる。
甘い罠にさそわれて
楽に睡ろうとしたのに。
そんなに怒らないでよ。
大人なんだから、小さく唄って、笑って許してよ
私の息が出来る頃まで。

風が気持ちいい
内緒で雨の中、傘もささず出掛けてみたけど
背中を湿らすのは、他人の疑念の目。
これは罰?
でも大丈夫だよ
世の中にはたくさんの悲しい事があるんだもん
でも私は大人だから、守るべきものがわかったよ
だから、笑って唄っちゃおう

また今日がはじまるから

9 :名無しにして頂戴:04/12/01 23:34:48 ID:???
あげる。みんな力作カキコ

10 :すべりだい 1/2:04/12/02 01:25:49 ID:???
あなたはあたしに対して後ろめたいことがあると、甘えた声(八度七分の声)を出してくる。

あたしたちはすぐ触れ合いたがった。すぐセックスしたがった。
いろんな時を二人で過ごしてきて、ずっと一緒に居られると思ったけど、
結局よくある刹那の関係に終わる運命になってしまった。

あの時二人の未来が決まってしまった。
大きな喧嘩もたくさんしたけれど、
<<スマソここの歌詞が思い出せない>>

11 :すべりだい 2/3 になっちゃった:04/12/02 01:32:26 ID:???
あなたはあたしの機嫌を損ねるとすぐキスをしてくる。
キスで機嫌が戻ると思っていたんでしょう。

あの一瞬で二人の関係は崩れてしまった。
まだ秋を二回越しただけなのに(?)、
よせばいいのに二人ともやたら詮索したり自分のことには嘘を吐いたりして、
そういったことの積み重ねが、二人の最後のセックス(=別れる)を作っていった。

12 :すべりだい 3/3:04/12/02 01:35:20 ID:???
誰にも言いはしないれど、あなたと別れたことは実は未だに口惜しく思っている。
今のあたしだったらもっとうまくやれそうな気がするんだものやり直しだってきっと可能。
でもそれはできないから、せめて泣き喚きたいけど、
いつまでもぐだぐだこだわる女と思われたくはないから、
あなたと遊んだすべりだい(?)をひっそり視界の隅に入れて、
あなたとの記憶が薄れるのを待っている。

13 :名無しにして頂戴:04/12/02 20:54:52 ID:fVhVyJFv
前スレで良い解釈のやつをまとめたサイトってあったよね?
それのURL教えて!

14 :名無しにして頂戴:04/12/02 21:21:52 ID:???
クロール

ああそんなにしたいの
あたしと色々な事を
ねえ勘違いしないでよ
あたしも男の体に興味あるから

ああ貴方の一部堪えられないの
あたしと色々をしたくて
絶対に今日が好いの?
男は勝手、仕様がないわね

触らないで未だ待って
あたしは5万やそこらの安い女じゃないわ
あたしをそんなはした金で買って、あたしの体で酔わないでよ
現在の女の相場は全盛期とは違って上昇していくばかりなのよ



15 :名無しにして頂戴:04/12/02 21:22:49 ID:???
ああそんなに恐いか
あたしと一緒にいて深い処まで見えてしまって
何で黙っているの?
見た目とうらはらな性格だからかしら?

泣いてないでよく聞いてあたしはあなた厭じゃないのよ
でもあなたと一夜過ごしたあとの事考えたいの
慌てないで
現在の女は贅沢な生き物なのよ。
懐緩めなさい

全世界の女達声を出してちゃんと云いなさい
女は安くない
女を簡単に飼うなどあってはならない
まず女の値打ちを把握しろ
そして男どもを謝らせて手玉に取って
辱めを受けさせましょう
男どもが怒りだしたら、褒めてあげましょう
そしたら静まるから
そして何もなかったかの様に飲み干してしまいましょう。

16 :名無しにして頂戴:04/12/02 21:42:22 ID:???
ちょっと微妙。いいたいことはわかる、俺も同じ解釈だが文として良くない

17 :名無しにして頂戴:04/12/02 21:44:28 ID:???
クロール微妙ですか…?
残念です(´・ω・`)
ちゃんと国語の授業聞いて文章力極めます(>_<)

18 :名無しにして頂戴:04/12/02 21:46:33 ID:???
前スレ
林檎の歌をストーリー的に解釈するスレ
http://tv6.2ch.net/test/read.cgi/apple/1041817422/

19 :名無しにして頂戴:04/12/02 22:50:32 ID:???
>>6いいなぁ。ちょっと感動した。

20 :クロール/ちょっとひねくれた解釈:04/12/02 23:03:55 ID:???
東京事変というバンド、そして生まれ変わった椎名林檎を
そんなに調べたい? インタヴューしたり、記事にしたい?
でも嫌なわけじゃないのよ、あた(たち)だって興味はあるの

そんなにあたしを取り上げたくて仕方ないっていうの?
絶対に今日がいいの? 仕様がないね

そんな簡単にあたしに触れようとしないで
あたしはそこらに溢れているチープなアイドルなんかじゃない
これからもどんどんいいものを作っていくの
価値は上がっていくんだから

あたしの行動や作っている歌、イメージ、そんなに恐いかしら?
どうして黙っているの? 表面だけ褒めてないで、何か言ってみてよ

記事にならないからって困って泣いたりしないで
あたしには「これから先」があるんだから
そんなに今記事にしたがる必要はないのよ
これからもっと贅沢に生きてやるわ

全世界の、崇高な作品を作っている人たち、ちゃんと主張して
自分はアイドルなんかじゃない、こんな簡単に商品にはならない
どんなものなのかはあなた(リスナ)が自分でちゃんと考えて、って

最後の3行はわからん


21 ::04/12/02 23:34:56 ID:lENRFrFs
ひねくれた解釈の事変クロールって…いいですね☆
桃ゎさっきクロールの歌詞自分で解釈したモノですけど
事変クロールのが面白いです(*≧∇≦)o))

22 :月に負け犬:壱:04/12/02 23:36:52 ID:???
好きなモノへの対象へは、触れる度に、失いたくないと云う感情と共に慾欲望が、止まらない上に溢れてしまう。
その気持ちの対象が私を見捨てたら、いつか消えてしまったら、その時私はどうすればいいのでしょうか?


無駄に強がってみたりするけれど、実際はそんなに気にする程度でしかないのよ。
ただ、自分を作ってみているだけで、何か見つかるかもしれないと思って試してる。


ことは流れ行き、止まることは皆無、虚しき世の中の流れは、まるで大きな河の様。
その中に浮かび上がる一つの花、それは一つ一つが多様な種類ででもそれぞれが”自らの花”。
そっと流れに身を任せる"自らの花"、きっと綺麗でしょう。
例え醜くても この世の中の河に流れる事、許されない理由は無いわ。そうでしょう?

23 :月に負け犬:弐:04/12/02 23:37:27 ID:???
もしかしたら明日、私は息途絶えて 消えてしまうかもしれない。
だからたった今の瞬間、生きた証を刻んでるの。
嗚呼 せめてあの人に今此処で この思想が伝わるのならば 私は明日消えてしまっても 構わない。



突風の様に荒れ狂う行き交う「言葉」。
最早、言葉と云う表現方法に恐怖心を抱いてしまった私は 季節をも感じさせない空間に佇み、只呆然とする。
四方八方に迫る、自分の批評や罵声に何の反抗する力も無く、出来ることは只目を閉じ、其の罵倒に静かに耳を澄ますこと。
何もかもが数字で成り立つ世の中に 悪感を感じながらもトリップ出来ない自己嫌悪。
結局は埋まってしまうのか。いや、埋まってしまった方が楽かもしれないわ。

24 :月に負け犬:参:04/12/02 23:38:27 ID:rjZ2omGH
世渡り上手を気取って、なんとも華麗に幾つもの橋を渡った。
けれども、幾度渡ったところでも私は、渡り終える事に夢中だった故に、達成の他何の主張も無くて、殻の儘。
だから未だに走り続けているしかない。其れだけだけれど、私はきちんと生きているのよ。
生きようとしているの、許して。


逢いたい人に逢うこともない。
果たせない現実は、私と云う人間も意味の無い存在。手の中の私を選べないことが、私を創造していく。
貴方に与えたい術を、でも貴方は此処にいないから、術を選べない。仕方ない。
創造された私が生きてゆくくらいなら、その前に此の身を空に投げるべきよね。


吐く息が熱を帯びて 生きている事を 覚醒。

25 :名無しにして頂戴:04/12/02 23:40:11 ID:???
いい


26 :名無しにして頂戴:04/12/02 23:51:00 ID:???
負け犬いいね

27 ::04/12/03 00:01:04 ID:kfgr5cU8
母国情緒

猫のような大きなおめめと
犬のような可愛らしいお耳で着飾って
ヨン様にご挨拶
来日する情報は一つも逃したくないの
仮令誰かに抜け駆けして妬まれたとしても私は構わない
正々堂々と向き合えているから

ヨン様仲間の情報は
ヨン様はあの交差点を通ると云う
その交差点はファンが次第に集まって空撮したら鮮やかに広がっていたわ
素晴らしい空模様と街路樹が切抜合成
不確かだけど明日もヨン様が日本にいることを慶んでいる

誰かがヨン様の笑顔をもらえば、誰かがヨン様の車に引かれる
世の中は波瀾万丈
何一つ容易い事ないの
だけどヨン様と同じ時代を過ごしてる私は幸せ
現にヨン様がそばに居るからかしら

たった一人で昼食摂ろうと神楽坂を彷徨ってたら回り道した分だけ
ヨン様の事また知ることができたわ

春夏秋冬雲の色までヨン様と同じ空気味わえて光栄
幸せすぎて欲しいものすらないわ
もしも望みが叶うならヨン様とハングル語で言葉を交わしたい
日本だってマスコミはヨン様を取り上げてるでしょ?
日本の男を追い掛ける気持ちなんて、
私たちには無いんだから

28 :名無しにして頂戴:04/12/03 00:11:59 ID:???
桃タソ(・∀・)イイ!よ

29 ::04/12/03 00:14:00 ID:kfgr5cU8
本当ですか?(*゚▼゚*)わーい☆
最初聞いたときからヨン様のうたかと思ってました(*μ_μ*)

30 :名無しにして頂戴:04/12/03 00:42:25 ID:hJt6nKw2
母国情緒の解釈は気にいったけど
桃の顔文字はちょっと…

31 ::04/12/03 00:47:02 ID:kfgr5cU8
顔文字ダメだったですか?(´・ω・`)ごめんなさい。使わないようにします
母国情緒の解釈気に掛けてもらってうれしいです

32 :名無しにして頂戴:04/12/03 01:42:08 ID:???
>>31
さっそく顔文字つかってんじゃねーw
とりあえず、次作も期待

33 :駅前:04/12/03 13:31:00 ID:???
大学生が青春している。
若さ故の痛手を追っても仕方が無い事だ。
皆に「変わり者だ」といわれる個性豊かだと自負している私はここにいます。

何も感情が無く思っているかもしれないけれど、私はあなたを思っているの。
その証拠に今日もわざわざ遠回りをして渡っているよ。
でもこれがあなたへの近道なのかもしれない。
私は生きているの、好きなの考えているのよ。

ほら

改札の横には自由に落書きが出来る掲示板があったよね、いつもあなたへの思いを書いているのだけれど。
強い普通の人のフリをしていた私はここにいる。

あなたに言われたとおりの、あなたの好む女性になる為の生活をしているよ。
あなたが友達と話していた
好きなタイプ、好みの女、……すべて聞こえているから。

あたたの為に生きている。
でもまたすれ違った。おかしいな、どこで間違ったの。

変わり者と呼ばないで、感情が無いわけじゃないのよ。
あなたが好きなの、あなたが生きているから私も生きている。
今日も

34 :母国情緒:04/12/03 18:31:14 ID:???
>>27
同じこと思っている人が居るとは!感動!
しかもほぼ内容同じ。

最後の春夏秋冬は
「春のワルツ、夏の香り、秋の童話、冬のソナタ(四季四部作)」
な感じで。

「もはや私の母国はヨン様と同じ韓国だもん」と熱狂的なオバ様の歌にピッタリだね!

35 :名無しにして頂戴:04/12/03 18:35:12 ID:???
>>20
おもしろいね。

36 :名無しにして頂戴:04/12/03 18:45:32 ID:???
私はこんな感じだとおもった…
>>母国

猫耳をつけて、犬の鎖をつけて、
あなた好みの格好でご挨拶

37 :名無しにして頂戴:04/12/03 19:01:28 ID:???
優勝でもしたのかしら、それとも今日で引退なのかしら
大学生の生徒が青春を叫び、泣いているわ。
だからいつもより騒がしい。彼らに交えているけれど私は此処です。今、歩道橋を渡って、こちらに向かっているでしょう
何も言わなくてもちゃんと応えて下さってるのね。
どきどきしながら待っているから、気付いてね。
改札を出た付近の掲示板にメッセージを残しておいたわ。
どんな寒い日だって貴男の為なら何時間だって待てるわ。
そんな頼もしい私は此処です。
いつもの道路を渡っているでしょう、分かるの。聴こえる気がするから。
今、擦れ違った。貴男の心が変わりつつあるのを私は感付いた。
だから、今日も伝えるわ、貴男が大好きだって事

38 ::04/12/03 20:54:01 ID:kfgr5cU8
アイデンティティ

最近の若者は何かを生意気に探してばかりだ。
でも大人の矛盾の言葉を頼りながら何かを見極めようと必死にだ

正しいとか、間違いとか悪いことだとか、良いことだとか

居場所が見当たらない。大人を信じれない。
愛がなきゃ生きれない。自分の意志もてない

若者はその恐怖に怯えていたんだ

大人達は大人同士で『若者が悪い』とそれを肯定していた
色々な案や法を生み出してきぱきと若者を摘み出して満足していた。

優れている子、劣っている子、
数字やレベルで差別している。
此処に居ればいいんでしょ?と若者は皮肉
誰が本当の事わかるの?と若者は屁理屈
お金が欲しいんでしょ?の誘いに若者は売春
自分の事がわからなくなってしまった

行くあてもないの
信じる人すらいないのよ愛してくれる人すらいない
自分という存在すらわからない
こんな若者を創ったのは大人なのに
もう若者には未来が、ましてや今さえも闇だから先が見えなくなってしまった

39 :◇御祭り騒ぎ:04/12/03 21:56:55 ID:???
うだるような暑さ。耳に入る音は蝉の鳴き声。庭の青葉が陽炎で揺れている。
この季節を拒むように私はカーテンを閉めきった部屋で寝転ぶ。
暇を潰すことほど退屈なことはない、読みかけの本のストーリーすら
意識の集中を欠かせる。

そのときベッドの脇の携帯電話が耳慣れたメールの着信音を鳴らした。
惰性で動く身体、内容は彼からの花火大会への誘い。
どうしてだろう、このとき、ふと懐かしい気持ちになった。
それはこの御祭りが私の地元で行われるものだからでも、
思い出を懐かしむ気持ちが発端なわけでもなく、
生まれたときに感じた、大きな時間の波に抱かれるような、
それに抱かれるような、温かい記憶が甦ったんだ。
「ああ、どうして忘れていたんだろう!」
私は胸に懐かしい時めきを覚えながら彼からのメールに返信をした。

40 :名無しにして頂戴:04/12/04 11:15:42 ID:+BnWnRq4
メールか。現代的だな。。

41 :名無しにして頂戴:04/12/04 14:17:28 ID:???
猫みたいに愛らしい目と犬みたいによく聞こえる耳で、
隣の小沢さんに挨拶をする。
偶然を利用した何気ない挨拶でのあなたの仕草を何一つ逃さずに見つめます。
もしこの気持ちに気付いて、一緒に住む彼女に妬まれたってかまわない。
貴方に大切な人がいる事実ときちんと向き合えているから。



42 :名無しにして頂戴:04/12/04 21:33:45 ID:???
age

43 ::04/12/04 21:54:30 ID:fd/h0vq2
入水願い

小倉優子がこりん星を飛び出す勇気を持てた暁に今まで吐いた下らぬこりん星を美化してくださる?
でも多分無理、グラビアやテレビの仕事で疲れてまた戻りたくなる

ファンが妹にしたいとかロリータアイドルで居てほしい…そんな期待を受け止める意志を持てた暁に
貫いてきた下らぬ演技を認めてくださる?

東京発って今日は実家の千葉に
助手席に埋まったあなたの<生命>という名の美貌
どうにでもしてと云う貴女の本音を聞いたら尽くしたいけど
あたしなんかで役に立つの?

りんごももか姫を殺してそれからちゃんと独りで死ねるのか
応えもしない子供みたいな顔。鮮やかな瞳
もう一つの方、キャラつくらないのは如何

あなたの月のように美しい姿に薄闇かかる
隣にいて気付いたあなたの『助けて』の信号
キャラを創ってる貴女が本当の姿で売り出しても何も掴めないでしょ?
人違いと思われるはず

大嫌いです
こんな自分の全部が厭と貴女は云う
このまま稼ぎたいから嘘を吐く貴女は本当に嘘吐き。
これ以上あたしみたいな嘘吐きが生きているなんて、信じられないわ!
どうぞ殺してください

44 :名無しにして頂戴:04/12/04 23:57:16 ID:???
>>43
有名人ネタはもう飽きた。何とかの一つ覚え。

45 :名無しにして頂戴:04/12/05 00:02:21 ID:++yrBmHT
馬鹿の一つ覚え?!ケラケラ
頑張ります

46 :名無しにして頂戴:04/12/05 00:11:44 ID:++yrBmHT
遭難

私の人生が咲き始めて枯れる頃までに、あなたと私何も乗れるものはないでしょぅ
エレベーターの積戴の限度を予測し乗客に謝らないように望んだ結果…離れエレベーターを拒むのを許して

遂に体重計壊して、行き着く先は呼吸困難、
投げ遣りになって堕ちていく
こうやって今此処で開花する傷つけあいの食物の会話が善くない種を増やしてまた太っていく
ああもうどうにでもなりそうな事態
原因の答えに気付いてもまだお互い美味しいと感じている非常食
誰か私を『救助して』

47 :名無しにして頂戴:04/12/05 00:27:29 ID:++yrBmHT
冬は太るから嫌いという冷えた手は
ダイエットに成功し世間に認められて恋にも届く距離、その手を捕まえてまたリバウンドの道に連れていこうとするのをゆるせよ。
一層海を私の重さで壊してしまいたい
そしたら重さで浮くこともなく水面が遥か頭上に行ってしまうのかしら

こうやって今真後ろにある問題に振り向こうとせず、同じ境遇の人と慈しみ合うこと事態危ないとは解っていても
黙ってしらんぷり
ああもうどうにかなるかもしれない
答えに気付いても未だお互い微笑みあいながら昼食を食べる真昼
紅い警告サイン
だって食べたい欲求には真実はいらない
下品な体脂肪で定刻
痩せたい思いを真っ白に隠しておいて
ああもうどうにかなる途中の自分が疎ましい
痩せたいなんてさようなら
お互い似た結果の筈
太ってしまったんだ。

48 :41続き:04/12/06 04:35:22 ID:5pUK27VR
偶然角の薬局で会って一緒に交差点を渡って帰ったとき、
目に映る夕焼けがいつもよりずっと鮮やかだった。
街路樹はいろんな色で染まりまるでコラージュのよう。
明日も私はあなたを想っていられるのか…それさえも不確かだ。


49 :名無しにして頂戴:04/12/06 04:59:54 ID:???
私があの人と結ばれれば彼女は出て行かなければいけない。
みんなが幸せになる世の中なんてありえない。
望みを叶えることはそんなに容易くないの。
だけど今こうしてあなたを思っている私がいること。
それが仕合せなのです。
そう思えるように近頃はなりました。

たった一人で昼食のためにさまよったあの町も、
あなたのような学生が沢山いました。
今までした辛い恋も青さもあなたに出会って認めてあげられた。
ちゃんと今の私に繋がっていたのです。

50 :名無しにして頂戴:04/12/06 05:06:03 ID:???
感じている季節も毎日のお天気もあなたと同じだから、
これ以上望むことなんて何も見つからないのだけれど。
もしも望みが叶うなら「言葉を交わしたい」
話す言葉も同じなのだもの。
母国を愛する気持ち少し分かった気がします。
母国情緒がここにあるのです。

51 :名無しにして頂戴:04/12/06 20:31:21 ID:I1TCZTYU
ageruyo

52 ::04/12/06 22:59:05 ID:N5qfJ16t
サービス
テポドンにびくびくして意見言えない日本に、そっとアドバイスしてあげる
『若い者は許されるどんどん毒舌かましてみろ。そうすれば心地好い』と
さぁ御覧遊ばせ
若者がうやむやにしている問題と北朝鮮に斬っていくから。
今まで言わなかったのはミサイルが恐かったから
勇ましい姿でもあの国には通用しない

すると将軍
『何かご不満?拉致した人帰したではないか』
此処まで来てあの国の姿勢に日本の努力の無駄に気付いて、戦闘放棄
今までの努力冗談のように流される
成人式で暴れる奴らは損得第一の日本に関心なく逃げてばかり


53 ::04/12/06 22:59:41 ID:N5qfJ16t
でも議会に2、3の問題
いや…そんな程度な数ではない
写真合成、骨偽造、国民演技ごちゃまぜにして明らかになっていない問題
さぁ御覧遊ばせ
新たな発言者出現の為。自分では何もできない偉大なる首謀者が泡吹かす姿を。
もはや米やお金援助では動かないあの国。
戦争して献身するしか手段しか見つからない。

仮病のような見え透いた嘘を簡単に吐くあの国
手のつけようもない将軍は正直に述べる様子もうかがえない。
一つ問題解決しても、まだまだ嘘はたくさんあるあの将軍は
国民の命捨ててなんぼだという?
『知らない、分からない、ちゃんともう一度調べるから食料援助してくれる?』と日本をバカにする
裏では『改ざん、取り除け、隠せ』なんでしょ?

54 :名無しにして頂戴:04/12/06 23:46:05 ID:???
>>50
面白みや個性、インパクトには欠けるが
歌詞に忠実で完璧。
綺麗で筋が通っていて、何より内容が美しくてよいです!

55 :名無しにして頂戴:04/12/07 23:28:17 ID:???
>>54
ありがとうございます。
充分素敵な詞なので雰囲気を忠実に再現したかったんです。
元にして小説を書く感じで書きました。


56 :名無しにして頂戴:04/12/08 00:14:12 ID:JghgDZ/D
ぁげ

57 :罪と罰:04/12/08 03:19:59 ID:???
━朝方、山手通りにて━
煙草ももうないし…。だるいな…ホント。
ああ、もう朝日が昇ってるのね。
さっさと家に帰って寝よう…。
……。

「…あなたはもういないのね。…
──


──「別れようなんて考えないで!何でそんなこと考えるのよ!
ちゃんと、今ここに、あたしがいるじゃない!
 どうしてあたしをちゃんと見てくれないの?!
あたしを見てよ…。
抱いてよ…。
それだけで、あたしは幸せなのに……。」

━真夜中過ぎ、駅への道にて━
 ああ、本当に好きなの、愛してるの。

…そう、もうあなたはいないんだ……。

この改札を、あなたとよく通ったんだけど、ね…。



58 :罪と罰:04/12/08 03:21:13 ID:???
─あたしが今吸っているこのセブンスターも、あなたがよく吸ってたなあ…。
思えば、いろんなとこあなたと行ったなあ。楽しかった。
まるで、夢みたいだったなあ…。

もしかしたら、あたしはあなたに多くを望みすぎたのかもね。あたしは幸せだったんだけど、あなたはどこかであたしを遠く、重く感じてたんだ、きっと…。
ごめんね、わかってあげられなくて…。


━電車を降り、駅前の繁華街にて━
外車乗り回して、景気のいいこと。

また警察と族が追っかけっこ…。
ああ、うるさいわ、うるさい!
うるさいのに、どうしてこれほど静かなの…。
あなたがいないと、現実じゃないみたい…。



59 :罪と罰(完):04/12/08 03:22:30 ID:???
━朝方、山手通りにて━
──「あなたが好きなのよ、どうしてもあなたじゃないと駄目なの!
未来がどうだっていい、
現実は、あたしがあなたを愛してるってことなの!
あたしは、あなたがいないと…

それだけ、わかって……」

煙草ももうないし…。だるいな…ホント。
ああ、もう朝日が昇ってるのね。
さっさと家に帰って寝よう…。
……。

「…あなたはもういないのね。
…愛している。」

※罪:"あたし"は"あなた"をあまりにも自分勝手に愛し続けた。

※罰:"あなた"は"あたし"に距離を感じ、共有できなかった。

60 :名無しにして頂戴:04/12/08 22:31:52 ID:???
みんな良作で、本当すごいっす(#^^#)

余談だが、私は村上春樹の「ノルウェイの森」を読んだ後、「茎」を聞くと、
切なさが倍増する。
村上春樹小説の雰囲気と、椎名林檎の曲の雰囲気は似てる気がする。

あくまで、私個人的な好みだけど(^^;)

61 :名無しにして頂戴:04/12/09 18:16:32 ID:???
良スレあげ

62 :名無しにして頂戴:04/12/09 19:25:45 ID:???
キモイ

63 :名無しにして頂戴:04/12/09 23:46:16 ID:???
↑荒さないでくれ。
貴方の方がキモイよw

荒らし、厨はスルーでお願いします。

64 :名無しにして頂戴:04/12/10 15:16:34 ID:???
>>13
ttp://sound.jp/ringo_story/

このまとめサイト作った張本人です。ずっと放置しててすいません。。。
しかも前スレdat落ちしちゃったので500以降のログが取得できないままになってしまいました。
この新スレを含むその他諸々の歌詞関係スレのまとめ、またやる気が出たら更新しますw

65 ::04/12/10 19:58:55 ID:aI8S76h3
モルヒネ
家にはひとりで帰りますあたしにはボディーガードが4人もいるから
あなたが居なくても平気
家にはネバネバしたローションが有ります
あたしには貴方の栄養素バイアグラがあるし
驚いたことは今の職場‥痴漢プレイがウリなんだけど地下鉄のレールまでそっくりに再現してあること

素敵な貴方をたたえますあたしには取り柄なんて無いから体を売るだけ
素敵な赤色のボトムス‥貴方がプレゼントしてくれたけど今の汚いあたしには似合わない気がします
驚いたことは貴方と朝まで行為をし続けレースのカーテンが爽快な青空を透かしていたことだわ。

あたしの脳の中で気持ち良くなる妄想は
貴方のことを考えて考えて排出されゆき
あたしはひたすらお客様の局部をしゃぶる
貴方には内緒の密やかな行為に専念していました
あたしの頬が赤く染まり中で、
貴方と重ね合わせたお客様の高らかな声を聞き
あたしは目をつぶって昔の貴方との行為を密やかにまた思い出して
あたしの脳の中で気持ち良くなる妄想は
貴方のことを考えて考えて排出されゆき
あたしはひたすらお客様の局部をしゃぶる
貴方には内緒の密やかな行為に専念していました


66 :名無しにして頂戴:04/12/10 20:42:16 ID:???
>>65
過激でいい!

67 :名無しにして頂戴:04/12/11 00:57:15 ID:???
>>64のやる気が出てくる事を切に望みます、ハイw

68 :50:04/12/11 08:20:20 ID:???
何かリクエストしてくれる方いませんか?


69 :名無しにして頂戴:04/12/11 15:06:58 ID:???
>>68
りんごのうたキボン

70 :名無しにして頂戴:04/12/11 21:16:28 ID:???
「おこのみで」希望します。私には解読不能・・・・。

71 ::04/12/11 22:15:17 ID:w7+3iKBM
駅前
大学の生徒がまだまだ未熟だけど自分の成績を誉め嬉し泣きをする
今流行の服を着て時代と共存している私ならここです
有名大学に入って有望な歩道橋を渡っていくよ
親に無言の反抗していても応えているよ
本当は私のしたいことを心に刻み、大切な夢を大事に思っているよ
ほら

高校卒業と云う改札口を出たらすぐ合格発表という掲示板があったね
一流企業就職の為勉学をする頼もしい時間を作っていた私ならここです
親に決められた進路を渡っているよ
聴こえているよ
あなたにも周りに期待されてそれに応える溜息
ほらまた今擦れ違った
自分の夢鳴らして、体いっぱい使って動いてるのに親に抑圧される
ちゃんとあなたの夢聞こえたから
あなたがそんなに将来より夢大切にするから
あたしも親にも先生にもみんなにも伝えていたんだよ。自分なりに
今日も…

72 :名無しにして頂戴:04/12/11 22:53:54 ID:???
>>64さん応援書き込み
最初のほうは本当に「ストーリー風」だったんだね、面白い

73 :名無しにして頂戴:04/12/11 23:06:42 ID:???
今のこの状況に目を輝かせて
スタジオ内に響き渡るこの音に聞き耳を立てている。そして私の合図で始まる一日。
この記憶を胸に焼き付けたいし、この音を吸収したいって思うから。
中には私だけずるいと感じる人もいるだろうけど、今はちゃんと、バンドのメンバーとして向き合えてるって感じられる程なの。
私が作っていたこの楽譜。五人の音が交わって、素敵な音楽を奏でてくれる。
ただでさえ美しいこの歌に、彼らのまた違う美しさがプラスされていく。
予測不可能な歌の完成を喜んでいるの。
もちろん、この歌も売り上げだのなんだのに囚われてしまうと思うけど。
つらくなってしまったりとか、あるかもしれない。
でも私がやってる事は、容易い事じゃない事、そんなのは知っているんだもの。
でも、無意識にも笑顔になれている。そんな私は幸せなんだ。最近は自分が幸せだということに自覚がもてている程よ。
たったの一人で、いい人材はいないかと下り坂を感じながらも彷徨っていた。
なかなか見つからなくて、果たせなかった夢も、今無駄じゃなかった事を知ったの。
いつだってどんな時も、ここでお揃いでいられるのよね。
もうこれ以上に欲しい物なんてないけれど、できることなら本当の言葉を交わせるくらいの絆があればなぁ。
仕事の上だとしてもその気持ちは変わらない。
これがバンドだと思う。
今それがここにあるのね。














74 :ポルターガイスト 1/2:04/12/11 23:51:13 ID:???
※「あなた」っていうのは、自宅で教えてる塾とか、ピアノや絵の先生とか、そんな感じ。
  仕事の関係でもいいかも。とにかく、ある程度会っていて、社会的に恋愛の対象になれない人。
  これは「僕」を「あたし」として、女の子と男性として書いてるけど、性別はなんでもいいと思っています。

「もっとたくさん来てもいいんですよ。」
出かける直前になって、この間あなたがそんなことを言っていたのを思い出して、ドキドキしてきてしまった。
また今日もあなたに会える……そう思ったら、なんだか緊張してくる。ふと、前髪に癖がついていることに気づいた。
折角あなたに会うっていうのに、こんなみっともない姿じゃ恥ずかしい!
一生懸命直していたら、電車の時間が迫って、焦って鍵を持たずに家を飛び出してしまった。
頭の中はあなたのことでいっぱい。

あなたにこの想いを伝えたくて、今にも叫び出しそうになったけれど、必死に抑えた。
いつも車の送迎であなたのもとへ向かうけれど、今日はたまたまそれができなくて、電車にした。
少し面倒だけど、こんな変な気持ちでいるときは一人がいいのかもしれない。丁度いい。
一度乗り換えた頃、あなたに会うのが楽しみで、自分がどうしようもなくなっていることに気づいた。
今も気持ちは膨らんでいる。破裂しそう。

75 :ポルターガイスト 2/2:04/12/11 23:52:39 ID:???
「真実は最初で最後なのです。」
今日あなたはこんなことを言った。
あなたはあたしよりずっと大人で、言っていることもよくわからないことも多いけれど、
あなたがとっても頭がいいっていうのはわかる。あたしもあんな恰好いい人になりたい。
そう思って、あなたが時々するように、キッと厳しい目をして歩いてみた。
あたしもちょっとは頭がよく見えるかしら。ちょっとはあなたに近づけるかしら。

あなたがちょっとでもあたしを意識するように、極上の笑みを研究した。
あなたの家のドアの前で、あなたが出てくるのを待っている。ああ、浮き浮きする!
あなたはきっと振り向いてくれるような気がする。そんなことあるはずないとわかってはいるけど、
気分はとっても楽しくて、そう思うと、もしこれが全部うその世界だとしてもいいとすら思える。

あなたはあたしが極上の笑みを見せる前にあたしに微笑んで、またあたしを惑わせた。
そう、そういえばそうね、あなたはいつもそうしていた。こんなあたしに、いつも優しい目を向ける。
あたしはそれを見た4ら、堪らなくなってしまって、あなたが欲しくて仕方がなくて、
きっとこの恋は永遠に実ることはなくて、あたし自身すぐに忘れてしまうのでしょうけど、
それでもいい。あたしは今あなたが好き。あたしには、今あなたが一番輝いて見える。
あたしにこんな感情を抱かせるのはあなただけです。きっと、生涯。

76 :名無しにして頂戴:04/12/12 00:22:16 ID:???
「真実は最初で最後なのです。」
木更津キャッツが脳裏をよぎったw

77 :鎖灯 ◆310.DdPVm2 :04/12/12 13:13:36 ID:???
>>74
好い…

78 :74-75:04/12/13 23:39:29 ID:???
ありがとう。(´ー`)

79 :名無しにして頂戴:04/12/14 03:35:31 ID:???
最初の頃の「ギプス」とか「ここでキスして」とか
好きだったな。
素直な詞に、共感できる。

今の林檎の曲も、嫌いではないんだけど、
ことば遊びとか、表現がややひねくれた?感じ
(思いっきり想像力を働かせないと、詞の真意がわからないとか)

「ギプス」あたりは、高校生くらいに作ったから、ストレートな曲になっているんだろうけどさ・・・・

なんかもう一回くらい、
初期のテイストの歌を作ってほすい。

80 :母国情緒:04/12/14 23:00:30 ID:???
少しでも可愛く見えるように猫みたいに目を大きくして御挨拶。
「お願いします」
どんな小さな情報も逃したくないの。犬並みに良い耳が欲しい。
あなたは人気の教官だから他の娘の視線がつき刺さる。だけど気にしない。今車には2人きり。
決まったコースの交差点も特別な道になる。
あなたの左手には指輪が光ってるけど今ここで同じ話に笑えることがとても幸せ。
卒業してもあの道を通る度楽しかったことを思い出す。
もう会うことはなくてもこの空はつながってる。四季の変化も一緒。共通点はたくさんある。
それだけで私はとても幸せ。

81 :名無しにして頂戴:04/12/16 19:52:25 ID:???
母国情緒人気あるんだね。
他にも力作きぼんぬ。

茎とか、いろいろストーリー考えられそう。

82 :名無しにして頂戴:04/12/16 20:01:25 ID:???
ほんと、母国情緒多いね
事変メンバーの初顔合わせが神楽坂だったらしいから、73は結構当たってるのかも。
二番歌詞は、インタビューで林檎がさんざん言ってる
「ソロ活動はバンドへの布石」発言まんまだとオモ

83 :1/2:04/12/16 21:55:08 ID:???
〜茎〜

「このドアなら地震にも耐えられる」「そのビルは崩れないでしょ、」「あの空は澄んだままだよ。」

どんな言葉も嘘くさいです。

例えどんなに長い歴史があろうとも、地を揺るがす大地震に耐えてきていても
栄えていようとも、一瞬にして崩れていってしまうの。

「どうして?」「なぜ?」「なんでこんな悲しいことに……」

誰かユメだと言って。


「君の体は丈夫だよ」「健康で倒れないだろ」「空は限りないなぁ、世界は広い」

そんな言葉すべて真っ赤な嘘に聞こえます。
どんな事があっても、泣いたり喚いたり戸惑わないで。私たちは強く進むのでしょう?
やっと過呼吸も治まってきました。



84 :2/2:04/12/16 21:55:47 ID:???
「どうして?」「なぜ?」あの日の出来事が脳裏に蘇る……。

今日からは生まれても、優秀な人になろうとも、儚いものだと忘れないで。人間を買い被りすぎないで。

大事な命だけ守り通して。

もう泣いたりしない、喚いたりもしない。私はまっすぐ強く生きていく。

なにも要らない、貴方だけ。
貴方の命だけ。

貴方一人だけが欲しい。



(林檎さんが「テロの歌」と言っていたのを想像して書きました)

85 :名無しにして頂戴:04/12/16 23:45:39 ID:???
「モルヒネ」は
目立たない地味な女の子と
恰好いい素敵な男性の
純粋な恋愛を想像した。

今小説執筆中

86 :名無しにして頂戴:04/12/17 00:56:01 ID:???
>>83
>>84

乙。

好い感じよー!

87 :茎〜小説風:04/12/17 01:14:23 ID:???
夢を見たの

塔の扉があるんだけど
どんなに叩いても破れないの

その塔も、空も、
どれも嘘っぽいの。

せっかく咲いた仙人草も
あっという間に散ってしまったの

どうして?

何故、こんなにも哀しくなるの?


「それは、現実の夢」


その言葉で、私は目覚めた。
カーテンの隙間から、朝日が差し込む。

また、始まるんだ

とても嫌な現実が。

88 :茎〜小説風2:04/12/17 01:24:05 ID:???
また夢を見ている

でも、何か変だ

私の周りは、まるで血のように赤く
天も、真っ赤に染まってる
どんなに息をしても、肺に酸素が入ってこない


「泣いたり、惑ってたらだめ。
立ちなさい
そして、立ったら、強く前へ進みなさい」

その声が聞こえると、やっと私は呼吸ができるようになった。


どうして?
私は、こんなに苦しまなくてはいけないの?



「それは、貴女が、
現実が夢だと思ってるからよ」

89 :名無しにして頂戴:04/12/17 01:36:57 ID:KRnekuIp
>>27
くそワロタw

90 :茎〜小説風3:04/12/17 01:44:24 ID:???
また夢を見てるのか

でも、なんか変だ。
天も、周りも、何もかも赤色に染まっている。

息をしても、肺に酸素が入らない

何故?
どんどん苦しくなっていく。
私、このまま死んじゃうの?



「現実が嫌なのでしょう?ならば、永遠の夢の世界へ行きましょう」


そんなの嫌!

91 :茎〜小説風4:04/12/17 01:53:35 ID:???
そのとき、
いきなり強烈な光が、私を包んだ


此処はどこ?
あぁ、此処は子宮だ
お母さんの子宮
だとしたら、私は胎児?

「そんなの嫌です!」
母の声だ。
「しかし、このまま出産すれば、母体とて無事ではありません」
「大事な命です!他には何もいりません!この子だけは、どうかこの一つだけの命だけは!」


それから、また、光に包まれた。
とても暖かくて、安心できるような・・・

92 :茎〜小説風5:04/12/17 02:04:14 ID:???
そして目覚めた。
だいぶ、うなされてたらしい。

いつもと変わらぬ私の部屋
でも、違っているのが一つだけ。

育てていた仙人草が、咲いていた。

まるで、私の心の変化のように。

また、朝は来る。
現実も始まる。
だけど、私は恐くない。

もう泣いたり、惑ったりしない。
立ち上がる力は、私の中にあるから、
そして、立ったら、二度と倒れないよ。

私は一人じゃない。
母が守りぬいたこの命、
絶対に粗末にしないよ。
さぁ、行こう。
新しい私の誕生だ



稚拙な文章になってスミマセンm(_ _)m

93 :名無しにして頂戴:04/12/17 08:18:11 ID:???
>>64
ハイ。 つttp://ruku.qp.tc/dat2ch/0412/02/1041817422.html
がんばってー

94 ::04/12/17 21:49:00 ID:3Z4xtfyl
宗教
誰か僕に簡単な仕事をください
危険を伴うので本望です嘘を吐くのでも構いません
なるべくなら稼げるものが善い
なんでもします
少しの痛みぐらい動じません

立て、撃て、切り裂いても敬います
やむな、にくむな、吐け、出せ、誰かを引きづり落としてでも歩み行きます
後ろの人間を心配せず進んでいきます
でも…その職務に従えなくなってきました

丁度好い職が何処に行っても見つからないのはどうしてでしょう?
こんなにビルも道路も増えているのに
飲んでも飲みきれない日本の借金で不条理な世の中を凝視します



95 ::04/12/17 22:02:53 ID:3Z4xtfyl
季節は廻って急ぎ足で僕を通り過ぎていくので時代についていけません。いつしか隣にいた仲間は花を咲かせ、
うまいこと蜂を呼び寄せ繁栄しています。
幾度も繰り返しをする世は盛者必衰が常ですね

待て、伏せ、不可解でも拝め逝け
病むな、憎むな、視ろ、嗅げ、
不愉快でも不景気を味わい識れ
覚悟を極めて生きろ

日本が常任理事国になっても良いはずなのに
何時になってもそんな話は見当たらないのはどうして?
日本が麗しいのは事実なのに
泣いて負けを認めた歴史の条理を風刺しなきゃ

あ、短期アルバイト
すぐ首切られる憂い
鬱になってまた心晴れて
最初から決まっていた僕の運命
期待すれば気付いてしまう…僕はダメだと。
模範だらけ、模倣だらけの世の中、きっと何年先もこのままだろう

96 :名無しにして頂戴:04/12/17 22:08:24 ID:???
桃の解釈はふに落ちない

97 ::04/12/17 22:16:08 ID:3Z4xtfyl
桃は気に入った歌詞の三行ぐらいで妄想して解釈してしますので腑に落ちないかもしれません。ごめんなさい(__:)

98 :名無しにして頂戴:04/12/17 22:34:54 ID:???
桃キモイ

99 :名無しにして頂戴:04/12/17 22:39:12 ID:???
桃は最高。桃って名前はなんかキモイけど。ゴリ子とかに改名したらどぅ?

100 :名無しにして頂戴:04/12/17 22:41:00 ID:???
100

101 ::04/12/17 22:42:48 ID:3Z4xtfyl
桃って名前本名なんですけど、キモイとか言われると本当に悲しい。本名バカにされるとへこむ。鬱になるって

102 :名無しにして頂戴:04/12/17 22:55:21 ID:???
桃のは歌詞をちょっと変えてるだけ。

103 ::04/12/17 23:01:09 ID:???
桃、桃うるせーよ。
批判もいらないから流して結構。
勝手に書き込んでるだけだから別に感想とか意見とかいらないし
そこらへんの綺麗な言葉並べただけの解釈だってつまらないよ。

104 :名無しにして頂戴:04/12/17 23:07:53 ID:???
>>103
発表されたからにはいろいろな批評も受け入れるべき
要らない、ほしくないっていうならチラシの裏にでも書いてろ

105 :名無しにして頂戴:04/12/17 23:08:46 ID:???
発表されたじゃねえ 発表した だ

106 :名無しにして頂戴:04/12/17 23:08:55 ID:???
桃はあと五年ROMれ。
出てくんな。顔文字使うなキモい話方やめろ

107 ::04/12/17 23:19:58 ID:3Z4xtfyl
15の娘にむきになってやだやだ。


108 :名無しにして頂戴:04/12/17 23:45:11 ID:???
とネカマが申しております

109 :名無しにして頂戴:04/12/17 23:51:03 ID:???
>>103
迷惑なので勝手に書きこまないで下さい。

110 ::04/12/17 23:57:01 ID:???
迷惑なら金輪際書き込みません。
ばいニャーム

111 :名無しにして頂戴:04/12/18 00:08:55 ID:???
>>桃

バーイバイ(´∀`)ノシ

やったー!!バカがいなくなったぞ

112 :名無しにして頂戴:04/12/18 00:19:37 ID:???
今まで通りマターリ行きましょう。
力作期待age

113 :名無しにして頂戴:04/12/18 00:47:28 ID:???
マターリしたいんなら追い出す必要なかったのにね
こういうところの林檎板の結束力が嫌だ

114 :1です:04/12/18 02:33:37 ID:???
久々に来たら、マナー悪い方いて残念です。

最初に書いてるとおり、
ここは自由な解釈で林檎の歌をストーリー風にするスレなんだから、
解釈は人それぞれなので、
お気に召さない解釈があっても、叩くのはやめましょう。

私個人的には、桃さんの詞も好きでしたよ。

ひきつづき、マナー守って、どんどん力作書いてくださいね!

115 :名無しにして頂戴:04/12/18 02:37:33 ID:???
桃の解釈の内容とかどうでもいいが
・変な顔文字
・口調
が気に入らない。
是非5年2ちゃんをロムって欲しい人、ナンバーワン。

116 :名無しにして頂戴:04/12/18 07:46:55 ID:???
結束力って…べつにみんなが団結して追い出そうとしたわけじゃないじゃん。
桃自身については>>115に同意。解釈はおもしろいのもあると思うよ。

117 :名無しにして頂戴:04/12/18 09:55:56 ID:???
>>1よ、
お前何様のつもりだ

118 :名無しにして頂戴:04/12/18 10:28:11 ID:???
批評がだめなら>>1にそう書いておけよ。
へたに叩くのはよくないけど、発表した以上何言われるのも仕様がないよ

119 :宗教:04/12/18 11:58:30 ID:???
何処の御店にも品の無いコップしか売っていないの
如何して?ビルや道路は平気で建てられて行くのに。
良いボトルは輸入したけれど、其れに見合ったコップが無ければ飲めないわ。
こんな日本は不条理と凝視する他ない
ーーー
犯罪者の死刑判決は何時になったら出るのかしら
如何して?品位が麗しいのはご覧の通りよ
そろそろ負けを認めて頂戴、私は許さないけど。

120 :/、冫、)迷彩:04/12/18 14:28:28 ID:???
「ねぇ、ここよりもどこか遠く……そうね誰も知らない様な街に二人で逃げない?
普通な毎日に飽きたの、刺激が欲しい。……無理矢理でも構わないから」

こんな遠くまできたのに、昔二人で食べたかき氷が恋しい。砂の様に脆い感情なのに。
こんな遠くまで来たときの愛情は?萌えるような情熱は?どこへ消えたの?
二人の間にはズレが出来てきたみたい。

流れに任せた、行き当たりばったりの頃の青春が懐かしい。
もう帰らないとしった情熱も越すことのできない夜が怖い。ゆらゆらと揺らいでいる私の決心。
後悔の念と悲しみが引いてくれない…。

121 :1です:04/12/18 15:11:01 ID:???
私が最初にルール?とかちゃんと決めなかったのがいけなかったみたいなので、ここで補足しときます。

・解釈についての奨励・批評は推奨します。
ただ、「キモイ」「バッカじゃねぇの」etc・・・
明らかに暴言と思われる事は書かないでください。
(↑常識ある大人ならできますよね?)

・たまにくる荒らしにはスルーしてください。
できない貴方も荒らしです。

・2ちゃん初心者と思われる方が来ても、
叩くのではなく、優しく諭してあげましょう。


普通にネチケットが分かってる方ならできますよね?
引き続きどんどん力作書いて下さいね!

122 :120:04/12/18 15:28:15 ID:???
誤字がありました。

×萌えるような
◎燃えるような

123 :名無しにして頂戴:04/12/18 16:41:41 ID:???
>>122
解釈はいいのだが、不覚にもそこにワロタ

124 :名無しにして頂戴:04/12/18 22:28:16 ID:???
>>121
桃の場合は批判したら云い返して来たから叩いたんじゃん。
2chで完全なマターリやるのは無理。厭だったらファンサイト逝け。

125 :名無しにして頂戴:04/12/19 00:28:44 ID:???
>>124
お前もいちいちつっかかるなよ

126 :名無しにして頂戴:04/12/19 04:38:17 ID:???
言い返す方も、それを叩いてる椰子も、
どっちもどっちだよな。
まぁ、いい大人が子供(少なくとも、2ちゃん初心者に)
相手にねちねちと叩いてるのって、
どうよ?とか思うけどな。
別に桃を擁護するわけじゃないが、
ハンドルネームがキモイとか、(しかも、実は本名だったし)
どちらかっていうと、
叩いてる方が、質が悪いというか・・・。

まぁ、これ以上この件については追求しないでおこう。

荒れるもとになるし。
引き続きマターリ行くか

127 :弁解ドビュッシー 1:04/12/20 20:54:16 ID:???
私の曲を「売る」側は、やっぱり売ることしか考えていない。
こうすれば売れるとか、こういうのが受けるとか、私はそんなことしたくないのに、
もっと違うことがやりたいのに、私の意見はちっとも受け入れてくれない。
なんとか反論しようとしたけど、うまい言葉はなかなか見つからなくて、
論旨を統一せずものを言ってしまって、自分でも ワケ⊂( ・∀・) ワカ( ・∀・)つ ラン♪⊂( ・∀・)つ 状態。
ああ疲れた。もういいや、私は適当に作った言葉に、語呂のいい言葉を並べていけばいいってわけね。
心を込めて作った音楽なんて、然して大事じゃないのね。

ジャケット撮影だの、雑誌の取材だの、どうしてこんなに面倒なんだろう。
すこし短めのTシャツに、ブーツカットのジーンズだけだって、十分おしゃれじゃない。
あるいは可愛いワンピースでもいい、なんでもいい、普段着みたいな自然な恰好でいいじゃない。
なのになんで、特殊メイクに劣らぬ厚化粧、コスプレまがいの変な衣装、
こんな恰好をしている私は他人からどう思われてしまうんだろう。

こんな状況を私が嘆くと、あなた(※自分は勝手に亀珍だと思っている)は
「この世界では、こういうことも仕方がない」とため息をついた。
すごくもどかしいけど、私自身どうしたらいいかわからないし、
こんなことでいちいち惑うくらいなら、もういいや、私の本当の夢は一旦消去して、
できるところまで踊ってやる。仕方ない。

128 :弁解ドビュッシー 2:04/12/20 21:06:56 ID:???
甲斐性のない、いつもは女の子に叱られてばかりいるけど、
敵が向かってきたときは一緒に居てくれる、そんな男の子と過ごしたい。
でもきっとできない。私の人生は、適当な音楽に適当な言葉を載せていくだけで終わる。
今私と同じくらいの年の子たちが叶えているが、私に叶うことは、たぶんきっとないんだろう。

この間あのテレビに出たとき、あいつは自分の激情だけで動いているとか、
気持ち悪いだとか、いろいろ言われたみたい。でももういいの。そういうのも慣れた。
すべてが面倒くさい。すべてが私の意志にまったく関係なく動いているんだもの。
もうあとは、みんなで好きにやっちゃって。私は適当に濁して、あとは離れていたい。
ひとりでぼんやりと浮かんでいたい。そうしたい。

街に出たら、母親に連れられた男の子が、帰りたい帰りたいと泣き喚いていた。
母親は、何でも買ってあげるから、行きましょう、と息子をあやしている。
やっぱりそうなんだろうか。どんな場合においても、心や信念よりも、お金やモノが勝るんだろうか。
そうなのかもしれない。私も本当は、自分の信念なんか貫きたくなかったのかもしれない。
純粋に音楽がやりたいっていう気持ち、あったっけ? あったかな?

本当は、売る側の意見が正しいのかもしれない。やっぱりお金やモノが大事かもしれない。
でも私の気持ちも間違ってはいない、と思う。私は「売る」側に強制させられて、
変な恰好したり、変な歌を作ったりしているんだから。変な私は本当じゃないんだから。
でもお金やモノがないと生きていかれないのは本当だし。あ、もしかして、
全部あいつらの陰謀なんだろうか? 私がこうやって考えているのも、
私が歌を作っているのも、全部? わからない。わからない。


129 :名無しにして頂戴:04/12/20 21:08:12 ID:???
>>128の4行め
× 私と同じくらいの年の子たちが叶えているが
○ 私と同じくらいの年の子たちが叶えている夢が

スマソ

130 :名無しにして頂戴:04/12/20 21:09:56 ID:???
また見つけちゃった…>>127の6行め
× 私は適当に作った言葉に
○ 私は適当に作った音楽に

今度はもっと推敲してから書きます。スマソでした

131 :じょしだいせい:04/12/21 03:51:55 ID:???
此処、面白そうですね☆私も自分なりのストーリ解釈に挑戦させていただきます。



正しい街

あの日、私が飛び出した街と君が言った事はやっぱり正しかったんだ

君の話に不愉快そうな愛想笑いをして 返事もせず黙ったままで 更に話を聞く態度さえも見て判るぐらい悪くしたら

君は冷たいアスファルトに額をこすらせるように土下座して 君の気持ちに応えられないあたしを「何故だ」と攻めた

君がプライドも何もかもさえも捨ててくれたっていうのに あたしはそれさえも無視したんだ

君に別れを告げたあの日から一年 何も変わっていない君の唇
一体どんな気持ちで 今あたしに君はキスをしてくれたっていうの?



132 :じょしだいせい:04/12/21 03:54:04 ID:???
(続きです)

夢を追う為、君を傷つけない為に付く「ちょっとした嘘」はやがて増えていって 上京するんだ!!っていうあたしの情熱は膨らんでゆくばかりで 本当は君と離れてしまうことで感じていた不安にもわざと気づかないようにしてたんだ
君のイマイチ足りない、判り辛いような私への愛情表現、先が見えない君と未来よりも、確実に叶えられそうなあたしの夢「上京」の方が良い! そう自分でも言い聞かせていたように思ってたんだ

泣くことなんか無かった君があたしの為に泣いた でもあたしはそれさえも無視したんだ

可愛い娘なんか捨てるほどいるんだ、そうあたしに言ってたくせに
どうして別れた後も未だ 君の横に女の子は誰一人としていないの?

あたしはまるで現実も分かってなくてなんて夢見がちなことばかり考えていたのだろう
「君の為」だとかいってあんな自分勝手な言い分を君に押し付けて
東京じゃね、冬が来たってそれらしさが何にも感じられないんだよ
大好きだった百道浜も君も室見川もありゃしないんだ 

もう今までみたいに君に我侭を言えないってことぐらい分かってるんだ
だからさ、明日はあたしが福岡を旅立つ最後の日だから見送りにきてよだなんて言えやしない
君があたしを説得しようとして言ってくれた言葉の意味が、今やっと分かったんだ
君を失う事 その代償は大きすぎたんだ
あの日、飛び出したこの街と君が言ったことは正しかったのにね


ストーリーとは言いがたい?かもしれないです(汗)
でも、夢を追いかける為に育った地を離れた女の子が、久しぶりに戻ってきた地元と昔の彼氏に感じるセンチな気持ちが、すごく伝わる曲で、地元を離れて生活している私には凄く響きました。

133 :名無しにして頂戴:04/12/21 13:39:47 ID:???
こんなスレあったのか。個人的に>>127-128が非常に好きです。

134 :名無しにして頂戴:04/12/21 18:26:46 ID:???
[歌舞伎町の女王]
夏になる度に思い出すのよね…あたしの故郷
あの時はあたしも年頃で夜遊びとかしたかったの。
育ててもらった祖母を離れて一人で新宿行きの切符買って乗り継いで歌舞伎町に赴いてみたわ

母親は此処の街の女王様だったらしいの
あたしは親戚に会う度に生き写しなんて言われて複雑な気持ちになるのよね
歌舞伎町は誰もが何かを求めていて
歌舞伎町は求めているものが手に入る街だわ
あたしも子供ながらに歌舞伎町の魅力にすぐひかれていったの
やっぱり母親と似ているからかしら?

15に成ったあたしを置いて母親は消えてしまったわ
毎週金曜日に来てた店の常連と暮らしているのかな?

母親の口癖今でも覚えているわ
一度栄し者でも必ずや衰えゆく
あたしもあの頃よりは大人になったし、母親の口癖の意味自分も感じてみたくて
歌舞伎町に足を踏み入れたの

消えた母親はやっぱり憎いけど…この街に来て少しは母親尊敬するし、
誇らしい存在だわ。
あたしも半分母親の肩書き利用して生活しているし。

女に成ったあたしが売れるのはあたしの外見だけでしょ?
同情してほしいなんて思ったら母親と同じになってしまうわ。
JR新宿駅東口徒歩10分。其処があたしの店
歌舞伎町一の大遊戯場ですのよ。

必ず指名たくさんとって、母親を越えてみせるわ。
今夜からは此の街で娘のあたしが一番になるんだから

135 :名無しにして頂戴:04/12/21 18:40:59 ID:???
みんな乙。
力作あげ

136 :127-128:04/12/21 20:14:49 ID:???
>>133
ありがとう。レスもらえると嬉しい(*´ー`)
弁解ドビュッシーは、意味が殆どわからずにずっと聴いていたけど、
林檎がバンドを組んで、ソロ時代の思いなんかを語っているのを読んだら、
あっ! という感じでひらめきました。

137 :名無しにして頂戴:04/12/21 20:32:10 ID:???
>>134
つか、そのまんまじゃん。

138 :モルヒネ:04/12/21 20:36:01 ID:???
家には一人で帰れるから、「送るよ」なんて仰らないでください。
アパートの窓にはよく鳩が来るし、とりわけ淋しくはないんです。
こんな私が、あなたに気を遣って頂くなんて、申しわけない。
いくら貧乏って言っても、冷蔵庫に何も入っていないわけじゃないし、
「奢るからどこかで食べよう」なんて仰らないでください。
こんな私が、申しわけない。

あなたとのデートで、初めて地下鉄に乗りました。屋内だとレールもぴかぴかしていてきれい。

「今日は僕の家に御出で」なんてさらっと言えてしまうあなたはどこまでも素敵。
私にはとりえも特にないっていうのに、あなたはどこまでも素敵。
こんな私が、あなたの隣りに居るなんて、申しわけない。
あなたは、やたら私に服やアクセサリーをプレゼントしてくださるけど、
でもこんなお洒落な赤いスカート、私にはきっと似合わない。
こんな私が、申しわけない。

あなたの部屋は、小奇麗なのに、センスのよさを感じる。特に空色のカーテン、とってもきれい。

あなたの側に居られて、私はとっても幸せです。
脳内で幸せを感じる物質が溢れているのすら感じる。
でも口にするのは難しいから、つい俯いてしまうばかり。
あなたの美しい声が私の耳に届くたびに、
私の頬は林檎みたいに真っ赤に染まる。
あなたは私をちゃんと見ていてくれる。
学生時代、私は目立たない地味な女の子だったけれど、
ほんとうは、こんな素敵な恋愛に憧れていたの。
でも口にするのは難しいから、つい俯いてしまうばかり。

139 :じょしだいせい:04/12/21 23:32:06 ID:???
愛妻家の朝食もやってみました。
多くの方が既に色んな解釈をされていらっしゃるようなので、恐縮なんですが、カキコしてみます☆

「愛妻家の朝食」
お昼過ぎにいつもは見ないテレビのワイドショーを少しばかりみたの
果物がタバコの害を少しは防ぐっていうから 急いでこの間寄ったお店へ買いに行ったの
お仕事で外に出かけられる時は必ず果物を召し上がってね 貴方の身体が心配だから

貴方はきっと外で働いている時は私に見せる顔とは別の顔をしてらっしゃるのでしょう 忙しく働いてきっと眉間にしわも寄せて
私のこの手はね、そんなあなたの外での疲れを癒すそれだけの為にあるのよ。わたしがいつでも貴方を癒すわ

今朝のように残業や仕事の付き合いなんかで帰宅が遅い日もよくある
貴方の帰りを寝ないで一人待つ時間、がらんとしたリビングで寂しさを紛らわす為に私はピアノで貴方の好きなポロネーズを弾いて帰りを待つの
帰ってきた貴方は、いつもそんな私の髪を優しく静かに撫でてくれる
わたしはそれが嬉しくて、貴方に触れられたいが為に髪を只々伸ばしているのよ


140 :じょしだいせい:04/12/21 23:32:42 ID:???
(続きです)

・・・さぁ皆さんはこんな情景を、どう思うかしら?
実はね、これらの出来事は、私の単なる空想、理想にしかすぎません。
ああもう、窓から見える美しい空の色でさえもわざとらしく思えるくらい 何もかも全部もうどうでもいいの、うっとおしいだけにしか感じられないの
そう、、右手に握ってるナイフの、この血の色で光る赤を見てもなにもかんじない
何故かって?愛しいあなたをもう二度と誰の元へも行かせやしない、ずっと私と一緒にいられるようにしたからよ
(穏やかな微笑で)
「あなたを手に入れた。(殺した)これからずっと一緒ね。もう何もいらないわ」


最初の部分から「ところで・・・」までは全てこの女の夢と理想が込められた単なる空想上の平和な夫婦生活。
現実の夫は浮気を繰り返していて荒んでいて夫婦生活も冷え切っている。そんな妻は夫を溺愛するあまり狂気に走ってしまい、結果殺害。夫を殺害した後、呆然としている、そんな状況を想像しました。一途に夫を愛しすぎたばかりの悲しい結末のお話だと思います。



141 :名無しにして頂戴:04/12/22 16:50:57 ID:???
>>138
ちゃんと意味が通じるように解釈されてて好い。
此のスレで今の所一番好き。

142 :名無しにして頂戴:04/12/23 00:11:41 ID:???
>>138GJ!!

自分は最後、無理心中で自分も刺した主人公の意識が薄れてゆく様子が
「右手に強く握る光など既に見えない」なのかと思ってた。


143 :遭難:04/12/23 00:50:13 ID:???
冬に桜の花を見上げ、溜息をつく男。あの花が咲いて枯れても
二人はどこにも行き場がない。
家庭を持ってる自分には限度があるんだ。付き合い方に。
今日は家に帰る事を許してくれ。
君の気持ちも解かるけど・・・・・こうやっていつも傷つけあってしまうね。
「ああ、自分は何やってんだろう。本当にいつか、どうにかなりそうだ」

このまま、この関係が続く訳ないんだ。その答えに気付いても
まだお互いを愛しいと感じてるこの苦悩。「誰か助けてくれ」
冬が嫌いという君の手を掴み、心の中ではもうとっくに君を選んでいる。
この立場で君を繋ぎ止めておくなんてズルイのは解かってるけど
今は許してくれ。

「ああ、いっそこのままこの愛に溺れてみようか」
こうやって現実逃避しつづけ、お互いを想う事自体、いけない事とはわかっているけど・・・・
逃げたいんだ。

夜の仕事前の彼女と少し会った。赤いネイルが現実離れしている。
どう仕様もなく彼女にはまっている。
ああこれは現実なのだろうか。もう現実になど興味はない。
妻と別れて君を選ぶという果敢な思いを胸に秘めていても顔には出さない。
「ああ、早く決断できない自分が疎ましい。今さら悩んでも仕方ないのに」
だって別れられない。二人は出遭ってしまったのだから。





144 :御祭り騒ぎ:04/12/23 11:23:44 ID:???
季節の移り変わりも感じないこの部屋だけが
私の居場所。もうどれくらい時が経ったのかすらわからない。
人とこの時代に傷つれられ、もうずっと引きこもり。

ある夏の終わり。こんな私でも変化が現れたのよ。
今夜なら外に出れそうな気がしてる。

出かけよう。行かなきゃ。今日は何だか違うの。
この気持ちの高ぶりが引いてしまわないうちに
実際の季節を感じたい。

外に出ればお祭りの季節。こんな日に何てお誂え向き。
私ってツイてる!お祭りの楽しさに気をとられ、外の怖さなんて感じない。
今日は何だか違う私。

綿飴、水笛、見知らぬ人の汗、桃色雛や見世物小屋の嘘
・・・こんな世界があったなんて。
でも明日にはこのお祭りも終わる。
今日がもう来ない事に初めて気付いたよ。外に出てよかった。

私って現在を生きてるんじゃん。林檎飴が赤いって感じられるもの。
何もない私だって居場所はあるのかもしれない。ああ・・・・









145 :名無しにして頂戴:04/12/23 22:14:36 ID:???
>>138
前スレの咲かせてみせて以来の名作なのでage

146 :日本に生まれて:04/12/23 22:40:17 ID:???
君を僕だけの物にしたい。誰にも渡すものか。
そう決めて、二人だけの秘密をずっと守り通してきたんだ。
…でも。
明日、君が僕との約束を破ってあの男に会いに行くなら、僕には何も出来ない。
だから、彼にあげるんだ。
僕の脚では行けない、僕の目では見れない処に居る者。全部、敵さ。
凄く、嫌いだ。

僕は大人だから君一人を見ていたりしないし、一目見て惚れたなんて事は無い。
…ほら。
君と僕が出遭った事。
何でもない只の偶然、神様のまやかしと思っているんだろう?
僕を嫌いになったのならば、早く消えてくれ。
最後に見た真っ黒な髪も見えなければ、今更思い出したりしないのに。
凄く、綺麗さ。

僕がたった今、あの男と繋いでる手を断ち切り、腕を奪えたならどんなに素晴らしいだろう。
此の妬ましい思いで彼の生命を消す事も容易い。そんな風に思える僕が居る。
凄く、怖いよ。
僕は君を思ったり、其の所為で言葉に詰まる日々にもう疲れ果てた。
君の白い肌の中で休みたいんだ。
凄く、欲しいよ。

君を僕だけの物にしたい。誰にも渡すものか。
そう思っていたのは少し昔の事。

147 :入水願い(サビ):04/12/23 22:57:10 ID:hU12CH9a
貴方と入水しようとして 遠く行こうと旅に出た
天現寺、今日断って房総半島へ 助手席には貴方が眠る
「どうにでもして」なんて云うなら、私は貴方のためならなんだってするけど、
けど、こんな、私なんかで本当にいいの?

海が近い 海浜公園には今夜も月光が広がる
その光に照らされる助手席の貴方の姿
私から何かを得ようとしても、手探りしても、何も得られないでしょう?
貴方に相応しいのは私じゃないんじゃないの?

こんな私が大嫌いです。こんな私の全部が嫌です。
「素敵だよ。」と褒めようと貴方はするけど、そんなの嘘です。
こんな女がこれ以上生きていても仕方が無い!あられもない!!
月夜の海 今夜、どうぞ私を殺って

148 :名無しにして頂戴:04/12/23 23:20:07 ID:fJKa30zQ
138>>
読んでて胸にズキュンと来ました

149 :名無しにして頂戴:04/12/23 23:22:34 ID:???
>>138さんの見てモルヒネ聴いてみようかと思いました。

150 :138:04/12/23 23:38:56 ID:???
な、なんかレスいっぱい戴いている…ありがとうございます。
そういう自分はじつは>>85でもあるのですが、
小説は早くも挫折していましたが、ちょっと頑張ってみようかと思いました。

モルヒネは変な歌詞だけど、ほんとうは素敵な歌だと思う。曲も可愛らしいし。

151 :じょしだいせい:04/12/24 04:56:00 ID:???
>>142
わたしが思った情景は、刺し殺して今の床に座り込んでナイフ持ったまま、ボォっとしてる、そんな情景でした。
主人公自殺までっていうのもいいなぁ、それも考えられるなぁとレスみて思いました。



152 :警告:04/12/24 05:42:28 ID:???
ここの所夜が終わるのを遅く感じる
何でこんなに虚しいんだろう?

あたしがかける電話をあなたは出てはくれない
だけどあたしは気にも留めない
あなたの為に伸ばした髪はもう意味がない

言葉でこの虚しさを埋めようとしても
満たされることはないだろう
夜が終わるのを待てずに
髪を切るためのハサミを探し出す
私が髪を切ろうと、あなたは何も感じはしないだろうけど。

夏から冬にかけて恋をしたあの人は
私にとって存在しない人だった
それはあなたが「今までは演技の自分だった」と言って
あなたは泣くけれど、あたしだって泣きたい

あなたが髪を切ったあたしに気付いて
今更あたしの気を引こうとしたってもう遅い
あなたは変わろうとしないから。

夏にあなたと来たこの海に来た
あなたとの思い出を思い出すために
だけどそんな簡単なことも思い出せない
もうあたしの恋心が戻ることは無いのだろう

153 :サービス!:04/12/24 10:20:52 ID:???
昔からの印象で私たちに触れもしない その耳にそっと囁くんだ
「若さ故の淫らな音聞けばきっと心地好い」と

さあその透き通った眼でご覧遊ばせ
今にあなたに取り憑くしどけない音楽
君が好きな過ぎ去っていく流行に従順なだけさ
もう進むこと以外 何一つ分からない

すると昔のファン
「何がご不満?ソロで充分素晴らしいのに。」
此処まで来てお互い覚める萎える
意図してきた”其れ”は全て冗談
稚児の遊戯に過ぎない
本当は全部見据えてるが 知らん顔で高飛びしろ!

でも我々の机上には高がニ・三枚のCDしかない
まだまだ遣りたい事が沢山ある
色違いインデックス仕様に並べれば また”椎名林檎”と言うのでしょ

味気ない利き手でCDを取ってご覧遊ばせ
いまにあなたも泡吹いて新たなお客様に
最早年俸や事務所など関係ない
―遣りたい欲望に身をまかす― それ以外考えられない

これぞずっと私が遣りたかった形式
切り替えだって朝飯前
弦を弾くこの両手・身体は
六年前 果敢なくも消された現し身
東芝は「過去の栄光を棄ててなんぼだと言う?」
知らない!そんなこと分からないから興味を持ってくれる!
そんな固い思想や主義は不要
さあ、あなたも「骨抜きに」

154 :名無しにして頂戴:04/12/24 13:48:40 ID:???
何かストーリー的になってない香具師がいる。
解読するだけなら読み取ろうスレ逝け

155 :名無しにして頂戴:04/12/24 16:43:39 ID:???
多少ストーリー風じゃなくてもいいけど、
それ歌詞そのまんまじゃん!てのは正直(゚听)ツマンネ
(>>153がそうだってわけじゃないよ)

156 :名無しにして頂戴:04/12/24 21:22:42 ID:???
東京事変Mステスペシャル生出演記念あげ

157 :名無しにして頂戴:04/12/25 01:03:41 ID:???
やっつけ仕事
毎日彼女からの電話『早く迎えに来て』と我儘。うんざりだ
僕は穏やかな日常を送りたいと欲求不満になっているよ。
高速…渋滞にのまれる。あぁ何が高速道路だよ。ちんたら走ってたら彼女にまた叱られる
僕が彼女を早く迎えにいこうと思っているのに、周りの他人はスピードをあげてくれない。
僕もつられてスピード落としてしまうよ。

何にも楽しくないよ。だけどその生活に憤慨することもない。
今日の曜日も忘れるほど同じ毎日の繰り返し。
さして問題でもない。明日も彼女の我儘に振り回されるだけ
嗚呼…いっそ彼女を怒らせて僕は殴られ振られる結末になればいいのに

彼女といる時間は僕の趣味の時間を奪ってしまう
もう僕が浮気をして…期待の結末を迎える‥なんて目論んでいたりしているよ。

誰か僕の体を操作してくれ‥僕の脳で体を動かすのには疲れました
彼女=(退屈な存在)は忌々しいんだよ。
銀座線終電何時だっけ?とか聞いてんじゃねーよ。このバカ女
終電時間なんてお前には関係ないだろ。僕に送ってもらうんだから
嗚呼…機械みたいに僕を丁寧に扱ってほしいよ
彼女と付き合い始めときの好きな気持ちって何だったんだろう
思い出せないよ

158 :本能:04/12/25 01:13:33 ID:???
貴方を今も好きでしょうがないのに些細な口論で別れてしまった。

言葉なんて無ければいいのに
無くたって生きていけたでしょう?

付き合っていた頃、貴方は電話で言った。
「君がいなくて淋しい」と。
あの時はいつだってすぐに会って
互いの傷を舐めあうように体を求め合っていたけど
今は違う。
他の誰かに淋しいと言ったって、私がいないからしょうがないでしょう?
それはお互い様。

今更なんて思わず、今、目の前に現れて私の事をもっと惚れさせてよ。
素直にごめん。と言える衝動にからさせてよ。



159 :本能:04/12/25 01:14:15 ID:???
友達同士でいる夜の窓の外の月
「貴方の事なんかどうでもいい。」
なんて言葉が浮かんで貴方の事、ふと考えると
友達との会話に遅れて劣等感が襲うわ。
「あいつなんかもういらない」
そう言って、無理矢理忘れて友達の中に溶け込んだ。

けど
皆、帰ってしまえば一人。
貴方がいない淋しさがおそってくるのは変わらない。
この際、虚の真実を押し通して死んでしまってもいいのかもしれない。
でも、あの鋭い視線で、もう一度私を見てほしい。

会う約束をとりつけようなんてしないわ。
約束を破られたらなんて考えておびえる自分がいるのが嫌い。
もし、貴方とまた求め合えるのなら、ずっと繋がっていたい。
そしたら、貴方のベットから見える窓辺に朝がこない事を求めるでしょう。


160 :名無しにして頂戴:04/12/25 01:27:18 ID:???
ここでキスして。
あたし貴方と付き合うときに決めたことがあります。
それは貴方の前では絶対に泣かないこと。
それはなんでかわかる?つまり…あたしが貴方の隣にいて似合う女になりたいからなの。
シドみたいに女殺し(モテる)貴方を傍に居させる方法を知っているのはあたしだけなんだから

『何処にも行っちゃいやだよ。
あたしの傍を離れないで。あたしの心の窓は小さくて貴方しか映ってないの。だから他の男性なんて見えないのよ。
ねぇ今すぐここでキスして…。』
本当は可愛く言ってみたいけど‥今更こんな風に貴方に伝えることは出来ないよ。。

貴方にあたしの理想を崩してほしくない。
だから違う制服の女子高生ばかり眼で追うのやめてよ。知らないと思ってたら大間違いなのに。
そんないやらしい貴方はイヤよ。
いつも貴方の少し斜め後ろに歩いているあたし…目つき悪くなっちゃうじゃん。
そりゃあたしは綺麗でも美人でもないよ。
だけど世界で一番愛せる自信はあるからこっち向いて
『行っちゃいやだよ。どんな時もあたしの理想の貴方でいてよ。貴方の長い睫毛うらやましいよ。その華奢なのに大きな手も…全部大好き〃。
きっと世界を旅しても貴方程の人なんて存在しないもん。今すぐここでキスして周りの娘に自慢したいよ。あたしの貴方を』
心の中でつぶやいても貴方にあたしの乙女らしいところを見せるのは恥ずかしいし‥嫌われたらイヤだから。
あたしこのまま心にしまっておくね

161 :じょしだいせい:04/12/25 01:41:54 ID:???
「モルヒネ」もやってみました。

帰り道は大丈夫、あなたがいなくたってお家には一人で帰れるわ。
空を見上げればほら、一人で帰宅するあたしを心配してくれてるかのように小鳥が四羽、頭上を舞ってる
お家の冷蔵庫の中にはいつだって納豆が入っているし
あたしの身体の中にはいつだってグリコーゲンが入っているし
あなたがいなくなっちゃった事で生活に多少の変化はあったけど、大してあたし自身は何も変わってないわ。
でも、帰り道にいつも使う地下鉄のレールを見て思ったの。レールはいつでも変わらずそこにあるでしょ。
私の周りが変わったって、世の中ってものは何も変わらずいつも通りなのね。

あたしと違ってあなたは本当に素敵な人。いつでも完璧で、そんなあなたを誇りにさえ感じるわ。
あなたと違ってあたしはとりえなんて無い、駄目な女ね。
「君に似合うと思って」と、プレゼントしてくれた赤いボトムスはすごく素敵だったんだけど、今もお家の壁に飾られたまま。
折角だけどあたしにはちょっと派手すぎて似合わなかったみたいね。
でも、「単なるカーテン」でもこんなに空色が似合うだなんて、ちょっと驚いたわ。
あたしは「単なる女」なのに・・・あなたに似合わなかったね。

162 :じょしだいせい:04/12/25 01:42:42 ID:???
(続きです)

自慰行為に耽る、そんなあたしの脳からは麻薬のような「あなたと交わった甘い思い出」ばかりがどんどん排出されて
あたしはアソコをひたすらかき回して、愛液をどんどん溢れさせて
静かに、誰にもばれないように、あなたを想い、思い出しながら絶頂していました

快感が増してあたしの頬が赤く高揚して
あなたがあたしの中で果ててゆくその時の、あの切ない声を思い出しながら
あたしはずっと目をつぶったまま、あの頃、激しく求め合った私たちの情景を脳裏に浮かべて・・・
自慰行為に耽る、そんなあたしの脳からは麻薬のような「あなたと交わった思い出」ばかりがどんどん排出されて
あたしはアソコをひたすらかき回して、愛液をどんどん溢れさせて
静かに、誰にもばれないように、あなたを想い、思い出しながら絶頂していました


163 :名無しにして頂戴:04/12/25 09:09:24 ID:???
おもしろいけど
「アソコ」って言葉が浮いてるなぁ

164 :名無しにして頂戴:04/12/25 11:56:26 ID:???
6>さんのおだいじに
いいですね〜。
私的には
体が弱っていてぎりぎり手足が動くって言う感じと思っていました・・・。

165 :名無しにして頂戴:04/12/25 15:36:23 ID:???
>>6は夢のあとだよ。

166 :罪と罰:04/12/25 20:38:53 ID:???
午前六時の山手通り。朝帰り。
昇り始めた疎ましいくらいの朝日が、私の顔を照らす。
空になった煙草の空き箱を捨てた。
今日もいつものように、行き場も無く居場所も無くさ迷うのだろう。
何も無い暗い小部屋は孤独を飼い、どんどん増殖させている。

昨日貴方に言った言葉。
『悲しいことばかり云わないで。「終わり」のことばかり考えないで。
今、確実に此処にある一瞬一瞬を繋げていけばいいでしょ?
ほら、今、あたしは此処に居るわ。名前を呼んで。身体を触って。確認して。
たった今、貴方に必要なのは「悲観する未来」じゃなくて「あたし」でしょ?
ねぇそうでしょ?お願い、何とか云って…』

貴方と別れた駅の薄暗い蛍光灯は、落とす影さえも曖昧な色にした
貴方が消えていった暗い路地を、「愛しているの」と泣きながら貴方を追いかけたけど、
二度と貴方を見つけることは出来なかった。

貴方と過ごした、まるで歪んでいた様な日々は、セヴンスターの匂いを感じるたびに鮮明に思い出される
あたしが貴方に望んだことはとても矛盾していた。その矛盾は度を越え「罪」となり
貴方さえも飲み込んで、消してしまったのだろう。

今日も街は何も変わらない朝を迎えている。
ドイツ車の騒音・パトカーのサイレン・膨れ上がる車と人の数
そこから私だけ抜き取られ、浮遊したような感覚に陥った。

そんなことを考えながら歩き続けた。
貴方が居ないこの世界こそが、受けるべき「罰」。
朝日は益々強く光り、まるで私を責めるようだった。

167 :名無しにして頂戴:04/12/25 21:31:51 ID:???
165>>
間違い;;
8さんのお大事に。

168 :御祭り騒ぎ▽:04/12/25 22:51:09 ID:???
毎日狂うような暑さ・・・・
呼吸をしているだけの毎日が勝手に過ぎてゆく。
今夜、こんな私は自らの肉体を葬ろうと思います。
何故なら死後の世界に期待しているからです。

早く殺らやきゃ。時間がない。
今夜しかないわ。ああ、今日なら殺れそうな気がする。

致しました。簡単でした。
私は青白く染まった自らの体を見下ろし、
「やっとこの時代と解け合える」と嘲う。

恐る恐る離脱してみれば御祭りの季節。
私は苦笑いする。こんな日になんて
御誂え向きなのでしょう。

綿飴、水笛、見知らぬ人の汗・・・嗚呼、なんて高揚感。
すべて初めて見たものでした。
すべて忘れていた感情でした。

そして今、気が付きました。
私は今日自殺してしまったのだと。
もう決して戻る事は出来ないのだと。

私は只、肉体の無い心のまま在り続ける。
「たとえ林檎飴が赤く見えていても」

ほら、それでも解け合っているでしょう?
この御祭り騒ぎに。


169 ::04/12/25 22:51:42 ID:???
病院のベットでふと、TVで聞いた言葉を思い出しました。
「このドアは破られる事がありません」
「この塔は何があっても崩れません」
「神は私たちを見放さない。だから人は滅びません」
今となってはどうでもいい事。嘘なら嘘で責めはしません。

私の赤ちゃんは流れてしまいました。
知らない男との間に出来てしまったのだから私がいくら大人で強く生きて育てたとしても
すぐにあなたへの愛は消えてしまいそうな気がします。だから、堕ろす事にしました。
なのに、何故腹が空っぽになっただけなのにこんなに悲しいのでしょうか。

「流しても呼吸を荒らし後悔する事はないでしょう」
「流しても泣き崩れる事はないでしょう」
「流せば愛する人と結ばれた時、支障はないでしょう」
その結果が赤く血にまみれる呼吸のしない赤子。

この気持ちに戸惑ってはなりません。
病院を退院したらまた一人で強く生きていかなければならないのですから。
そう考えたらやっともとの私に戻ってきました。
しかし、何故、こんな気持ちになってしまったのでしょうか。

次にもし、愛した人との間に赤ちゃんが出来たとしても
あなたを忘れて悦び過ぎるような事は致しません。
次に出来た命、ただ一つだけ流してしまう事のないように。
大切に大切に育てます。もう二度と堕ろす事はしないから。
今となれば何もいらない、ただ、一つだけ、誰か呼吸をさせて
私の1番目の赤ちゃん。


170 :ストーリー風解釈劇場「はいはい」1:04/12/26 00:50:12 ID:???
「きっと、お互いに涙を流すんだろうな。」
そんなことを考えた。
でも経験し得ないことなら、予想なんてつかない。
「仮に」なんて話もできない。

「”お世話になりました”なんて挨拶するのかな、普通なら。」
私の聞こえないような独り言に、彼が苦笑いを浮かべた。
「やっぱ、そういうの憧れるの?」
「そういうんじゃないけど・・・平凡な家庭ならそうなるんだろうな、
って思って。」
私には母の記憶など、ほとんど残っていない。
いつも帰宅をすれば、散らかった食卓にメモが置いてあった。
「レンジでチンして食べて。三時迄には帰ります。」
この場合の”三時”とは深夜をさす。
信じられないけれど、家で母に会った記憶がない。
母をなんと呼んでいたのかすら忘れている。
いつの間にかその”女”は、家に帰ることがなくなった。
”母”という言葉で思い出すのはお婆ちゃん。
痴呆症になるまでは私の面倒を全て見てくれたし、甘えさせてもくれた。
お陰で、小学校高学年にもなると料理は何でもできるようになっていた。
胡瓜を漬けられる小学生なんて笑えるでしょ?

そんなお婆ちゃんも、私が中学に入学すると同時に、急に他界した。
痴呆症に侵されゆくお婆ちゃんを見るのが、正直たまらなく嫌だった。
だから最初は亡くなって少しホッとしたのかもしれない。
でもそれ以上に、すぐに悲壮感が襲ってきた。
―とうとう一人になった―
ひたすらそう思った。
一人っ子の私を不憫に思って、仕方なく世話をしてくれていたのかもしれない。
それでも、私にとっては最も頼れる存在だった。

171 :ストーリー風解釈劇場「はいはい」2:04/12/26 00:51:34 ID:???
父親はいつも仕事。
居るのか居ないのか、そんなことどうでもいい存在だった。
いつも外食。いつも残業。
ほとんど口をきかない。お互い無関心。
本当にどうでもよい人だった。
そんな父と、唯一言い争ったことがある。
それは私が高校に入って始めての夏休みだったか・・
バイク通学をしたかった私が、免許を取る為に父に承諾書を渡した時のこと。
「なんで免許なんか取るんだ。」
「学校、バイクで通いたいから。」
「自転車で充分な距離だろ、駄目だ。」
「あと二年も通うんだよ?それにバイク通学認められてる距離だし。」
「バスがあるだろ。電車だってある。駄目だ。」
一瞬の重苦しい沈黙が二人を包んだ。
「・・・はいはい。」
父は頑固だった。それに似て私も頑固。お互い譲らず、言い争うこと自体、馬鹿馬鹿しくなった。
なにが「危ない」なのか?私に関心なんてないだろ?
結局免許は諦めたが、それっきり親子の関わりは完全に途絶えた。

172 :ストーリー風解釈劇場「はいはい」3:04/12/26 00:53:26 ID:???
「”お世話になりました”なんて挨拶するのかな、普通なら。」
あれから四年弱が過ぎた。
一つ年下の彼のことなんて、勿論父に話している訳がない。
―駆け落ち―
こうするしかなかった。・・・否、こうしたかった。
早く家を出たかったのだ。
「誠二は温かい家庭で育って、よかったね。」
「・・・うちだってうちなりの苦労はあったよ。」
彼はまた苦笑いを浮かべた。
「親って、何なんだろう・・・。」
こんな話題が嫌だったのだろうか。彼は何も言わなかった。
「親なんて自分のエゴで子育てしてるんだよね・・・いつまでも幼児期のままだと思い込んでさ。
だいたい年頃の女を処女だと思い込んでるのなんて親くらいだし。親に言えない事なんていくらでもしてるのにね・・・。」
「いつまでも自分の子は可愛いんだよ。」
彼があくびをしながら答えた。
「そうなのかなぁ・・・。親が思うほど子供じゃないのにね。もう、抱っこされてた頃の人格なんてないのに・・・。」
そんな事を話していると、何だか父が憐れに思えてきた。
「もう寝よう?」
彼が眠そうに答えた。
「うん。先、寝てて。」
「ん・・・。」
彼は間も無く寝息をたて始めた

173 :ストーリー風解釈劇場「はいはい」4完:04/12/26 00:54:11 ID:???
退屈な私は冷たいベランダに出た。
私たちの子は・・・絶対に幸せにしてあげよう。幸せにさせなくては。
タバコを吹かしながら、そう誓った。
「寝る前に荷物整理しとこ・・・。」
見つからないように慌てて出てきたから、荷物が雑に大きめのバッグに放りこまれている。
「今日やれることは今日のうちに・・・。」
慌てていたせいか、小学校のノートやら古い雑誌やら、不要なものが沢山出てきた。
ひとり微笑を浮かべ、懐かしむように整理を始めた。
そんな中に黒い古びた革製の手帳が出てきた。
父のだ。
中を覗けばスケジュールがびっしり、殴り書きの字で書かれていた。
父の字だ。いかに会社に尽くしていたかが、うかがい知れる。
パラパラと捲っていくと6月のページから写真が出てきた。
変色しかけた写真には、はいはいをしている私と、それを見つめ満面の笑みを浮かべている父。
仕事一筋の父。こんな顔、見たことない。そこには幸せいっぱいの二人が映されていた。
「お父さん・・・」
手帳に目を戻すと、スケジュールでいっぱいの紙面に一際目立つ赤い文字を見つけた。

―6月14日 真奈美誕生日―

涙が止まらなかった。まるで今まで我慢してきた全ての涙が溢れたような感覚だった。
彼が起きないように、またベランダへと出た。
珍しく透き通った東京の空。
いつか、父と行った花火大会を思い出していた。


174 :名無しにして頂戴:04/12/26 01:12:03 ID:???
(・∀・)イイ! GJ!
はいはいやりたかったけど難しいから
誰かにやってほしかったんだ。
おもしろかったです

175 :名無しにして頂戴:04/12/26 01:20:37 ID:OIdctQ1z
ここ、おもしろage

176 :本能:04/12/26 02:18:55 ID:???
結婚はいらないわ。成り立たないと思うし、そういうのって大嫌い。
お互い寂しい者同士、傷舐め合って生きてゆくのがお似合い、私ってそういう女だから。
あなたに求めるのは、あなたのその体だけ。
早く抱いてよ。
だって最後にはそれしかないじゃない。
他に何が必要?

朝が来る前にその体で私を殺して。
それが私の本能なの





177 :もるひね:04/12/26 15:21:02 ID:???
今日、地下鉄の駅で偶然線路に飛び込む貴方を見ました
その姿に一目惚れ 素敵な貴方をたたえます
もっと見ていたかったけど、駅は騒がしくなってきたし
家には一人で帰ります
貴方のその姿、脳裏に焼付けて
大丈夫 家には鳩も飼っているし納豆もあるから
寂しくないわ

家では貴方の事ばかり考えています
微笑みながら電車に飛び込んだ素敵な貴方の顔
驚くほど綺麗 青いシートで隠れてしまうまでずっと眺めていました

私には何のとりえもないし
貴方みたいに素敵な血が流れるとも思えない
だって赤色のスカートすら似合わないのだもの
こんなあたしはただひたすら、貴方の姿を思いながら自慰するしかないのです
貴方の高らかな最後の声を思い浮かべながら
とめどなくふける自慰行為
あたしの頬は赤く染まり何度達した事でしょうか

私の脳の中に貴方がいる限りこの行為はやめられない
まるで麻薬のように
これは密やかな密やかなあたしだけの楽しみとなりました



178 :名無しにして頂戴:04/12/26 17:05:07 ID:OIdctQ1z
何か、林檎ファンって怖い。
最近ファンになったけど、これじゃ怖くてCD聞けなくなっちゃうよ。

179 :r:04/12/26 17:19:26 ID:???
林檎ファンがみんな恐いわけじゃないじゃない(´・ω・`)

180 :モルヒネ 小説風1:04/12/26 20:05:30 ID:???
「ゆみこちゃん、一人で帰れるの?」父の葬儀の帰りに叔母さんに言われた。
私は何時もと変わらずの笑顔で
「ハイ、大丈夫です。まだ明るいですし」と答えた。
叔母さんは何時もと変わらなさすぎる私の態度に不自然さを覚えたのかぎこちなく笑い私を見送った。
葬儀の後に出される豪華な精進料理なんかよりもお家の質素なものの方がいいの。

少しびっくりしたのは───

さっき親戚の人たちが話していた鉄道会社から請求されたお金。
電車を停めると思ったよりもお金がかかるのね。

181 :モルヒネ 小説風2:04/12/26 20:06:31 ID:???
ママは冷たくなったパパに向かって
「馬鹿、馬鹿」と罵ったわ。
でも私はパパを馬鹿だとは思わない。なにもできずにうじうじしている私よりは随分素敵だと思った。

ママはパパの他にも新しい別のパパがいるから、パパの葬儀のすぐ後にもう泣きやんで
「これ捨ててきて」ってパパの昔履いていたズボンを私に渡したの。
でも私はこっそり自分の部屋に隠したけれど。
パパが選んだカーテンもそのままだよ。

私は新しいパパとママの営みを覗きながらママと私を、新しいパパと私のパパを重ね合わせて思いだしイケないことをしているの。
「パパが死んだのは私が毎晩パパを求めるようになったから?
でも最初に手を出してきたのはパパよ。」
ポツリと呟いてから、私はまたその行為に没頭した。

今でも「ゆみこ、ゆみこ」と繰り返すパパの荒い息が聞こえる。


終劇

182 :名無しにして頂戴:04/12/26 22:18:36 ID:???
小説風おもろい!もっと書いてー

183 :宗教 1/2:04/12/26 22:40:18 ID:???
誰か僕に理由を教えてくれ。
何故こんな事をしなければならないのか。
どんな理由でもいい。非道く下らない理由でも、僕は望む所だ。
でも、どうせ其れも後付けの嘘の理由なんだろう。
なら、もっともらしい理由が、そう「大義」がいい。
其れがどんな適当であろうとも。
其れがどんな痛みであろうとも。

何も知らずに、全て命ぜられるままに動き、
身体は切り裂かれ、ボロボロになって、
それでも足を引き摺って、歩いて、朽ち果てて、
後ろに在る死骸を顧みることさえ許されない。

こんな事をさせられる理由が何処に見つかるんだ。
命令する側は、傷一つ無く綺麗な身体だというのに。
尽きることの無い疑問の日々の中で、
僕はこんな不条理に堪えさせられ続けている。

184 :宗教 2/2:04/12/26 22:40:53 ID:???

その内に季節が巡って、幾つかの嬉しい知らせも耳に入る。
でも結局は同じだ。この苦痛が終わる事は無い。

命ぜられるままに、誰かの駒として働くだけ。
どんなに不可解でも、どんなに不愉快でも、
只、働くだけだ。

一体何時になったら終わるのだろうか。
僕達のした事の成果は、きっと在る筈なのに。
まさか今更になって諦めるなんて、
自分で此処までやらせておいて、
僕達のした事を全て無駄にするなんて、
そんな事をするのだろうか。

にわか雨が降って来た。
只でさえ落ち込んでいるのに。
でも、すぐに雨は止んで、
また晴れた空が広がった。

僕のしてきた事は無駄だった、と。
終わりを望めば、
そうなってしまう。
だから、誰か僕に理由を。
何かの真似でも良いから、
こんな事を続けて行く都合の良い理由を。
誰か、誰か僕に……

185 :丸サディ:04/12/27 02:00:18 ID:???
お給料も上がらないし、会社辞めちゃおうかな
憧れの東京で就職できたのは嬉しいけど、お金がなければ
綺麗な服も素敵なカフェも私には無関係。何も無いのと同じじゃない。
帰りにぶらぶらしていたらガラス越しに林檎のポスターを見つけたわ。
彼女みたいになりたかった・・・・
ずっと欲しかった19万もするあのバックも
彼女ならさらりと手に入れられるんだろう。 ああ、やってられないわ。
あたしはハイヒールで地面を蹴り飛ばす。

最近の憂さ晴らしは、ポンコツ車で銀座近辺を飛ばす事。
もっと楽しい街だと思ってた。東京って。
だけど現実は頑張って働いても、欲しい靴さえ買えやしない。
逃げ出したいな、この疲れるだけの毎日から。
少しはセレブな気分を味わえるかもね。
でも実際は違反切符取られてお終い。警官に精一杯の見栄を張るの。
「領収書、書いてよね」 本当はしがないOLなのに馬鹿みたい。
ああ、つまんない。何か面白い事ない?あたしはタバコを投げ捨てる。
狭いアパートの中の天井を見上げ、手っ取り早い方法を考える。
「やっぱ結婚が一番?」お坊さんなんかいいかもね。
楽そうで。毎晩のHの相手してりゃあたしは安泰。
それともあのベンジーに似たピザ屋?刺激的。
私は自分の考えに笑ってしまう。メールを打ちながら。
私は外に飛び出した。
着いたのは池袋。この街に決めた。
もうお金がない東京にはうんざりだ。あたしは歩きはじめる。
待ち合わせのシェーキーズの前で知らない男との交渉。
「一回5万で」「今日は忙しいの、外でやっちゃって、終電で帰りたいから」
相手はギラギラしたであたしの体を見つめた。
あたしは退屈でお金のない日々から簡単に脱け出す方法を見つけた。
池袋にて。


186 :丸サディ2:04/12/27 02:07:48 ID:???
こんなあたし、「林檎っぽくない」って自分を慰めながら
今日も5万で売っている自分。
あのバックももう買える・・・・体ひとつで勝負して

187 :名無しにして頂戴:04/12/27 22:45:41 ID:???
ふふ、くだらん。

188 :名無しにして頂戴:04/12/28 01:52:58 ID:???
みんなすごいよ!

椎名林檎の歌がいろんな風にストーリー風になってて、
すごく面白い。
この調子でみんな、力作カキコ!p(^^)q

189 :名無しにして頂戴:04/12/28 01:58:50 ID:???
>>185-186
まじ天才

190 :名無しにして頂戴:04/12/28 02:05:35 ID:JpS6QYvn
自分で書いてて悲しくならないんだろうか

191 :名無しにして頂戴:04/12/28 02:13:28 ID:???
天才っていうほどのもんか?
素直に“面白い”とかに抑えておけよ

192 :191:04/12/28 02:15:39 ID:???
ごめんな、ちっと、言い過ぎた。忘れてくれ。
丸サディは俺も面白いと思ったよ。本当。

193 :名無しにして頂戴:04/12/28 02:30:23 ID:???
面白いってなんだろう。。

194 :名無しにして頂戴:04/12/29 00:40:39 ID:???
>>185-186の丸の内〜は曲の退廃的な雰囲気と合ってるなぁとオモタ。
みんな想像力豊かで裏山。

195 :名無しにして頂戴:04/12/29 21:52:44 ID:???
歌のなかに林檎が出てくるのが新しいとおもた

196 :名無しにして頂戴:04/12/30 01:04:49 ID:KNLed6pO
誰か意識でストーリー作ってくれないかな?

197 :意識 壱:04/12/30 02:58:09 ID:???
>>196
書いてみた。

「意識」

頭という「精神」さえあれば、どんな事も片付くし、
僕は「子供」という扱いで、有害な情報や映像に侵されることもない。
ちょっとの過保護と、理想の女性。
みんな、僕に与えてくれるんだ。
「しょうがないで片付けるのが好き?それは嘘でしょう?」

僕が泣いて乞えば、人は「しょうがない」と言って、みんなこの手に入れてしまう。
つまりそういうことだ。僕らはお互い惹かれ合っているのさ。
多分、僕は「自分」を好いているんだ。

幾ら成長しても、この寂しさや恐怖が無くなる事はない。
いつになれば消えてくれる?
それとも、「親になってしまえば苦しみは消える」とでも言うのか?
両親が思春期を望むのに対して、僕は反抗期の真っ只中。
そんなのは只の語呂合わせしかないのに・・。
「合っているから好き?それは嘘でしょう?」


198 :意識 弐:04/12/30 02:59:05 ID:???
また泣いてしまえば、法律でさえも願望に負け、
僕は欲しい物を手に入れるんだ。
なのに、僕の「良心」が疼く。
残忍な事実だが、僕は「自分」を騙し合って生きている。
それでも本当は愛しているんだ。多分、「自分」を。

こんな現実には飽きたんだ。
これで最後の眠りにしようとした。なのに目覚めたんだ。また、「自分」と。
それは思い出の一つでしかないけど、このうがい薬。
中身は毒。外見はカモフラージュなのさ。
今思えば、無い物を欲しがるかつての僕のようだった。
ねえお母さん、こんな複雑な「意識」を持った僕を
恥じているんだろう?
「自分」を愛してしまった、僕の結果。


ストーリーと言うか・・・解釈になってしまった・・。
テーマを書くのもなんだけど、「自己寵愛」で。ナルシシズムとはちょっと違う。

199 :意識 1/4:04/12/30 03:17:28 ID:???
−男−


「僕に…僕にもう少し学があれば一緒になれたのかもしれないね」
子供の頃の様に、お互いの地位や境遇なんて考えずに一緒にいられたのに。

僕は社会で言われる「日陰者」。
大した稼ぎもなければ、親が偉いわけでもない。

君は今度大企業の息子とお見合いをするそうだね、
「あなたの事、もう好きじゃないの」
そう言って君は泪を流したね。

嘘吐くなよ、僕たちは今でも愛し合ってるじゃないか。わざと嫌われようなんてしないでおくれ。

結果は分かっているのに二人で慰め合った、無情。

200 :意識 2/4:04/12/30 03:18:48 ID:???
−女−

幼子の様に駄々をこねれば何でも買って貰えると信じていた。
お金もあったし、父の名も私の地域では大層な物だった。

答えは簡単なの、私と彼は愛し合っている。ただ純粋に。それだけなのに、何故私たちは離れなければならないの。

お見合い相手の方はとっても素晴らしい方だった。
申し分のない学歴、地位、名誉…。

でも私には心に決めた人がいるの…でもそんなこと言えない。親の為なら仕方が無いかな、なんて考えちゃった。
何年かたてばきっと慣れる、
子供が産まれれば愛情が沸く……。

でも無理みたい

201 :意識 3/4:04/12/30 03:20:30 ID:???
−男女−

「君はいつだって子供の考えから成長していない、そんな簡単な事じゃないんだよ」
「怒鳴らないでよ、そこがあなたの悪い癖なの。いくつになっても変わらないのはそっちでしょう」

━・・・‥お互いに本心を隠して、わざと憎まれ口を叩いた。………嫌いになれるように。でも駄目みたいだ、僕らは惹かれ合っている…

「もう…駄目なの?二人でいられないのかしら…お父様に…泣いて頼んでみたら…」
「結果はわかっているんだろう?」


希望なんて無いんだろ?嘘吐くなよ。


男がそう窘めると
女は俯いてからさめざめと泣いた。

202 :意識 4/4:04/12/30 03:21:28 ID:???
拝啓、裕美子の御両親へ

もうこれ以上、世の中を知りすぎても現実に打ちのめされるだけだと僕達は考えました。

幼なじみだった僕達は、確かに幼子の頃から互いの境遇の違いは存じていました。

でも、僕は裕美子と一緒になりたいのです。
しかし裕美子は先日のお見合いをなさったの方と籍をいれる事になった様で…。

僕も裕美子も散々悩んだ挙げ句、二人とも思いでだけを慈しみながら自害し、儚くなる事に決めました。

これも世間に背いた罰なのでしょうか?
しかし、しかし来世で一緒に成れると思います。
僕は幸せです。

それでは。

追伸。
この事を僕の母にも伝えていただけると思い残す事無く逝けます。

203 :名無しにして頂戴:04/12/30 03:23:55 ID:???
うお…重なってしまった…前に書いた方スマソ。
ちなみに漏れの長いorz

204 :まったり風「モルヒネ」:04/12/30 03:27:31 ID:???
「送ろうか?最近物騒だし」
「大丈夫大丈夫。一人で帰れるよ」
だってあたしは鳥が四羽付いてるくらい強いから。
「なんか食べるもの持って帰る?」
「んーん。ご飯作れるくらいあるし。納豆でも食べとくから。」
久しぶりに実家に帰ったけど、本当親って子の心配しすぎ!
でもなんか・・・嬉しかった。
あ、でも地下鉄の遅さは懐かしかったけど驚いたなー。

本当はずっとお母さんって素敵な人だと思ってたの。
あたしには何もとりえってないけど、
お母さんは優しいし、正義感強いし、料理は上手だったし・・。
子供の頃はお母さんみたいになりたかった。
でも、お母さんに買ってきたって言った、あの赤色のボトムススカート、
本当は自分に買ったけど、似合わなかったし、
捨てるのももったいなかったから押し付けたようなもの。
それでも、お母さん、心から喜んでたね。
あの頃のあたしの部屋がそのままで、まだついてた空色のカーテンを見たとき、
驚きと嬉しさでなんだか泣いちゃった。

あたしの家に帰ったらなんだか疲れちゃって、
すぐ寝ちゃった。
でも実家のこと思い出したら、頭の中安らいで、どんな薬よりも効いたよ。
頭の中で排出される何からしいけど、そんなのどうでもいい。
子供の頃に戻ったように、涎垂らしながら眠ることに
集中してたから。
お母さんからの電話出れなくてごめんね。

205 :まったり風「モルヒネ」2:04/12/30 03:36:13 ID:???
「・・・亜季ーっ!こっちこっち!!」
「もーお母さん!大きい声で呼ばなくてもわかってるよ!」

今度はお母さんが東京に来た。
あたしはそれの案内役だけど、駅であたし見た途端大きい声で
名前呼ぶなんて恥ずかしかった!
でも、やっぱりお母さんの声聞くとほっとする。なんでだろう?
今日は楽しかったよ・・・。

そして、今日もあたしは子供の頃の夢を見ながら、
とても安らいだ気持ちに包まれて眠る・・・。



206 :名無しにして頂戴:04/12/30 10:55:45 ID:???
>>204-205
すごい 新しい解釈だね。GJ!
>>138もよかったけどこっちもいい

207 :「警告」 短縮:04/12/30 15:34:34 ID:???
深夜のコンビニ。
上手く使えないATMが私を馬鹿にしているようで、苛ついた。

「応える努力もしないから・・・」

頬に一筋の涙を感じた。
可愛い女なら、ここでよりを戻すことも可能なのだろう。
だけど、私には出来ない。彼が許せない。
プライドの高い自分を恨んだ。

「嘘はつき、つかれるもの(笑)」
喧嘩の原因になったあんたのその一言、忘れてないから。
どうせ別れるなら、あんたの貯金 全部おろして帰ろう。
これくらいの慰謝料、当然でしょ?

・・・だけど、それさえ出来なかった。
ATMのせいじゃない。
あんたのような低い次元に落ちたくないの。
またプライドの高さを実感した。
もう、こんな男に関係すること自体つまらない。
すると自然に殺意は消えた。メモを置いてあの家を出よう。

「機械の様に余り馬鹿にしないで」

208 :意識 チョトダーク編:04/12/31 02:08:51 ID:7J1bril/
要は僕の頭がよけば、結構簡単に片付く厄介事なのかもしれないし
子供のやる事としとけば、そんなに汚れなくてすむからね。
僕を少し光合成させてみたら、君と似合う遺伝子になれるかも。
そう、男である君と愛し合える遺伝子が欲しい。
泣いたらなんだって何だってこの手に入る気がしてるこの頃。
だって答えは純粋で簡単さ。お互い惹かれあってるのをもう僕は知ってるからね。
世間の目なんか気にしない。こんな風に君を愛していくよ。

早く大人になりたい。
自分の性に違和感を覚え、ずっと歩いてきたからね。
こっそり自分の部屋で口紅をぬった密やかな行為。あの日からずっと・・・
寂しさや恐怖は幼少時代から慣れっこだったよ。でも恋をしてからこのざまだ。
君が現れてから僕の苦悩は増してゆくばかり。僕は恨めしく思う。自分の体を。
いっそ将来は諦めて、見知らぬふりの偽装結婚でもし
子供でもつくってしまえば楽な将来が待っているとでも?
君は簡単に思春期にありがちな悩みだと片付けたいみたいだけど
逃げないで。反抗期でもない。
「適当な嘘ヲ吐いて目を逸らさないでくれ」・・・強いて言えばぼくは病気。

泣いたら法もどうにでもなって自分の性も変えてくれるのだろうか。
方法は母にとっては残忍な選択。僕は僕を捨てる。君に似合う性に。
君を騙すような形でしか僕は君を愛せけど・・・。
もうこれ以上自分の潜在意識について目を背けたくて
睡眠薬の変わりに目薬を飲んでみたけど何も変わらない。
毎日自分をカムフラージュする事に疲れてきたよ。
何いもの頂戴なんて駄々捏ねてる子供みたいだけれど
君に似合う女性に生まれ変わりたい。 明日、手術を受けるよ。
肉体と心がバラバラに壊れてしまう前に。

お母様、今夜ニューハーフに生まれ変わる僕を恥じてらっしゃいますか?
あなたが愛し育ててくれた僕などもうどこにも存在しないのです。

209 :葬列:05/01/01 05:36:43 ID:???
今朝はこちらで変わった服を拝受しました。その服を与えられると僕は、「あちらで生まれた理由」を知りました。
僕をあちらに留まらせる為に使用していました酸素ももう不要の物。返しましょう。そしてあちらでの'僕'の媒体は、既に灰と化しております。

僕は、あちらからこちらへと逝くときに、あちらでの「あちらで死んだ理由」を知りました。
僕をあちらに留まらせる為に使用していました媒体ももう不要の物、還しましょう。しかしあちらでの'僕'の媒体は、酸素を求めるよう未だ機能しているようです。

あちらのような苦しみの世界では無いと云われてきた桃源郷は、こちらの世界にも無いのでしょうか?


210 :葬列(完):05/01/01 05:38:50 ID:???
それでは僕が桃源郷を創造しましょう。

・"生"は喜びを得、その苦しみを"死"によって"解放"する。

・空は"昼"と"夜"を映し、"安堵"と"恐怖"を為す。

・生の始まり、『受精』
生から死までの猶予、『成長』
死の始まり、『寿命』

桃源郷をどう創っても、あちらの世界と同質の物しかできあがらない。
そこに在ったのに、僕が苦しみ、不全していた理由は
『僕は僕以外を認めていなかったから』


何処にいても不全する君は、この'環'を嫌うのでしょう。当然です。
未だ君は『真理に達していない』のです。
達するまでは繰り返されるのです、輪廻は。永劫に。

顔を。
君の、得ることなく猶予を過ごした顔を見せましょう。

211 :葬列(補足):05/01/01 05:41:49 ID:???
『僕は僕以外を認めていなかったから』
以降は人称が変わり、神的な存在が僕に語りかけてます
僕=君

212 :サービス:05/01/01 06:22:37 ID:???
全然PCなんて使えないんだけど、店員は絶対便利だって言ってた。
DVDも見れるしデモ音源作成にも役に立つって言ってたの。
結局押しに負けて・・買っちゃいました。
まだまだ初心者なんだけど、意外と仕事に役立ってます。
使っていくうちにどんどん上達してきたし。
今も新しいデモ音源作成中でーす。

・・・・・・・・・あれ?
「”警告” 不正な処理を行ったので強制終了します」
なにこれ。めっちゃ萎えるんですけど・・・・・
嘘だと言って!!作成中の音源消えちゃったじゃん!!!
ほとんど出来上がってたのに!!信じられない!
ちょっと落ち着くまで外出しよ・・・ムカツクわー。

<再起動>
デスクトップにはいつもの通りアイコンが3つ。
デモ音源はここから更にフォルダをいくつも開けていかなきゃないのよね。
さっきの強制終了の音源、もしかして残ってないかなぁ・・・・

・・・・・・・無し。
やっぱないじゃん!!(泣)
マウスの使い方は不慣れだけど、それでも最近なんとか使えるようになってきたのよ。
そのうち新しいPC買い換えたいと思ってたところだったし。
でも、もういいや・・・・新しいPC買ったところでさっきの音源ファイルは戻るものじゃないし。
かなりいい出来だったのに・・

世の中諸行無常。
そりゃ当然ファイルだって消えるわ・・
諦めが肝心・・また作ればいいじゃない!
最近はコピペも使えるようになったのよ。スムーズに進められるはず!
まあ、今は無理だけどね。骨抜き状態だし。
余計な仕事が増えちゃったけど、これもサービスと思えば・・(泣)

213 :名無しにして頂戴:05/01/02 12:02:17 ID:b72Pa6Qm
「ねぇ先生。このまま誰も知らない遠い街へ行かない?」
先生と隠れて一緒にいる日々に嫌気がさした私が言ったそんな一言でこんなに遠くまで来てしまった。
なのに、こんな寂れた街に着いたらあの生温い日々が懐かしい。
「もうこれで終わりにしましょう」
毎晩そう言って体を重ねる。
けれど、あの夜みたいな快感は得られないのです。
こうして、先生への想いが薄れていく自分が怖い。
軽い気持ちであんな事を言った自分の甘さが身に染みる。
こうして一人で海を見ると後悔ばかりが生まれてしまうの。

期待していた二人だけの生活は灰色の空気ばかりが流れている。
砂のように掴み所のない私が願った寒くても幸せな先生との日々はどこ?
このまま愛情にも似ている先生への真っ白な憧れを抱き続けなくてはいけないのか。
現状を必死で繕って自分を納得させても、小さな傷から不安が生まれてしまう。
あの教室で皆を冷めた目で見つめて、誰とも打ち解けなかった私の青さ。
そんな思い出を洗い流すかのように雷雨が降る。
まるで私の気持ちのような残忍な雲の色。




214 :ストイシズム:05/01/03 13:13:29 ID:???
(罪と罰で狂ってしまった椎名林檎さん)

いつもデートした道で。新しい彼女と歩く。あなた。
あたしは。鼻歌をうたいながら。近づく。

ららららん。

あの女。
あたし。より。きれい。
二人とも。すごく。お似合い。
すてき。

だから。きらい。

きらい。きらい。きらい!!

アクセル。全開。で。突っ込む。

アクセル。ブレーキ。アクセル。ブレーキ。
もういいかな。       パーキング。

路上の血痕。きれい。
二人とも。その姿が。お似合い。
すてき。
よわい。よわい。

ららららん。

あたしって。つよい。

215 :名無しにして頂戴:05/01/03 15:33:57 ID:f0ZSkKIJ
ストイシズムいい!

216 :名無しにして頂戴:05/01/03 15:59:05 ID:JQJTqyko
>>214の解釈カコイイ

217 :名無しにして頂戴:05/01/03 18:10:35 ID:???
ストイシズム、歌詞が少ないからいくらでも解釈できそう。
>>214とても(・∀・)イイ!

218 :これでも宗教:05/01/03 18:35:06 ID:???
私に甘い言葉を頂戴 嘘で充分
それから後は如何でもいいわ

丁度良いじょうろは無い ベランダの風景は変わりゆくのに。
多過ぎる水をくれるあなた わざとなの。

時が流れ花が咲いても来るのは蜜蜂
彼女の所為なら私は枯れても構わないけど。

人は美しいけれど長く生きるのは辛くはないの?
あなたは彼女と別れて涙するのね。

あ、通り雨。雲行きて また晴れて。
彼女からあなたへ送られた私の居場所はどこ?
また今日も続いて住く           

219 :積木遊び:05/01/03 19:19:01 ID:tJ2uEv05
あなたはいつも、角張らない柔らかい言葉を選ぶ。
あたしも特に気にしないで、 それ以上乗せられないように話を締めくくってしまう。

嗚呼 しくじった まただわ
あなたは私が それをどれだけ庇っているか知っているのね?
嗚呼 くやしい ようやく
浮気を押えたと思ったのに

あなたはいつも、長い間悩んだフリをして
私を上手く丸めて、違う話題を積み上げる。

嗚呼 しくじった まただわ!
あなたは、私がそれをどれだけ愛しているか知っているのね?
嗚呼 くやしい ようやく
女友達という女は突き止めたのに。

罵るのはもう飽きたわ
つまり、私が相手をするってこと。
私は本当に本当にするわよ?


220 :名無しにして頂戴:05/01/03 20:22:11 ID:9xtKRt1P
積木遊び

あなたはどんな時だって、優しい口調で正論を述べる

わたしはどんな時だって、少し変わった意見を述べる


━━口論━━

わたし「正論だけ述べれば良いと思ってるの?」

あなた「そうゆうわけじゃない。ただ、変わってる意見は…」


バチン(ビンタ)


━帰り道━


またやっちゃった。
わたしって駄目だな。

221 :初(´`) カプチーノ 1:05/01/03 22:12:06 ID:???

年上のあなた。
あなたから見たら私はきっとまだまだ子供だろうけど、
それでもあなたを夢中にさせたくて一生懸命な私を可愛がってね


あたしは不安で仕方ないのに、
あなたは”次逢う時はコートもいらないかもな”なんて笑って云う。
それまで逢えなくて、あなたは寂しくないの?不安じゃないの?
悔しくて俯いた先にあるカプーチノとミルクのバランスがまるであたしたちを物語っているみたい。
そしてやっぱりミルクの割合が多いあたしの「コドモ」な部分を自覚する。
顔を上げるとコーヒーの匂いが鼻につく。
その向こうで相変わらずあなたは足なんか組んで笑っていて
あたしはその余裕が悔しくて悔しくて、思わず泣きそうになる。
・・・苦しいだけの恋愛は、幼いあたしには辛すぎて。
・・・今無理をしても、苦いだけのカプチーノなんてきっと飲めないように。


222 :初(´`) カプチーノ 2:05/01/03 22:13:21 ID:???

梅の散る、春の訪れを感じれるようになる今頃、
あたし達はちゃんと今日と同じように手を繋いで人混みを擦り抜けられるだろうか?
それぞれが只忙しくしていたら、引く手の加減も忘れてしまいそうで・・・
約束など一つも交わして居ない。
あなたがその時、あたしの横にいる保障なんて、どこにもない。
・・・いつの間にか、情熱は消えて淡い想いだけが二人を支配するかも知れない。


誰よりもあたしをちゃんと見透かしていて。
口の悪さや強がりは、幼いあたしの”精一杯”の証拠だって、解っていて。


・・・あたしはもっとあなたと逢って、触れ合って、交わっていたいのに。
そうじゃないと不安で押しつぶされてしまいそう。
本当はいつも対等な立場でありたいけど、
どんどん強まるあたしの愛情を、せめて嫌わないでいて。
そのせいで口に出ちゃう我儘が過ぎてしまっても、
黙って置いて行ったりしないでね。


223 ::05/01/03 23:11:12 ID:???
この子宮の中なら安心だよ
安心していてね−

臨月の林檎 「あたしは産む道を選んだ。強くならなきゃ」

陣痛中の林檎「大事な赤ちゃんの命ひとつだけ、どうか守って−」

産まれる。産声をあげた子を安心し見守る母に生った林檎。
「やっと呼吸できたね」

「エントリーNO1 、初めての私の子」

224 :名無しにして頂戴:05/01/03 23:23:39 ID:???
>>223
(・∀・)イイ!

225 :『正しい街』(1):05/01/04 07:16:56 ID:???
あなたと別れて、あたしはこの街を出ていった。

一年前、あたしはいつものように「都会に行きたい」と言った。でも何故か今回は妙に強気だった。
あなたはいつものように本気にしなかったが、あたしはいつも以上に本気になってしまいには大喧嘩になった。
そしてあなたは、あたしに「別れよう」と言った。
あたしは、あなたがこんなことで別れるなんてとてもできないってわかっていた、だけどあたしは意地になり、そのまま別れた。別れることなんてなかったのに、自分を悔やんだまま、しばらくしないうちに学校も辞めてしまい都会に行った。

そして昨日、あたしがお母さんに「話があるから一旦帰る」って電話したら、何故かあなたが空港に真っ先に駆けつけてくれていて、
そして今、あたしを抱きしめ、こうして唇を重ねている…


226 :『正しい街』(2):05/01/04 07:20:38 ID:???
その日の夜は、あなたの布団の横にあたしの布団を並べ、一緒に寝た。何かするかと思ったけど、あなたは特に何もすることなく、先に寝ていた。
あたしは眠れないまま、昔のことを思い返していた。

あたしが子供だった頃はあなたのことを意識することはなかったけど、中学ぐらいから、急にあなたに恥ずかしさを感じ、昔のように言葉を交わさなくなった。
子供だった頃より、あなたが好きなはずだったんだけど、次第に恥ずかしさが怖さに変わって、目を合わすこともなくなった。
友達とは相変わらずよく遊んでいた。おしゃれとかも覚えて、その頃ぐらいだったか、都会に憧れはじめて…。

そんな中学も半分以上終わったある日、あたしとあなたは偶然、室見川で出会って、ふとしたことなんだけど、また昔みたいにいろいろと話すことも多くなってきて、付き合うことになった。
何日か付き合っていくうちに、あたしたちは百道浜で初めてのキスをした。
そんなこんなで順調だったけど、どうしても『都会』についての考え方だけは合わなかった。
その頃にはもう、あたしは都会に強く憧れていた。あなたはあたしが「この街を離れ都会に行く」と言えば、それを嫌った。そしてあたしはあなたのその保守的な

227 :『正しい街』(3):05/01/04 07:22:59 ID:???
考え方だけはどうしても受け入れられなかった。
それでも会う度に、あたしは「都会に行きたい」と言っていた

ある日、あなたは「お前より可愛い女なんていっぱいいるし、お前が都会に行ったって、俺はすぐに誰かと一緒になってお前のことなんか忘れてるよ。それに、お前が都会に行けば、もう俺に会うこともなくなるぞ?」と笑って言った。
あたしは「あなたを無理矢理都会に連れていくから」とすまして言った。
あたしを都会に行くのに引き留めるために言ったのだろうけど、その日から妙な不安、というか、苛立ちがあった。そして、また中学の頃のように話すことも少なくなった。あなたが話しかけてきてもどこかギクシャクした流れになる時もあったし、無視したこともあった。
そのうちそんなことも気にしなくなっていた、気にしなくなっていたんだけど、あの日に喧嘩し、別れた。



228 :『正しい街』(4):05/01/04 07:24:03 ID:???
そしてあたしは都会に発って、今日のこの街で、あなたの隣にいる。あなたは、あたしを忘れるなんて言ったのに…

このままあなたと居れたらいいのかもしれないけど、あたしは都会に帰らなければならない。都会ではもう自分の仕事もある。結婚を控えている人もいる。
都会には、あたしが見ていた煌めきはあってもこの温かさはない、ただ無機質な冷たいものだ、それでも仕事も婚約も辞めて今さらこの街に戻るなんて無理。
あたしは都会で"未来"を掴んでしまったから…。
帰ってきたのは本当は、お母さんとお父さんに今の様子と結婚のことで来ただけ。あなたと会うつもりは全くなかった。また都会に戻るなんて言えば、あなたはきっとひどく悲しんで苦しませてしまう…。まして、結婚なんて…。
もうあなたをこれ以上乱すわけにはいかない……。


━この街も今日でもう最後になるけれど、どうしてもあなたに明日の空港までずっと一緒に居てってとても言えない。
望んでも、これ以上は会うわけにはいかない。


あの日、あたしがこの街から出ていかなければ、あなたと別れなければ、
この街であなたとあたしの二人で、子供の頃約束した"未来"を掴めたのにね…。

229 :名無しにして頂戴:05/01/04 21:01:41 ID:???
イイ!んだけど、長すぎると疲れる。

230 :名無しにして頂戴:05/01/04 21:49:50 ID:oIvr2Z+M
良スレage

231 :名無しにして頂戴:05/01/04 22:02:19 ID:???
このスレほんといいね。
漏れは、自分の解釈で「間違いない」って思うだけど、
ここ読んでると、いろいろな解釈の仕方があって、
いつも新しい発見ができる。

232 :浴室:05/01/05 01:26:43 ID:???
新宿で久しぶりにデートの最中、君は突然言った。
「頼むから僕をコロシテ」
あの頃のあたしのあの言葉、君はずっと覚えてたんだ・・・・

もしも君があたしから離れていく時が来たら
「間違いなく君を殺して、あたしも死ぬよ」
・・・笑いながらあたしはそう言った。
そのあと、二人はじゃれ合って、キスをして・・・
そして君は「お馬鹿さん」ってあたしの
髪を撫でてくれたんだ。

あたしが今日、特別笑ってばかりだったのはね、
何となく気付いてたんだ。君があたしから開放されたがってる事。
できるだけ、誤魔化そうと必死だったのに
努力は水の泡。

「僕をコロシテ、君の中で」言いたいのはそれだけ?
夢の中では何ども死んでた君よ。
約束、守ってあげようか?

でもね、できないのも自分でわかってる。
夢の中でさえ鳴咽が抑えられなかったあたし。あんな思いはもうしたくないの。

家に帰ったら、浴室へ直行するよ。
君との約束を半分だけ、守ってあげる。
最後に思ったのはこんな事。

「君〜あたしの体、ちゃんと片付けてよね?
君が嫌ってた退屈も少しは紛れるよ(笑)」



233 :名無しにして頂戴:05/01/15 13:03:46 ID:WbZq/LOp
あたしとそんなに色々な音で遊びたい?
ねぇ、心配しないでよ。君たちの事に興味はあるから。
ああ、そう。もう堪えられないの。絶対に今日が決めるのが好いの?
んー、じゃ・・・・・・・「バンド名は東京事変」

でもね、あたしの音楽とか哲学に簡単に触ろうとしないで。
安くないから。バンド形式にしたからと云ってあたしを買ったつもり?
冗談じゃないわ。そんなに安くないわよ、あたしは。
これからの林檎、価値は上がっていくばかりなの。

へー、そう。そんなに怖い?あたしの色んなトコが。
なんで黙ってるのよ、3人も男が揃って情けないわね。

泣いてないで良く聞いて。あなたのデモ曲、嫌いじゃないけど
もう少し先の事変を見据えてやっていきたいのよね。慌てないでいいから。
ほらアンタ達、声を出していってみて!「林檎の音楽は安くない」と。
君のすべきことは、先ずあたしの才能の値打ちを知る事!!

謝らせて、泳がせて、今日もメンバーを「教育」
君よく泣くね・・・そんなお顔もかわいいよ。「ヒーズミくん」


234 :名無しにして頂戴:05/01/15 22:32:46 ID:gCDLQevV
群青日和
あたしの大好きな街…新宿に今日も来ているけどあたしは涙流しているから
街が豪雨みたいに濡れています。
涙のせいで目がかすんであなたの姿すら見えないの
あたしの目にうつる東京は涙色で青く冷えているわ
あなたの待ち合わせ場所に辿りつく戦略は無いのあたしの今居る位置も何処なのかな。
でも泣いている場合じゃない…脳でそぅ考えてあたしの涙、スポンジの吸収みたいにすぐ止めた。


235 :名無しにして頂戴:05/01/15 22:39:13 ID:gCDLQevV
[大人は何で素直に涙を流さないんだろうね?]ってあなたに問ったら
あなたは
[大人は我慢もしなくちゃいけないから…]
って答えてくれたね。
あたしは
[大人が涙流したいときにお空が雨を降らしてくれて代わりに泣いてくれるんだね]なんて可愛いこと言ったら
あなたは疑いやバカにもせず、
[大人が泣けないなんていう嘘だって善くて独りぼっちになったら泣いてしまう沢山の矛盾が丁度いいんだよ]
って結局正確な答えが出ない論理を話あったよね。カラオケ屋で長く話あったから延長代とられたりもしたね。。

236 :名無しにして頂戴:05/01/15 22:43:21 ID:gCDLQevV
大人なんて演技をする生きものなんだね。
【あたしの大好きなあなただってそうでしょ??】
あっ!あたしの今の問いに笑って誤魔化したでしょ。
ちょっとあたしがあなた好みの女になりたいなって興味が湧いて…着飾ったりしても
何にもない素振りして笑うんだから…。。
もっと子供みたいに素直に感想いってほしかったな。。

237 :名無しにして頂戴:05/01/15 22:53:01 ID:gCDLQevV
そんな話をしていたのは去年の冬の12月…伊勢丹の前をイブに通って
大好きな新宿を歩いていた懐かしい日々。
今年の冬も…新宿に来ると、あなたと付き合い始めた頃を思い出すの
あなたの暖かい手に触れたいのに…

ねぇ。あなたとの待ち合わせ場所忘れちゃって、待ち合わせ場所の答ないのかな?
こんなに複雑なビルや建物を作った誰かの所為にしたい
誰か方向音痴のあたしを教育して
またあたし泣いちゃって新宿が豪雨みたいに濡れています。
誰か此処へ来て、あたしをあなたの元へと連れていって
あたしの中では涙で青い東京だけど…
あなたの中ではあたしが待ち合わせ場所に遅刻して怒って‥燃えているような東京なんだろうな…


238 :教育師:05/01/16 00:10:48 ID:???
>>234-237
付き合って四ヶ月、倦怠にあたる時期の乙女の心情がよく現れています。


239 :名無しにして頂戴:05/01/16 02:20:58 ID:???
斬新な発想。

240 :林檎:05/01/16 05:29:39 ID:???
あなたの存在を心の中に微塵も感じない夜 闇雲な恋愛がこのさきを語るのか あきれたり動揺したりそんなのはいつも止まなかった(そんなのがもう終わった)筈なのに何がこれ程までに虚しさを呼ぶんだ

241 :名無しにして頂戴:05/01/16 20:18:43 ID:hry5Cid5
幸福論
周りの友達は幸せになりたい〜って言ってばかり
だからあたしも幸せが欲しくなって探した結果…愛し愛される生活が幸せと考えるようになったの
あたしは幸せになるために大好きな君の強いところや、あたしの前では隠してるつもりの弱さも
全部受けとめて愛したいの。
来年はいい年にしたい
とか
明日晴れるといいな
なんて
自分ではどうしたって変えることは出来ない望みはしない様にして
自分での力で出来る小さな幸せを作っていきたいの
あたしの今の幸福論聞いてくれた
君が嬉し泣きしてくれて笑顔で褒めてくれたから
あたしもっとエナジィ燃やして頑張るよ!

242 :名無しにして頂戴:05/01/16 20:29:30 ID:hry5Cid5
でも幸せって目に見えないから
あたしがどんなに努力して愛しても君には伝わらないのかなって不安になるの
そんなとき君は優しく手を握ってくれたね
その時気付いたの
【案外幸せは傍に居る君の小さな仕草】なんだと
寒いとき君の手握りたくなるというあたしの思いだって
幸せなんだよね
あたしは君の心臓の音や物知りな部分や愛してるって囁いてくれる言葉
全てをうるさい街や不愉快な風景から守るためなら
少しくらいする苦労なんて全然平気だよ。
あたしは君を幸せにしたいから

来年はいい年にしたいとか
明日晴れるといいなとか
望まないで、自分で幸せを作りたい
あなたの喜んでみせてくれる笑顔を愛しているからだよ
あたしは君の心臓の音や物知りな部分も愛してるって囁いてくれる言葉を
全てから守り通します
君はあたしを幸せにしたいなんて思い、努力しなくていいよ。
あたしは十分幸せになっているの
君があたしの隣で生きているから


243 :名無しにして頂戴:05/01/16 20:39:03 ID:nQEC2Nx8
入水願い

あたしはいま生きている空間が懲り懲りだと思って 生きる事という目の前の現実を終わりにした。
あたしが現実を忘れたからあなたが吐いた下らない嘘を何も無かった事にして。
だけど其れは無理。だってあなたは嘘を吐き続けた疲労で疲れているから。
周りから浴びせられるプレッシャーを此の両手で受け止めようと思ったから
今まで貫いた其の歪んだモラルをいまはっきり認めて頂戴。
あたしがそう云ったらあなたはまだ同じ言葉を繰り返し、認めないと言い張る。

天元寺を出発して今日はあなたと房総半島へ行く。
助手席に座っているあなたの命。
此の儘逃避行で知らないところへ行ったり、
あなたの命をあたしが自由に規制したりして欲しいならやってあげるけど
こんなあたしがあなたの命を自由に扱う資格はあるのかしら。

あなたはあたしを殺して、其の後ちゃんと一人で死ねるの?
そんな勇気も無かったからほら、応えられないじゃない。
子供化面をつけて何も判らない振りしたってあたしには判るの。
…でも当の本人のあたしは如何なのかしら。

海浜公園は今日も薄暗く、只光るは月光だけだった。
尚も走り続ける車の助手席にはあなたが呼吸している。
あなたの着ているコートの下の其の両手は何も掴めないでしょう?
あたしに何を求めても無駄なのよ、あたしを掴む事さえ出来ないのだから。
…あなたが言っているあたしはあたしじゃない。人違いじゃないかしら?

大嫌いなの。周りのモノ全てから隣のあなたまで。
あたしを褒め称えがっているあなたの其の言葉は嘘なのでしょう?
そんなあなたに賞賛されるほどの人間なあたしが今夜以降生きているなんてとんでもないわ。
其れならばあなたが殺してよ。

244 :名無しにして頂戴:05/01/16 20:41:49 ID:nQEC2Nx8
訂正
×天元寺
○天現寺

245 :入水願い@らら ◆v58QgIcBDI :05/01/17 03:55:18 ID:wbM3qKVo
とても寒い真冬のある日、あたしはあなたの子供を身籠っていることを知った。今まであなたをつなぎとめるためについてきた嘘が、今本当になったのだ。
あたしは売れっ子ミュージシャン、あなたは御偉いジェントルマン。
真夜中の車中での密会。
天現寺から房総半島へ今日は小旅行。
あたしにとっては受胎告知のためのドライブ。
助手席にいるのは、あたしだけじゃないのよ。
あなたの命も、ここにあるのよ、と小さな声であたしはあなたに打ち明けた。
するとあなたは驚きもせず、いつもどおりの疲れた顔をして、あたしに子供を産めばという。
「殺せっていうのかと思った」
「好きなようにしろよ」
……あたしはてっきり、どうにでもしろと突き放されるかと思ったのに。
だって二人は不適切な関係。


246 :入水願い@らら ◆v58QgIcBDI :05/01/17 03:56:03 ID:wbM3qKVo
あなたがそういうなら、あたしは何だってしてあげたい。
けど、あなたの子孫は
あたしなんかの子供でいいの?
こたえの出ない、繰り返される同じ会話の中で、あたしはクチをひらいた。
「たとえばさぁ」
「ん?」
「あたしがあたしの子供を堕ろしたいって言ったら、あなたはこれから独りで生きていけるのかな」
「…………」
あなたは答えもしないで大好きな運転に夢中。
まるで子供みたいね。
あなたの顔は、夜の街の光を移して…今とても綺麗だわ。
こんなあなたの子供なら、生んでみるのもいいかもしれない。
そういうことを、あたしに思わせたかったんでしょ?
……しばらくしてあたしはあなたに内緒で子供を堕ろしたの。
だって嫌いだったんだもん。
あなたの遺伝子も、あたしの遺伝子も、両方もっている命の疎ましさや悲しさも、全部が厭だったの。
……今日も今日とて、あなたはドライブにあたしを誘ってきた。
いつと同じ、真夜中の密会。違うのは、私のからだの中身だけ。
「今日はどこへいくの?」「………」
あなたはまた無言になる。車の窓外からは、海浜公園が見えた。
目の前の信号の手前で、急にあなたは車を止め、
「急に、どうしたの」
驚いたあたしに、彼はこうつめよった。
「子供は、俺の子供は……どうしたんだよ」
息をつく暇などなく、彼はあたしのコートの下をまさぐってきた。
けれど残念、そこに命はもうないの。
だってあなたも、本当はそうしてほしかったんじゃないの?あなたの嘘つき。
あなたの命を身籠っている女は、この世にごまんといるんだって聞いたわ。
あたしは彼に言う。
「子供だなんて。人違いじゃないかしら?」

247 :名無しにして頂戴:05/01/17 21:14:11 ID:2Aa5uceV
>>246
自分が考えてたのと全然違って新鮮だったよ(・∀・)イイ!!

248 :名無しにして頂戴:05/01/21 18:40:40 ID:???
>>246の文を読んで入水願いがすごく聞きたくなった。

249 :名無しにして頂戴:05/01/22 12:03:35 ID:???
>246
正にスレタイにピッタリ!
いい感じの短編本読んだ〜
  という感じ

250 :名無しにして頂戴:05/01/22 13:20:01 ID:KD96QTrn
>>246素敵age

251 :名無しにして頂戴:05/01/22 15:07:01 ID:???
>>245-246
これはまた新鮮なのきたな。(・∀・)イイ!

252 :名無しにして頂戴:05/01/22 23:09:40 ID:???
>>245-246
斬新で(・∀・)イイ!!

253 : ◆v58QgIcBDI :05/01/23 23:47:08 ID:???
皆々様方、ありがとうございます。
私には身に余るほどのお言葉ですが、これからも精進して妄想してまいりますので、どうか生暖かい目で見守ってやってください。
良かったら、また書かせてくださいね。
ほんとうにありがとう、
嬉しいです。 かしこ

254 :駅前:05/01/25 16:38:05 ID:X8T304i0
幽霊とかのイメージが強い詩なので、青春ドラマっぽく
駅前で伝える=駅伝
―伝えていたんだ、今日も。
全国駅伝大会イメージソング

大学からの応援部隊が声援を送っている。
それぞれの涙の理由は喜びか、否か。
どちらにしても若さの煌めきだ。

胸騒ぎは私にも憑依している。
憧れたこのユニフォームを纏い、あなたのスタート地点を目指して歩道橋を渡っている。
無言でもチームの皆の気持ちは同じ。思っているよ。
ほら、私ならここです。

改札付近の掲示板、あなたは気づくだろうか?
私からのメッセージ。
毎日一緒に走った道路。

いつも頼もしいタイムをアンカーに縫い合わせていた私ならここです。
今は走れなくなった足になっても、聴こえているよ。
最後の大会に賭けるあなたの希望や、激しく肺に入出する酸素。
その全てがあなたに応えている。
ほら、また一人抜いた。
目の前を通り抜けていったとき、ちゃんと聴こえたよ。
「鼓動をならして、お前の分まで走っている」って。

いつも私の心臓が高鳴っていたのは、ただ走っていたからじゃないんだ。
あなたが鼓動を揺らすから、タスキと一緒に想いを伝えていたんだよ。
今日も。

255 :名無しにして頂戴:05/01/28 20:42:40 ID:???
遅レスだけど>>246 凄ぃ!!

256 :やっつけ@:05/01/28 21:12:53 ID:???
【やつっけ仕事】
毎日掛かって来る意味もない勧誘の電話
まぁ旦那さんが家に帰ってくる迄
家にずっと居れば話し相手は電話相手の勧誘のお姉さんくらいなんだけどね
人と話さないって言うのは結構キツイ事
家事をしながら、いつも向き合ってるのはテレビだけよ?
別に家事が大好きな訳ではなぃけど、これが私のお仕事だし

何が良いとか別に感じないかな?
最近はあんまり怒ったりしないな
『最近旦那さんの帰りが遅いけど』
今日何曜日だっけ?
まぁ主婦の私にはあんまり問題じゃないけど
ああーずっと家にいる私は『スリル』がない
怪我したっていい、何かなぃかな?





257 :夢のあと1/3:05/01/31 01:15:41 ID:???

「最近は嫌な事件が多いわね…」

私は見ていた「○○県で女児が誘拐された」と言うニュースから目を離し、独り言のように我が子の寝顔に語りかけた。

この子は、周りが言うような夜泣きもしなければぐずりもしない。
もっと子育てが大変かと思ったが、少々拍子抜けしたほどだ。

「あ…」
丁度、何かのコメディ番組で流行りの人が私のことを面白おかしく真似ている。

昔はギターをむちゃくちゃに弾いても、周りはもてはやした。
若さ故に奇抜な髪型をしても……。

臨時にニュースが入る。
さっきの誘拐された女の子が儚くなってから見つかったとの事だ。

258 :夢のあと2/3:05/01/31 01:17:14 ID:???

気付けば、こんなニュースにまで頬を濡らす様になった。

親は何故?
子は何故?

「あなただけは、私達大人の造り上げた物を壊して」久しぶりにさめざめと泣いた。
私は願うように、我が子の手のひらを握った。ちいさな、ちいさな手だけれどちゃんと五本揃った指で優しく握りかえしてくる。

私はこの子に、余計な期待はしない。
ただ、伸び伸びと育って欲しい。

あの頃の「椎名林檎」の私はひたすらに大人が、世の中が憎くて全てを睨んでいた。
今の「椎名林檎」は憎しむ対象は違えども、確かに世の中を睨み返しているのだ。




259 :夢のあと3/3:05/01/31 01:19:13 ID:???

あなたも同じ夢を見る……?

私は届きもしないのに、ニュースの中の相手に言った。

あなたが生まれた時の私の喜びを、今ちいさな命を一つ殺めたあなたにもわかるでしょう?

この大きな地球と言う球体の中で、たった一つのあなたの……我が子の命。
私には大して価値は違わない、

あなたが私と手を繋ぐように、心を繋ぐ親子が増えたら……。

ただ、平凡な時を刻んでいるのだけれど、親にとって子は鎹。

二人手を取り合って、世界を再生しよう。
そんな大それた事だと思わないで、二人でせめて未来だけでも作りましょう。

260 ::05/01/31 11:26:22 ID:sBNH/9b9
心って何なんだろうね??小さい頃から聞いてはいるんだけど
よく意味わからないのに大人になってしまった・・・

もう、朝がきちゃった ほっぺに太陽があたってとってもいい気持ち
「結婚したいなぁ」もういい年だし・・・やっぱり私も何だかんだ言っても女ね
いつだって中を見ようとせず外見ばかりみて決めていた私にさよならしようかな

人に甘えてばかりでここまで生きてきて、そんな甘えでたくさんの人を失った
そんな私大嫌い
彼に逢いたいよ・・・初めて心の底から愛してしまったの
けど彼に「私のことどう思ってるの?」なんて聞けないよ
だって私達ってそんな関係じゃないからね。ただのセフレ
もうこの関係やめたいな、だって愛してしまったんだもん終わりよね?
でも、貴方と逢えないのは嫌。やってるときだけは愛されてるって感覚に浸りたいのいいでしょ?



261 ::05/01/31 11:28:33 ID:sBNH/9b9
体で繋ぎとめようとする私って本当に情けなくて恥ずかしい女
みんなにバカにされようと私は私なりに生きていくんだから

体だけの関係をやめたいよ・・・わかって、私の気持ち
貴方はなんとも思ってないのでしょうね、そんな貴方大嫌いよ
今日はもうするのやめようと思ってたのに体が勝手に貴方に抱かれたがるの
もうこんな関係終わらせたいのに
こんなの愛じゃない、、、、

こんなに汚れた心の私だけど、そんな自分と向き合いながら生きていこう!
何度、落ちて行こうともまた立ち上がるんだから

今日はいつもの公園も雲ひとつなくて寂しいな
雲すら私を無視して逃げてった
今日はとーっても寒い 貴方との関係終わらせたから寒く感じるの?
でもこれで良かったのよね?
まだ忘れられず愛してる私って病気かな・・

262 :名無しにして頂戴:05/01/31 20:44:14 ID:???
>>260-261
(゚∀゚)イイ!!よいよいよい!


263 :御祭り騒ぎ1:05/01/31 21:09:24 ID:5MDcbZk+
今夜、毎日お見舞いに来てくれるあの子とお祭りに行くの。
生まれてからずっと壁で区切られていた外の世界と、やっと歯が噛み合いそう。

部屋の外を見ても誰も居ない。今日はいつもと雰囲気が違う院内。
「今だ、行こう!」
夏って本当に暑いのかな。

「放生を行い此の世代を祝う」為のお祭り。
「放生」だなんて私にぴったりかも。
汗をかきながらそんな事を考えている内にお祭り会場に着いた。

すごく楽しい!今日は体の調子もすこぶる良いの。何も恐くない。
本物のお祭りってこんなに素敵だったのね!

作りたての綿菓子…屋台に並んでいる水笛…空調の効いた部屋では感じられなかった他人の汗…
全てが初めて。


264 :御祭り騒ぎ2:05/01/31 21:13:36 ID:5MDcbZk+
こっそり帰った病室の外。話し声が聞こえる。泣きそうな声のママとパパ、それから先生。
「あと1年ももたない体で外に出るなんて…!」
そんな事、初めて聞いた。今日は初めてづくしね。
「きっと治る」だなんて嘘。まるであの見世物小屋のよう。
うつむくと、林檎飴の紅が目に飛び込んできた。
「…もう1度、お祭り会場に行っても良い?」

大丈夫、私は生きてる。現在を、今日を生きているんだ。
未来も何もない私だって、ここに融け込んでいるんだ。

265 :名無しにして頂戴:05/01/31 23:28:49 ID:???
>>206-261
いいなー切ないね

266 :名無しにして頂戴:05/01/31 23:31:43 ID:???
間違えた…>>260-261です

267 :母国情緒:05/02/03 01:08:08 ID:???
よく見える目であなたの仕草一つも見落としたくない
よく聞こえる耳であなたのため息すら聞き逃したくない
わたしはあなたが好き
あなたの全てを知りたいの

わたし色々調べたわ
あなたの家の行き方も
神楽坂のあの道を抜けたらあなたの家への近道だってことも
わたしと故郷が一緒だってことも

あなたを想って一年が経った
もう何もかも知り尽くして知らないことなど何もないわ
あの日あなたが寂しそうに見上げていた空も雲も、わたしはあなたと同じように見ていたの
あなたを知ってからあなたと同じ日を同じように過ごしてきたの

だけどこんな自分(=ストーカーっぽくて痛すぎるってこと)をわたしはよくわかっている
今のままじゃこれまでと何も変わらない
「これ以上」は望めない
だから神様、もしも一つだけ願いが叶うのなら

「わたしはあの人と言葉を交わしたい」

あの人と話すことができたらきっと・・・

268 :名無しにして頂戴:05/02/04 08:12:39 ID:oUL6Qof/
tesuto

269 :ギブス:05/02/04 08:14:46 ID:oUL6Qof/
写真好きねぇ・・・あんまり撮らないで!
今がよければいいじゃない。何を過去を振り返るかのように撮ってるのよ
「あの頃はこんなこともあったなぁ〜」なんて話でもするつもりなの?
私を過去の人にさせないで。
貴方って「絶対に〜しようね!」って言うけど、その約束は果たせるわけ?
果たせない約束なんてとりつけないで!貴方の心が冷めちゃったら
期待してた私がバカみたい 恥ずかしい思いだけはさせないでよ

私と一緒にいてくれる?私は貴方のこと大好きよ
貴方の前では素直になれず、意地っ張りだけど本当は心の底から愛してる
だから私の傍にいて
明日は何があるかわからない、貴方が冷めちゃうかもしれない
凄く不安だから今は私の体をギュッと抱いて
大好きだよダーリン


270 :ギブス:05/02/04 08:15:46 ID:oUL6Qof/
貴方って子供みたい・・・私が嫉妬させると
いじけるの、あの顔が大好きでいつもからかっててごめんね
でも嬉しいの、スキでいてくれて
貴方と私って本当にお似合いよね

やっぱり貴方じゃないとだめだよ
明日のことは考えないように・・・今を大切にしようよ
貴方といる今が大切だから

そんな日々もあったなぁ〜もう4月が来ちゃった
まだ忘れられないよ、私のこと少しは思い出してくれるかな?





271 :おだいじに:05/02/04 10:20:40 ID:3R6SIuJV
今日も気持ちは穏やかで、体の感覚もある動くみたい。
眼に見えるもの、そして見えないものにも善さってあるみたい。
それはあなただったり、あなたじゃなかったり。

いろいろなことに疲れたら、少しだけ眠ろう、いろいろ嫌な言葉、云い出す前に。

私を傷からもまもっているのは、
あのときあなたについた嘘や、あの日にあなたにかけた罠
そんなことでしか保てない私を許してね。

傷のつかないほうを選んでいたいの。

いろいろなこと、ちゃんとわかっているから、その上で、
小さな声で歌うことや笑うことを許してね。


ひとりでちゃんと息が出来るようになるまで。

272 :弁解ドビュッシー:05/02/04 16:34:51 ID:???
演技に演技を重ねて 本心なんてどれなのか。
もうその境界を探すこと自体、疲れた。
どう足掻いたってママのスケジュールみたいな人生なんだもん。

毎日の塾・ピアノ・バレエ・英会話・書道・・・
それぞれは素晴らしい筈なのに、全部私に必要なのかな?
こんなにも嫌いになっているのに・・・
この驚異的な苛立ちをドビュッシーに乗せてピアノを叩く。

どんなに頑張ったって、ちょっとでも評価を下げたなら
「仕様がない子」って言ってローテーションはキツくなる。
二人で違う涙を流すなんて馬鹿みたい・・
もう疲れた。このロープで私の存在自体なかったことにしちゃおう。

何でもなせる必要はなくて、目の前の事態を専門にできる親が欲しかった。
見えない鎖で繋がれて犬のような私。
未だ見えない先を危惧して、こんなに圧しつけられるのなら
将来をぼやかして好い加減に飛んでいるフリーターの方がマシよ。

273 :弁解ドビュッシー:05/02/04 16:37:04 ID:???
私は「現在」が欲しかった。

初めて抜け出した教室。それにだってママは
「何でも買ってあげるから、早く戻りなさい!」
これらが私への愛情だなんて可笑しい。
ずっと「普通」の穏やかな家庭に憧れていたけれど
あんたからはそんな真の慈愛すら欲しくないって思うの。

「全部将来に必要な大事なことなの!早く戻りなさい!」
―本当はあんたも含め、全部ゴミだ。
「聞いてるの!?いい大学行けなくなるわよ?
教養ある者だけが社会の勝ち組なの!そう”なってる”のよ!」
―本当は全部、お前みたいな腐った大人が造りだしたまやかしだ。

少女は隠し持っていた何かを手に、母親に歩み寄って行った。

◆弁解ドビュッシーのイントロ

「本当は全部・・・本当は全部・・・本当は」

◆ギター、ドラムなどが入り暗転

◆スタッフロール

274 :おねがい:05/02/04 17:43:47 ID:XOjzckd9
「遭難」の歌詞の解説して頂けますか?

275 :「遭難」1-1:05/02/04 18:33:23 ID:LcXtuzgr
付き合い始めてどのぐらい?
記念に、と買った花瓶と花。
気づいたら部屋の隅で静かに枯れて死んでいた。
鮮やかに咲いて、ゆるゆると枯れていく。
まるで私たちの関係。
今は、
どこまで貴方に求めればいい?
どこまで私は受け入れればいい?
ごめんなさい、私はそんなに器用じゃないの。
もう手堅く関係を保ってる。
怖い。拒むのを許して。

もうだめ、どこまで関係を計算すればいいの。
もうだめ、私の方程式は壊れていく。
認識は困難。
静かに私は逃避に堕ちよう。



276 :「遭難」1-2:05/02/04 18:34:27 ID:LcXtuzgr
面と向き合って会話しても、
表面上だけなのは分かってる。
言葉の節々にトゲがある。
深い所でお互いに静かに傷つけあっている。
ああ。
もう如何すればいいの。
ああ。
もう如何にでもなりそうよ。
そう、お互い気づいてる。
でもまだ、付き合ってる。
なぜ?
分からない。
いいえ。
分からないふりをしてるだけ。
でもまだ、愛しいと感じてる。
もう、どうすればいいの。
いま、どうしたらいいの。
ああ。
誰か、救助して!

277 :「遭難」2-1:05/02/04 19:04:40 ID:LcXtuzgr
あなたが冬が嫌いなのは知ってる。
でも、私たちの関係だってまるで冬のようじゃない。
でも私には貴方が必要なの。
ごめんなさい、私は傲慢なの。
貴方を勝手に掴み、求める。
許して。

我慢してきた感情が爆発しそう。
だめ、激流に飲み込まれる。
ああ。
溺れる。

もう面と向き合って話さずとも感じてる。
素直に慈しみ合うのもいいでしょ?
関係性の方程式は再構築を始めた。
もう、如何にかなりそう。
そう、如何にかなりそう?

278 :「遭難」2-2:05/02/04 19:06:05 ID:LcXtuzgr
お互い、深いところで答えの模索は始まったばかり。
その答えでさえ暫定的では、あるけれども。

今日もまた、気だるい昼間いつもの通りの微笑みで。
白いネイルをつけていきましょう。
今の私には、赤に見えるけれども!

別に本心でなくとも構わなくなった。
真実などに興味は無い。

もうお互い気づきあってる下品な芝居で、
いつも通りの関係を維持しましょう?
そう、白いネイルの裏に本心は隠して。

あぁ。
でもやっぱり、だめ。
どうやって割り切ればいいの。
泥沼。
もう如何にかなる途中自分が疎ましい。

もういいわ。
本心はいらない。
然様なら。

でもこの関係はどうするの。
お互い出遭ってしまったじゃない。

279 :幸福論:05/02/04 19:20:01 ID:armpQl+u
映像の中の偶像を、歴史上の人物でしかないモノを追いかけていたら急にむなしくなっちゃったんだ。
あの人はもう生きていないし私を愛してもくれないしね。
それに気付いちゃってからは、ひとり公園に座って幸せのことばかり考えた。
季節は冬。空も風も何もかもが冷たい。
そんな時あなたが隣に座って迷子のあたしに手をさし伸ばしてくれた。飛ばしたジョークは
寒かったけれど、私の心を暖めた。

「好きだよ」あなたは手を握って、そして私はあなたを受け入れた
本当はずっとそれを望んでいたんだ
冷たい空も風ももう気にならない。

あなたをこの世に残すためにあたしはあなたを歌う。
カッコつけないで笑ったり泣いたりするあなたを、握り返してくれるその手を。

あなたがココに存在している事が私の幸せなんだ

280 :葬列:05/02/04 21:54:53 ID:???
今朝はおかしなメールを受信しました
そのメールには「産んでもいいか、産まないほうがいいか」という文が書かれており
心当たりがない私は間違いメールであろうと思いました
そのときから私は「中絶」について考えるようになりました

いま、人工的な器具で殺されようとしている小さな命は息をしようと(生きようと)必死です
もう小さな命はなくなり、その命はゴミへと出されました

私は2つの選択肢から1つを選びました(2つの選択肢=産むか、堕ろすか で堕ろす方を選んだ)

いま、医師達は小さな命を殺す準備をしています
もう堕ろしてしまった子供にはどんな理由があったとしても言い訳は通用しません

・産んで結局育てられなくなって殺す勇気
・腹を切っていくメス
・今日と胎盤と明日  今日あった胎盤は明日もうないことでしょう

私と性行為をしてもオーラルセックスが好きなきみが満たされない理由は「もう私の中には子供がいないから」

あぁ、こんなことの繰り返しをするのが嫌いなのでしょう
当たり前のことです

本当はまだ子供なんてできてないのよ だって私達まだ性交してないものね
はじめからやりなおそうか

きみ(ここでは、恋人か子供)の顔を見せてください



自分的に子供を堕ろす歌だと思ってるんだけども

281 :名無しにして頂戴:05/02/05 00:58:22 ID:???
遭難はもっと深いと思われ。多分禁断の恋だわな。そうじゃなきゃ許してと赦してを使い分けない。

282 :遭難二分の一:05/02/05 03:04:14 ID:???
この花が咲いてから、枯れるまでの期間二人には何一つ許される「行為」は無いでしょう。

あなたが二人の間合いを間違えないように計算して、遠からず近からず距離を自分中心に測るのを嫌がるのを許して。

もう、なにが正しいか悪いかなんて興味はありません。
私は愛を持って人として堕落していくのです

こうやって二人で会話していてもお互いに憎まれ口を叩き、さらに事態を悪化させる。

ああ、もうどうにも施しようがないとお互い気付いているのに求め合うのは仕方がない……。



283 :遭難二分の二:05/02/05 03:05:44 ID:???
「冬が嫌いだ」と言ったあなたの手は別の女の熱を感じているのでしょう、今頃。

物質的距離のみならず心まで離れていくのは嫌。幼子のように駄々をこねるのを許して。

一層……身投げでもしようか?

そんな脅し文句であなたを連れ出した

こうやって今、周りの止める言葉も聞かずに二人でいること自体間違っているのだ。
お互い、本当の所はわかっている。
しかし気付かないフリをして微笑を称えるのだ。

まるですぐに剥げていくマニキュアの様な真っ赤な嘘。

こんな下らない子供騙しで時間が来たようね、さようなら
もう二度と会うことはないと思う。

まだ狂人になり得ていない自分が焦れったい。

早くおかしくなってすべて忘れてしまいたい。
私がコレほど迄になる理由は一つだけ。

「出会ってしまったんだ」

284 ::05/02/05 10:26:25 ID:???
レスついてる!
嬉しいです、アリガトン

285 :すべりだい:05/02/05 11:02:41 ID:???
貴方が病気したときみたいに甘えた声を出すときって
私に隠し事があるときね 本当にわかりやすい人ね
ごまかそうとして・・・
そんなところが可愛くていとおしいくらい好きよ

汗かいちゃうくらいに緊張して、恥ずかしがってた時もあったね
けど貴方には理由なく触れていたかった、近くに寄り添っていたかった 
二人で温めあった日も甘えてじゃれあっていた日も
今は終わってしまった

そんなこと考えていたら涙があふれてきちゃって
もう終わったことなんだ って確信しちゃって・・・
こんなこと思い浮かべてる私って本当に女々しすぎよ
もう、あの日から2年もたってるのに・・・忘れられない
二人で決めたことで、砂のように掃ったはずなのにね

貴方が急にキスしてくるときって
私の機嫌を悪くさせた時 もっと機嫌を悪くさせないために
貴方なりになだめさせてくれたよね 
優しい人ね


286 :すべりだい:05/02/05 11:04:09 ID:???
けど、そんなことも今では思い出話ね
もう二人は恋人同士じゃないから
私が機嫌悪くしたって貴方はなだめてなんてくれないし
キスもしてくれない

そんなこと考えてたらもっと涙出てきちゃって
前が見えないよ
喧嘩していつもなら仲直りできたのにね
お互い束縛し合って、それが幸せで
けど、貴方のこと信じてあげられなかった
私、たくさん貴方に嘘ついたし
本当駄目な女ね・・・

はぁ。。。最近、本当にあの時のこと悔やんでるの
口になんて絶対言えないよ
私、そんな素直な女じゃないし、意地張っちゃうの
けど、今の私なら貴方とちゃんとやってける気がするの!
だって、2年も思い悩んで反省したのよ
貴方に許してもらえるのならすぐにでも
貴方に気持ちを伝えたいけど
「まだ俺のことにこだわってたの?」なんて思われたくないし!
私ってそんな女の子らしくないから
思い続けてるなんて恥ずかしくて言えやしない
だから、いつもこらえてるのよ
それに早く、貴方との思い出が薄れていくようにいつも願ってるの






287 :茎(近未来SF風味)1/5:05/02/05 23:52:06 ID:???
9月12日  AM6:19
ゲル状の音が響き続ける、暗い廊下。
一部屋、鍵が抉じ開けられている。
薬品の入り混じった臭い、床に飛び散る液体。

288 :茎(近未来SF風味)2/5:05/02/05 23:52:51 ID:???
所詮お前達の世界は「可能性」があるかどうかなんだろう?
奇跡は起きてしまったんだ。
どんなに複雑なドアでも破られないとは限らない。
どんなに頑丈な塔だって崩れないとは限らない――
奇跡というものがあるから。
今のわたしは何だって疑えるし、信じれる。
天だって潰れないとは限らない。
邪悪なる奇跡よ
限りなく0に近い可能性よ



どうせわたしなんて此の儘生きてても何も良いことはないと思ってた。
いつか何処かで見た、おもちゃみたいな作り物の花の様に生きていた。
どんなに頑張っても上手くいかなかった。
それが今になっては遥か遠く空の向こうで起きた出来事みたいだ。
生きてても意味はないと分かっていたのに、今となってわたしは悲しんでいる。

これは現実じゃない、と小さく呟いて見た。
でもそれは声にならず、低い呻き声になって体液を響かせる。
目が覚めて、早く鏡に映る自分の姿を見たい――せめてもう一度だけでも。

289 :茎(近未来SF風味)3/5:05/02/05 23:53:44 ID:???
相変わらず頭の中では彼らの嘘がめぐり続ける。
嘘? ……いや、彼らは嘘なんて吐いていない。
彼らにとってはこの結果が嘘なのだろう?
わたしという存在が。



きっとわたしには泣くことも惑うことも許されないのだろう。
此処を出てしまったら殺される。
でもわたしは今――
円筒のガラスを突き破り、こうして立っている。
許される? 少しでも自由になることが?
わたしに?
お前達に許して貰わなくても構わない。
戻ることは出来ない、戻りたくない、物理的にも精神的にも。
心細さは少しだけ残っているけれど、もうわたしには此れしかない。
外気に触れる。澱んだ空気に身を晒す。

幼い頃、夢を見た。
ゲームのモンスターになってしまう夢。
親や親友や全ての人間に殺されそうになる夢。
魘されて涙を浮かべながら飛び起きた。
今――そんな夢を見る必要もなくなった。
現実でも夢でも、もう関係ないから。

290 :茎(近未来SF風味)4/6:05/02/05 23:56:26 ID:???
(すみません、上の3つ1/5〜になってますけど本当は6つありました…




9月12日  AM5:19
空気が沈黙している、冷たい廊下。
一部屋、物音が聞こえる。
硬い足音、かすかな破裂音。

291 :茎(近未来SF風味)5/6:05/02/06 00:00:09 ID:???
今のわたしにはきっと……
いつか何処かで見た、メデューサの髪の様なおぞましい花が似合うのだろう。
美しい花には成り得ない!
人間の姿も感情ももう捨てたのだから!
命だけ大切に大切に大切に抱えて生きてやる。
啼くことも惑うこともないだろう。
疲れ果てて倒れることとも出来ないのだから!
何かを欲することも……命すら誰かから奪い守らなければいけないのだから……

292 :茎(近未来SF風味)6/6:05/02/06 00:02:17 ID:???
9月12日  AM1:02
負のエネルギーが閉ざされている、不気味な廊下。
ざわめき、どよめく気配がする。
絶望を伴う小さな悲鳴、滴り落ちる冷汗。

恐ろしいモノになってしまった
こんな筈ではない
恐ろしい奇跡が起こってしまった

と。


―戦闘生物失敗作第一号―

293 :名無しにして頂戴:05/02/06 01:19:02 ID:glke2U1P
age
今から全作読み込むつもり

294 :名無しにして頂戴:05/02/06 02:21:31 ID:???
この人、ストーリー風に勝手に解釈することにおいて秀逸。
林檎とは別ベクトルできちんとたってる希ガス。
たのしみ

295 :名無しにして頂戴:05/02/06 11:31:27 ID:???
>>293
良かったのあげといてね。読みたいから

296 :age:05/02/06 16:09:13 ID:PKAUXVzm



297 :名無しにして頂戴:05/02/06 16:17:00 ID:???
けったいな話や。

298 :名無しにして頂戴:05/02/06 16:21:35 ID:???
茎SF風味めちゃイイ

299 :埜依:05/02/06 16:26:44 ID:PKAUXVzm
愛妻家の朝食

昼下がりの午後。久しぶりにテレビを眺める。
ワイドショーのキャスターは、用意された台詞をただ読んでいる。
『果物にはタバコの害を防ぐ効果があり…』

本当か否か、タバコ好きの貴方のために。
急いでこの間見つけたお店に買いに行く。
だって貴方には、健康でいて欲しいのだもの。
これからは、出かける前に食べさせましょ…

貴方はきっとよそで、私に見せない顔をしている。
だっていつも貴方からは、私の知らない、香水の香り…
でもそれに気がつかない振りをして、私はいつものように
『オカエリナサイ』『オツカレサマ』
そうしてでも、貴方のそばに居たいのだもの…

300 :埜依:05/02/06 16:44:05 ID:PKAUXVzm
愛妻家の朝食

今朝もまた、貴方は疲れた顔をして帰ってきた。
いつもの事ながら、貴方からは、香水の香り…
最近は明け方に、ピアノでポロネーズを奏でるの。
貴方のことを思いながら、孤独を紛らわすために…

貴方は疲れて帰ってきても、いつも私の髪をなでてくれる。
そうやって優しくしてくれるうちは、きっと私は、
貴方が何をしても許してしまう。
だから私は、この髪を伸ばし続けているの…

こんな日常、ありえないと思うの??
それもそうね。
だって、これは全部作り話だもの。
青く澄みきった空の色さえうっとうしくて。
嘘を言ってでも、人目を引きたかったの。
こんな私に、希望なんか差し込む訳がなくて。
既に、見えなくなっている…

…もう、何も要らない…

…なんて、本当にコレが嘘だったら良かったのに…

301 :age:05/02/06 17:02:15 ID:PKAUXVzm
浮気?

302 :名無しにして頂戴:05/02/06 17:03:02 ID:???
ぁらぃたてのくろぃヵミヵ゙ヵぉってぃまにもとんでゅきそぉ
ヵ`しすぃろにそまったっめ
ぅるんだふたりのねんまくみたぃ
ゎるぃヶれどヮィンならばじぶんのくちびるだぃれくとで
ぐらすょりもそのぉくちにそそぃでぃただきぃぃィィィィぃまにもとんでゅきそぉ

303 ::05/02/06 17:05:05 ID:PKAUXVzm



304 :名無しにして頂戴:05/02/06 22:57:45 ID:vZo3amfC
豪雨の新宿。
交差点の真ん中であたりを見回す椎名林檎。「あなたはどこへ・・・?」
気がつくと周りをガミラス星人に囲まれていた。
どうすれば、なにをすれば・・・いや、戦略なんてない。
逃げよう、走り続けるんだ。どこへ向かってでもいい。駆け抜けてやれ!
その時、ガミラス星人の光線銃(強化型マイクロウェーブガン)がまばゆい光を放ち、林檎の脳は乾いた。

305 :カプチーノ:05/02/07 11:31:39 ID:HIGjf2LP
あと少しだけ私が大人になるのを待って
貴方を夢中にさせたいの
必死で貴方と同じになりたくて頑張ってる私を可愛がってね

「今度会うとき温かくなってるから、コートいらないね」
それって、また逢ってくれるってことなの?
私の気持ちを知らずにそんなこと言えちゃう貴方って
女心のわからない人ね 今度いつ逢えるか私はいつも不安なのよ
もう、冬も終わり春が訪れるのね・・・

何よりも貴方に逢って触れていたいの
キスして抱き合って貴方を味わって貴方の気持ち確かめたい
もっと大人になるように頑張るから対等な関係になりたいよ
どんどん貴方への思いが大きくなるのを許して
だって素敵なんだもん
もし私の我儘が過ぎても無視しないで
何も言わず去ったりしないで・・・


306 :カプチーノ:05/02/07 11:32:30 ID:HIGjf2LP
貴方ってコーヒー好きね
キスすると苦いコーヒーの味がするの
まだ苦いと思ってる私は子供なのかな?

梅の花が散る午後にも私たちは一緒にいれるかな?
人ごみで離れちゃいそうでも
強く手は握ってて
じゃないと、其の手がすぐにでも離れちゃいそうで不安なの

貴方の気持ちは確かめてはない
それにずっと一緒にいれる約束なんてしてないけど
いつかは私たちにも春が訪れて
二人は結ばれるのよね?
結ばれたいの!

誰よりも私のことを知って欲しいの
私の気持ちもわかって欲しいの
口の悪さや強がりは
精一杯の貴方のことが好きな証なのよ
だから、もっと愛して

307 :名無しにして頂戴:05/02/07 11:36:53 ID:???
コーヒーとカプチーノの違いを指摘すると一層グッとくる予感

308 :カプチーノ:05/02/07 11:46:10 ID:HIGjf2LP
カプチーノで丁度いい私はまだ子供かな?

みたいな感じ?

309 :名無しにして頂戴:05/02/07 11:48:03 ID:???
うん。ありがちな例えだけどさ。

310 :カプチーノ:05/02/07 11:59:50 ID:HIGjf2LP
アドバイスアリガトン



311 :名無しにして頂戴:05/02/07 12:02:44 ID:???
イエイエ
あと、林檎特有のえぐさ出すなら
あなたがいつも飲んでるコーヒー
わたしがいつも飲んでるミルク
キスをするとお口の中がカプチーノ天国

・・・ちょっとキモイな・・・シナモンないし。

312 :名無しにして頂戴:05/02/07 13:21:34 ID:???
559 :名無しにして頂戴 :05/02/04 16:57:03 ID:???
「今度逢う時はコートも要らないな」
      笑いながらそんな普通に云えちゃうのが理解らない

だけど私は
 「梅の散る午後にもちゃんと二人は
     今日と同じように人混みを擦り抜けられるかしら?」
なんて考えてしまう矛盾

冷たそうだけど現実的で、確実に約束をしてくれるあなた
情熱的だけど何にも出来なくて、夢みがちな私
あなたが大人であること、私が子供であることは明らか・・
その証拠に、いま会えていることにこんなにも喜びを感じて
それが全部表情に出ているのが自分でわかる・・

だけどお願い、もっといっぱい約束して!
明日にでも逢いたいって言って!
いつも遠回しな表現だけど、本当はただ逢って触れたいだけ
何処に行くかなんて問題じゃない
今すぐにでも大好き!!って云いたい

・・・でもあと少しだけ私の成長を待ってて
私がちゃんと大人になって、あなたと対等になれた時に云うから

それまで大人のあなたは、子供の私を可愛がっていてね。

313 :同じ夜:05/02/08 17:01:32 ID:???
私は所謂「優等生」貴方は所謂「劣等生」。
喋ったことなんてほんのわずか。
この狭い教室の中、お互いの存在に気づきながら
見てみぬ振りをして過ごしていた。

「いい加減にしろよ」「何様のつもり?」
そう言って周りの友達は貴方を嫌ってたけど、
自分を持っていない私にとって貴方の自由な立ち振る舞いは
すごく眩しく見えてたんだ。

ある日の放課後、貴方は誰もいない教室で夕日に照らされていた。
その透ける茶色い髪に見とれてその場に立ち尽くしている私に
気づいた貴方は微笑んでこう言った。
「ねぇ、一緒に帰ろっか?」

314 :同じ夜 2:05/02/08 17:02:20 ID:???
私の貴方に対する感情は単に「憧れ」だけだったのかな。
けれど私のつまらない日常を変えてくれた、その事だけは事実なんだ。

貴方はいろんな事を教えてくれた。
お洒落、化粧、お店、男の子との接し方・・・
他のどんな子と居るより何倍も楽しかった。
ふいに「彼氏とか作んないの?」
そう聴いてきた貴方。なんでそんな事言うのって少し悲しくなったけど
「貴方と居るほうが楽しいから」
その答えを聞いて貴方は片目を細めて笑った。
「私もあんたと居る時が一番楽しいよ」


315 :同じ夜 3:05/02/08 17:03:00 ID:???
冬の寒い日に2人でバカみたいに海に行った時、
はるか彼方を見つめながら貴方は何を思っていたの?
私はその横顔が余りにも淋しそうだったから思わず手をギュッと握った。
2人で手を繋ぎながら、夕日が沈んでいくのをただ眺めていた。
あの時の空と今の空は同じなのかな。

2人で海に行った時に貴方が思っていた事今なら分かる気がする。
全てを捨てるようにこの街を出て行った貴方。
私を置いて「好きな人」を追いかけていった貴方。

「今笑ってる?楽しい?幸せ?私の事忘れちゃった?
 ・・・あのね、貴方の事好きだったよ。」

いつかまたあの時みたいに笑い合えるように祈りながら
どうか貴方が幸せであるように願いながら
私はいつもと同じ夜を迎える。


316 :すべりだい @:05/02/09 03:54:49 ID:???
貴方が病気の時みたいに甘えた声を出している
そんな時は必ずあたしに何か後ろめたい事を感じてる時だって事ぐらい分かってるのよ。
全ての事を忘れ、寧ろ愛しいと感じる程にあたし達は身体を重ねる事を求め合った。
今までの二人なら喧嘩をする事も甘える事も全てが大切で意味を持っていたけど
いつの間にかそれすらただの当たり前の瞬間に変わってしまっていた。

そんな毎日の繰り返しの中で全ては終わってしまった。
想い返せばそんなに時は経っていないのに
育んで来た日々もお互いを思う気持ちだって
あたし達自身があの頃には戻す事の出来ない状態にしてしまったんだね。


317 :すべりだい A:05/02/09 03:56:45 ID:???
貴方はあたしの機嫌を損ねると何の前触れも無くキスをしてくる。
そんな事で全てをチャラにしようとするなんてむしがよすぎるわ。
今までだったら触れ合う事、重なり合う事でお互いを感じていたけれど
もう唯の満たす為の行為になってしまった。
あたしがどんなに繋ぎ止めようと足掻いてみたって
冷たく冷え切ってしまった二人には無駄でしかないもの。

もう二人の関係は暖かみを帯びていた頃には戻す事が出来ないんだね。
こんな惨事にももう慣れていたつもりでいたけれど何度経験しても無理みたい。
貴方を引き付けていたいが為に吐いてしまった嘘や
全てを知りたいと思う気持ち、其れ故に疑ってしまった事全てが
貴方との当たり前の生活に終わりを齎してしまった。

人には絶対に言えはしないけれど
近頃よくあの頃の事を思いだしては後悔したりしている。
あの時より少し大人になった今のあたしだったら貴方ともっと上手く付き合えたのに、
あんなに悲しい終わりに導く結果に成ったりしなかったのにって。
本当は心の内に溜まっているものを叫んでしまいたい
思い切り泣いて貴方の名前を呼びたいよ…
でもそれが許されない事だって位もうとっくに気付いている。
未だに過去に未練を抱いているなんて思われたくは無いから
二人で過ごした日々はもう過去の事と割り切って行こうと決めたの。
時間が全てを忘れ去らせてくれるのを待ちながら…

318 :依存症:05/02/09 11:00:28 ID:QyNMuECe
只貴方と長い時間過ごしたくて、貴方の車の鍵を冷凍庫に隠しました
隣で寄り添っていられるこの時間が幸せ・・・
寝るのがもったいなくて
夜中の二時・・・

何だか孤独を感じちゃって愛車に乗り込んで
品川をドライブ 港やっぱり静かね
もう、明け方の5時・・・

あたしがこのまま海に沈んでいなくなっても
誰も悲しむことはないでしょうね
そんなことはわかっているのに貴方の優しい言葉を待っているあたしは
どうかしてる 全て偽りなのに・・・


319 :依存症:05/02/09 11:01:43 ID:QyNMuECe
甲州街道が渋滞 もう日が昇ってる 綺麗ね
もう疲れちゃってるのに貴方がいるから何時までたっても
あたしは存在しなくてはいけない

どれ程に笑顔を作ればいいの?もう笑っていられない
貴方のいない夜はとっても孤独よ
けどあなたの優しい言葉と私を認めてくれる相槌
そんなことで私は「生きてる」って実感するの
貴方なしでは生きていけない体になってしまったの
貴方がいなくなってしまったらどうしたらいいのかしら?
依存しているのね

貴方に弄ばれながらも一緒にいたいと思うことはいいことなのでしょうか?
愛なのでしょうか?
いいえ 最後には笑いものになることはわかっているのでしょう
それでも貴方といたい私は病気なのでしょう・・・



320 :オルゴール:05/02/10 14:06:54 ID:9q8OTGGz
わからないよ・・・どうして貴方の気持ちがシャボン玉のように消えていったの?
愛って変わらないものだと思っていた
けど、変わらない気持ちなんてないことを今知りました
私たちはずっと一緒だと思っていたから
急に別れ話なんてするから驚いたよ

あの頃は幸せだったね
「手を繋ごう」って私の手をギュッってにぎってくれて
二人仲良く歩いたね
私は貴方とは運命なんだって思ったよ
ずっとこうやって手を繋げると思っていたし
貴方も私のそんな気持ち気づいていたでしょ?
それなのに貴方は私から去った

ねぇひとつだけ聞きたいことがあるの
あの時たくさん笑い合った事 喧嘩して涙だって流したよね?
それって全部嘘だったの?
全てが偽りなら私の存在は何?


321 :オルゴール:05/02/10 14:08:15 ID:9q8OTGGz
今でも私は闇にいて貴方を思っています
時は流れているのに私はあの頃と変わっていないよ
今貴方との距離をとても感じるの あんなに近くにいたから・・・
あんなに求め合っていたのに

ねぇ私のこと忘れないで欲しいよ
二人の写真や貴方との会話、私への言葉、心持はどこいったの?
全部捨ててしまったの?無かったことになってるのかな?
そうだとしたら、あの時の貴方は偽りだったの?そんなの嫌だ・・・

あの頃と全く変わらない景色を眺めて
貴方のこと思い出していたら
空から雨が降ってきたかと思ったら
自分の涙でした

ねぇ貴方から直接答えて
確かに私達って愛し合っていたよね?
全部あたしの想像だとしたら
事実を認めれないよ そんなの認めたくない
孤独になるのが怖い

ねぇひとつだけ答えて欲しい
あの時の幸せは嘘じゃないって・・・




322 :御祭騒ぎ(SF風味)1/5:05/02/11 01:19:31 ID:???
この地には珍しい疫病があったが、どういうものなのか詳しくは知らされてない。
知ってもすぐ記録を消去するようプログラムされている。
私の主は60年前に亡くなられた。
その疫病の研究の為に103年前に此処へ私を連れて来られた。
何でもない、寿命で死なれたのだ。
地下に作った住居兼研究室のベッドで今も眠られている(白骨だけども)。
もし亡くなられたらどうされるかは知らないのでそのままにして置かざるを得ない。
60年間、私はこの地下室に居る。

―耐久年月は200年丁度なので仕方ないが。

毎日、ただ部屋を掃除する。
同じような時間の流れ。
綺麗好きでいらした私の主の命令により。

323 :御祭騒ぎ(SF風味)1/5:05/02/11 01:20:37 ID:???
62年ぶりに天井の扉が開いた。
そこに居たのは少年だった。
多分、この辺りに住んでいるのだろう。
来訪者の方は私の主の方へ通さなければならないのだけれど、やはり死後の事は聞かされていない。
とりあえず放っておいた。そうするしかない。
少年は毎日来た。
そして私によく話しかけた。
名前や年齢を尋ねられたりもした。
私にはその様なものは無いのです、と言った。
しかし彼に意味は伝わらなかった。この地の文化レベルは少々低いらしい。
少年は毎日来た。
偶に私を外に連れ出そうとした。
でも私は外へ出てはいけないと主から言われている。
断ると彼は残念そうな、少し呆れたような表情をする。
少年は毎日来た。
滑稽な事を良く喋る。私を笑わせようとしたいのだろうか……

324 :御祭騒ぎ(SF風味)3/5:05/02/11 01:24:17 ID:???
(※また番号間違った……; 323は2/5です。)

その日の夕方、少年はいつも通りやってきた。
ただ少し変わった格好をしている。群青色のゆったりした衣を羽織っていた。
「君も着て」
彼は白の衣を渡した。日本の民族衣装を薄くしたような服だった。
「似合っているよ」
「ありがとうございます」
「行こう」
彼は私の手を引いた。
主から外へ出てはいけないと命令されている。
それに逆らうことはプログラム上絶対出来ないようになっている筈だ。

でも今日は、私は、外に行った。
命令に逆らうのは何故か怖くなかった。
外は林だった。そこを抜け出すと田畑が続いていた。
白い衣をたなびかせて少年について走った。
私はどうなってしまったんだろう?
もう時間が無いからなのだろうか?
でも、私は嬉しかった。私の主の御役にたてた時の様に。否それ以上に。
今日の私、やっぱりちょっとおかしくなっちゃうみたいだよ。
「ねえ、何処へ行くんですか?」
「そりゃ夏祭りに決まっ、……もしかして知らなかった?」
夏祭り! なんて偶然なんだろう、今日だなんて!
少しだけ記録している。お祭り……
実際はどんななんだろう? こんなに何かに興味が湧いたのは初めて。
私、やっぱりおかしくなっちゃったみたい。


今日は私にとって特別な日。
唯一心配なのは、間に合うかどうか。

325 :御祭騒ぎ(SF風味)4/5:05/02/11 01:25:47 ID:???
高い台の上で、誰かが太鼓を叩いて笛を吹いていた。
簡素な屋根のある店がずらっと並んでいる。
詰め物の綿を棒に巻きつけたような形状の砂糖菓子、水を震わせて奏でる簡素な笛。
鮮やかな色合いに染め上げた雛、レプリカだらけの展示小屋。
私達と同じような衣を着た人々の間をすり抜けて歩く。
ただ、それだけなのに何でこんなに楽しいんだろう?

しばらく歩いた先、人通りの少ないところへ彼は私を連れて行った。
段差に腰を掛ける。遠くから見る夏祭りも楽しい。
「ここで待ってて」
彼は言って、私はうなずいた。
しばらくして帰ってきた彼は何か買ってきたようだ。
林檎に赤く着色した水飴を絡めた食べ物――これは私も名前を知っていた。
「これが林檎飴なのね?」
「食べたことないんだ? 一つあげるよ」
彼は私に林檎飴を手渡した。
渡されてもなぁ……だって私は人間じゃないのよ?
でもちょっと美味しそうね。
美味しいってどんな感覚なのかは知らないけどさ。
一口舐めてみる。
「甘いー……」
おかしいよね、味覚を感じることなんて出来ないのに!
でも甘いという味があるならきっとこの味じゃない?
真っ赤な林檎飴。血の色ともワインの色とも違う赤。
「甘いもの嫌い?」
「ううん。大好き!」
私は残さず食べちゃったの。……大丈夫かな?
「もうすぐ花火が始まるんだよ」
花火もきっととっても楽しいものなのよね!
彼は私の隣に座った。
手を握って肩を寄せた。
そして私の着色料で染まった口に自分の唇を一瞬触れさせた。

326 :御祭騒ぎ(SF風味)5/5:05/02/11 01:27:04 ID:???
こんなに一秒が長くって短くって、
こんなに嬉しくって可笑しくって、
こんなに元気で生き生きとなって、
こんなに自己中でナルシになって、
何て私って幸せなんだろう!
自分の笑った顔が可愛いなんて初めて分かった。
この時代に生まれてよかった。
だってこんな素敵な人と出会えたから!
御主人様、今日はお掃除さぼってごめんなさい。
でも許してね、お土産があるの。
ちっちゃな金魚。金魚すくいで2匹すくえたの。初めての割にイイ感じでしょ?
彼、今カキ氷の青いやつ買いにいってくれてるの。
私って甘いもの大好きだから。
林檎飴、またいっしょに食べたいね!

あ、帰ってきた! 
花火見よう? もうすぐ始まっちゃうんじゃない?
ねえ、走ってきて。
お願い。早く来て!



せめて花火だけでも見たかったな。
私、完全におかしくなってる。
やっぱ老朽化のせいかな?
今日は私にとって特別な日。


200回目の誕生日。

327 :名無しにして頂戴:05/02/11 01:29:41 ID:???
投稿してから見たら長すぎるなコレ・・・。
フェードアウトだったら絶対ハッピーエンドにしてたのですがw
馬鹿の一つ覚えにならないようにSFはクドくならない程度にしときます。

あと前の茎SFに嬉しいコメント書いてくれた方ありがとうございます!
(ストレートに現代叙情小説書くと他の皆さんに逆立ちしても適わないような気がしてきた……w

328 :名無しにして頂戴:05/02/11 02:39:41 ID:???
メイドロボかよ(・∀・)イイ!!

329 :名無しにして頂戴:05/02/11 13:57:16 ID:AxsUsDWT
Σで希望

330 :名無しにして頂戴:05/02/11 20:51:53 ID:d0ge/94p
Σです

あなたは私に「裏切った」っていう
だから私はいつも自分を変えている
私が本気で取り組んでる事はあなたの幻覚をなくす事

あなたは電話で結婚の話を進める
私は送話口を手で押さえ
いつも私の夕食に文句を言うあなたの母親に呪いをかける

私はあなたにふさわしくない
子供のオモチャじゃないの
あなたの支配に疲れた
私を統制しようというあなたの情熱に疲れた

あなたへ 言いたい事があるの
私は綱渡りのようなスリルを味わいたいの
私の気持ちはすでにあなたの元から離れている
私は自分で生きていく
わずかな安らぎが欲しい
だからあなたにさよならと言う 「さよなら」

もしあなたが純粋で欠点のない人なら
あなたに従う事も苦でなかっただろう
私の気持ちはすでにあなたの元から離れている
私は自分で生きていく
わずかな安らぎが欲しい
だからあなたにさよならと言う 「さよなら」

ほぼ和訳しただけなんですけど

331 :名無しにして頂戴:05/02/14 17:17:33 ID:9zo9FLbE
真夜中は純潔キボン

332 :真夜中は純潔:05/02/15 08:38:32 ID:0NCyT7zi
貴方って本当に素敵 「逢おうよ」その一言で私は嬉しくて
洗い立ての髪とともに貴方の元へ飛んでいきます
カシス色の真っ赤なネイルは してるときの二人の粘膜くらい潤んでる

「ねぇ、ワイン注ぐなら口移しで飲ませて!グラス何かよりも
貴方の其のお口に注いで欲しいの」

「段々体も火照ってきたし、始めましょうか
私達の関係って体だけよね?けど
貴方には服従よ
私だって、簡単には抱かれたりしないわ
ちゃんと相手は選んでるつもりよ
貴方以外にはありえない・・・
今夜はいつも以上に攻めて」


333 :真夜中は純潔:05/02/15 08:39:35 ID:0NCyT7zi
本当に時々だけど凄い孤独と寂しさに襲われるの
貴方の体だけは何でも知っているのに
それ以外は何も知らない私・・・
やっぱり、そういうお付き合いなんだもん
しょうがないよね

「もっと私に恥ずかしいこと言って攻めて
貴方の香りをもっと味わいたい
もっと強引に突き動かして
シーツにしわが寄るくらいに・・・
やっぱり、、、貴方のことが好きになってるようね」

闇とともに貴方とやってる私って・・・
けど、貴方のことを愛しているからよ
貴方は私の体しか興味ないようだけど
そんなこと知りながらも体を張っている
そんな私って純潔よね


334 :名無しにして頂戴:05/02/16 00:08:15 ID:???
>332->333
GJ!真夜中は純潔を聞きながら読んだよ(ハァト

335 :関係ないので逝ってくるが:05/02/16 04:00:29 ID:HBfJvXbj
口移しって、実際にやるとはきそうなくらい生暖かくて気持ち悪いよな
思い出しちゃったよ、うええ……
真夜純乙。

336 :真夜中は純潔:05/02/16 08:28:57 ID:9xIc5YAo
レスありがとう
うまく伝えること出来なかったけど、
こんな感じでよかったのかな?
林檎と同じ射手座だからなんとなく林檎の歌詞の意味が伝わってくるw

337 :名無しにして頂戴:05/02/17 11:36:14 ID:9tYS+MLh
あー、今の少女漫画がすごいですね、
小学六年生って雑誌ではセックス特集だって!

馬鹿なガキどもが
覚えたらやって。
まあ出せば気持ちいいもんね。
そうやってばんばんヤッてください。

ってか恋愛する前にセックス覚えてどーすんの。
え?゙ちゃんと清い純愛してますよ〜゙って?
あーそう、そうなの。
そう言うならすこぶる健全に見えますね。

で、しばらくしで飽きだ゙冷めだ?
猿みてぇなクソガキが。
おまえ等の恋愛なんてそんなもんだ。
もうなんだかわからないね。

え?゙いずれ経験するんだし自然なことだよ゙?
そうたいそうな事言って、
雑誌の迷信やら興味にせかされただけなのにね。

338 :名無しにして頂戴:05/02/17 11:40:31 ID:???
>>337
世の中は常に変わっていくんだよ。おまえ歳とったら『今時の若いもんはダメ』とか言いそうだな

339 :名無しにして頂戴:05/02/17 11:45:05 ID:???
ほーら、見てなさい。
性病蔓延 モラル低下
このかわいい子ちゃんもすぐヤるぞ、ほらヤるぞ?

メディアは処女はださくて早くやらなきゃって教えてる。
さあさあガキ共早くやってしまえ。

別に嫌じゃないんだよ、愉快愉快。
見させてもらうよ、
若者達が芯を崩していくのをねw



と、斜めに取ってみましたw

340 :名無しにして頂戴:05/02/17 11:46:28 ID:???
>>338
すみません、


341 :名無しにして頂戴:05/02/17 11:57:48 ID:???
イカれた事情
其れも真実なり


342 :名無しにして頂戴:05/02/17 12:11:41 ID:DCqVPgfV
こわいなww

343 :名無しにして頂戴:05/02/17 12:12:54 ID:???
あ、ちなみに教育の曲です


344 : ◆7KdroQNwi. :05/02/17 13:32:46 ID:???
>>337
ワロタ

345 :とりこし苦労 :05/02/17 17:47:12 ID:C+7hBDSB
ああもう、しつこいわね。
この際だから全てぶちまけてあげる。
しらないでしょ?
自分で思ってるよりあんたはずっといい男なの。
あんたが思ってるより私はあんたに惚れてるの。

あんた自分が「髪の長い女が好き」って言ったの覚えてる?
あれから私、髪を切ってないのよ。
どう言うことか分かる?
つまりそれだけあんたに惚れてんの。

口にしなくても察してよ、それくらい。
こんな事私が言ったなんて友達に話したりしたらおこるからね。

・・・ああもうっ!
なんか真面目に語っちゃったじゃない、はずかしい。
こんな事わざわざ言わせないでよ。
言っとくけどもうこんな事わざわざ言ったりしないから。

後はだまって私を信じてなさい。



346 :真夜中は純潔:05/02/17 18:08:10 ID:???

洗ったばかりの黒髪は、匂いが強くて意識さえ飛んでしまいそう
カシス色に染め上げた爪を見ていると、貴方との事をただ思い出してしまう

私を酔わせるワインなら、貴方の其の口から受け取りたい
飾らないままの言葉を、貴方の其の口から聞いてみたい

始めましょう 安易な脆いこの関係を
簡単に私を選んで服従させ、簡単に興行をする
私は今夜ただ 攻められるだけの快楽が欲しい

ほんの時々理由も無く 相手に関わらず言いなりになる場合もある
近いようだけれど所詮は他人 それ以上は望まない
それが時々寂しくなる時もあるけれど それ以上は何も無い

快感だけの言葉に辱められたい
強い其の匂いと 強引なやり方で攻めて
ねじ伏せて突き上げたら私はひたすら溺れるという 
それだけの行為を貴方は選ぶ
私は今夜ただ それを選んだ貴方に相手をして欲しい

いくらどれ程の人間に巻き込まれ、抱かれ、汚れたって
私は純潔な私のままであり、貴方に選ばれる事に変わりはない

愛だとか言う形を手に入れたい訳ではなく
割り切って貴方に接し、抱かれているだけ
そうやって今夜も欲を持った私は選ばれる
貴方と、貴方との快楽を欲しているだけ



347 :駅前 :05/02/18 09:49:04 ID:pXIVlCJB
大学で同じの貴方が泣いてる・・・なんでだろう?
私死んでしまったんだね・・・
ねぇねぇ、私は此処にいるよ
いつもの通学路の歩道橋を渡ってるよ
あなたには見えないかも知れないけど
私はちゃんと此処に存在しているからね
姿見せれないけどあなたのことは今も思っているよ
鼓動伝わらないかな? ほら

改札口の付近に掲示板あったでしょ
よく待ち合わせる時に書き込んだね
あの場所に行くよ いつもの道路を渡ってるよ
やっぱり貴方はいた
体のない私はもうあなたと待ち合わせることは出来ないけれど
心はずっと其処に置いておきます
私はもう叶えられないけど
あなたはこれからも自分の夢に向かってがんばって
応援してるよ
ねぇねぇほら、今すれ違ったよ!わかったかな?
貴方は生きてる・・・
貴方が私のこと忘れないでいてくれているから
私は「此処に存在している」ことを
伝えていたんだよ 今日

348 :名無しにして頂戴:05/02/18 18:30:12 ID:ecHXUjEQ
映日紅の花

「もしもし?そろそろ逢いたいな。」
「うん。いつでも私は貴方のお帰りを待っていますよ。庭には花菱草が咲きました。」
何時何時出やる〜後ろの正面♪
「息子も元気で今友達と遊んでいますわ。」

「もしもし?お変わりはないですか?」
「えぇ。貴方がいないという変わった事以外は何も変わりはないです」
「今年も貴方がいない夏が来そうね」
何時何時出やる〜後ろの正面
「息子も元気で変わりないわ」
貴方を待ち望んで待ち望んで
もう良いでしょ?私達一緒に暮らしたいの。

電話を切ったあとは
なんだか悲しくなって
単身赴任しているあなたに逢いたくなる戸惑いを隠すため、空に仰いで
紛らわす。
[置いていかないで]さみしいよ。
空は夕方になって、綺麗。夕ご飯の支度して
今日も息子と二人での夕食。

夫が傍にいない私は
女として枯れても貴方を永遠に愛せる純粋な人間だわ。
そんな私のような女をさみしくさせる貴方は罪な人。
まだ蕾にもなっていない私だけど貴方が仕事から帰ってくる日までには
魅力のある私に成ります。
だからもう悲しいが口癖になる私にさよなら。
変わりないよう、今日と明日も結びます。

349 :真夜中は純潔:05/02/18 19:13:23 ID:???
開いたバスルームから薫る洗い立ての黒髪、貴方が上がったんだわ。…嗚呼今にも飛んでいきそう!なんて、ベッドに犬みたいに繋がれちゃって、出来やしないんだけど。

差し伸べてくる指先、そのカシス色の爪が既に潤んだ二人の粘膜みたいじゃない。
ごめんなさい、サービスとばかり優しい顔して差し出された上質のワイン――ホントは貴男の其の口でダイレクトに注いで欲しかったのよね。そのくらい私は堕ちちゃってるみたいなんです。

時間がないわ、さっさと始めましょ。貴男がご主人様、私が牝犬。見世物小屋みたいに耳元で鞭が唸る。
観客は貴男と私、芝居がかった台詞の応酬
「許さないでください!私は今夜、ご主人様に責められたいんです!」


SM推奨出会い系サイト。

こんなふうに純粋に、理由も無く、誰かに服従できる関係なんて他にあるのかしら。あたしの旦那なんて近いようでも他人みたいなモノ、それ以外なんにもない、寂しいったらありゃしないのに。
でもいいわ、金曜日の約束に張り切って化粧して、飛び出した昼の街と素敵な貴男、ホテル、セックス!


ねえ、もういいから…

350 :名無しにして頂戴:05/02/18 20:32:35 ID:gPL/Kd3C
依存症

安らかな寝息を立てて眠りたい、そう思ったので
勝手に貴方のもとへ行こうとする体を押さえ、車のキーを隠したのです。
うとうととしては現実に引き戻され、不条理な現実と戦います。
・・・いつの間にか夜は更け、時計は2時を指しています。
シャーベッツのロゴが溶ける、愛用の黄色い車。
まだ暗い、明け立ての夜に良く似合う車です。
・・・そんなことを思っているうちに、時計は5時を指します。
私が、このまま何もせずにここで朽ちていこうとも、何にも影響はありませんし、
誰も気には留めないでしょう。
そんなことはないよ、と、唯一私を慰め、相槌をうってくれる貴方だけを
望んでいる私は、きっと何かの病気なのでしょう・・・。

351 :名無しにして頂戴:05/02/18 20:35:56 ID:???
みんな天才じゃ。漏れは感動した

352 :名無しにして頂戴:05/02/18 20:54:04 ID:???
>>347が良い(´∀`)

353 :名無しにして頂戴:05/02/19 01:23:05 ID:???
>>347
すげーーー 新解釈!

354 :名無しにして頂戴:05/02/19 01:23:51 ID:???
>>338
おまいは時代に流されて自分を見失わないように気をつけれ

355 :名無しにして頂戴:05/02/19 08:11:21 ID:???
≪347
似たようなのガイシュツ…

356 :駅前 パート2:05/02/19 08:51:56 ID:T/v7VhnO
中堅ハチ公物語に近い感じw犬の話

大学の友達が泣いてるよ
貴方はこの世に生をなくしてしまったみたいだね
もう僕といつもみたいにボール遊び出来ないんだね
いつも散歩道の歩道橋を渡っていくよ
貴方が其処にいるのは僕にはわかるんだ
だから、僕の鼓動を伝えているんだ ほら
聞こえるよね?

改札口の前の掲示板のところでよく待ち合わせたね
僕は貴方に何かあったらいけないから
何時も迎えにいったね  頼もしいでしょ?
聞こえるよ
貴方が僕のこと「大好き」だって声
もう、ボール遊びしてもらえないけど
僕は平気だよ
一人で散歩もできるよ
ほら 今またすれ違ったね
何時までこんなところをウロウロしているの?
早くお家に帰ろうよ
貴方がずっと鼓動を揺らすから
僕も此処にいないといけないんだよ
今日も





357 :名無しにして頂戴:05/02/19 14:30:38 ID:???
何か詞を改変してるだけじゃね?
前スレはよかった

358 :名無しにして頂戴:05/02/19 15:17:07 ID:???
じゃあ357も考えてみなよ

359 :名無しにして頂戴:05/02/19 17:23:17 ID:???
>>385
何故?

360 :名無しにして頂戴:05/02/19 19:18:56 ID:???
>>385は必ず疑問を持たれる様なレスをするように。

361 :本能1:05/02/21 03:05:33 ID:???
何故この人間の歴史の中に言葉とというコミュニケーションの手段が生まれたんだろう?太陽・酸素・海・風 五感で感じ取れるものだけで充分だったはずなのに。ちゃんと気持ちを伝えられないなら言葉なんか意味を成さない。

自由に会えないから淋しいのはお互い様じゃない。それでも会った時に無意識に体を重ね、互いを哀しみを慰め合う事は世界中の誰も責める事は出来ない。二人の邪魔な関係を全部解消して気持ちに素直になりましょうよ。

たまに出る私の意地は何なの?“今更離婚して”なんて言えない…とかグズグズ考えてないでもっと答えを急かせばいいじゃない。貴方ももっと焦らせて。自分で操縦出来ない程、愛させてよ。貴方が操縦してくれないと理性が働いてしまう。

“もうどうなってもいいや‥”と思わせる程綺麗な月。私が奥様に負けているという世間の目、私が愛人であるという現実、一度全部忘れてみたら少しは楽になれるかしら。とりあえず煙草に火を点ける。



362 :本能2:05/02/21 03:08:01 ID:???
事が終われば、貴方は家に帰るから私は寂しく残される。一人になって考える事‥こうなったら、貴方が誰よりも私を愛していると根拠のない事柄だけを信じながらこのまま死んで行くのもいいかもね‥そんな時ふと脳裏によぎる。

鋭い目線。そうか、私が何より愛しているのはあの目だった。あの目を持つ貴方を手に入れたい。

『妻とは別れるよ』
あのねぇ、どうせ守れないなら最初から言わないで。そういうつまらない気休めが一番苛々するのよ。関係がどうであれ、私は貴方とずっと一緒に居たいの。

そりゃ、私だけのものになってくれれば、それに越した事はないけど。でもどうせ今日も私が目覚めたら貴方は横に居ないんでしょ?口では強気な事言っても結局家庭を捨てられない。

煙草に火を点ける。
‥どこか永遠に夜が続く場所はないかしら?

363 :名無しにして頂戴:05/02/22 09:20:19 ID:???
皆さん
観てるかどうか知らないけど、ドラマ「Mの悲劇」の内容と遭難の歌詞がぴったり合う


364 :名無しにして頂戴:05/02/23 14:10:57 ID:???
>>345
「だまってついてこい」はピストン運動のことでは?

365 :名無しにして頂戴:05/02/26 20:26:45 ID:IdfwcvS1
?

366 :サカナ:05/02/28 14:32:04 ID:???
例えるなら、世界は水槽。
そして私はその中で泳ぐ小さな魚。
でも他の魚達と違って、小さくて、色も美しくない。くすんだ色で、寧ろ薄汚い位だわ。
こんな私でも、二十年と少し生きてきた。
でも、どうやってこの水槽の中を生きてきたのかよく思い出せない。
そして、これからもこの薄汚い姿のままここで泳ぎ続けるのかしら。
そんな事を考えて、毎日毎日不安だったの。

そんな私を、貴方は見つけてくれた。
沢山いる綺麗な色の魚の中から私を見つけ出してくれた。
嬉しかったわ。
でも、貴方の口から零れる言葉には、秘密の思枠があるように思えて仕方がないの。
愛していると言う言葉でさえ、逆に私を不安にさせる。
でも貴方の傍は心地良くて、とても泳ぎやすい。
ねぇ、このまま貴方と泳いでいていいのかしら?

貴方は私をどう思っているの?
こんな汚らしい体の私を、どう思っているの?
キスで誤魔化かさないで。
ちゃんと教えて。

367 :名無しにして頂戴:05/03/03 22:01:27 ID:tULzoOei
最後の朝
もう帰らないと知った夫の
越えられぬ夜の恐怖いろ


って聴こえる

368 :名無しにして頂戴:05/03/03 22:07:41 ID:jVupC9JQ
367>>本当だ!!

369 :名無しにして頂戴:05/03/03 22:43:04 ID:???
>>366
全く違うだろ

370 :母国情緒:05/03/03 23:08:28 ID:jVupC9JQ
この季節の色を、この雲の色を、貴方も感じているのだわ。
ただ見つめていることしか出来ない、手の届かないくらい遠い存在の貴方だけれど、
確かに私と同じものを共有している。
この事実だけでもう、私は何も要らない。


ただ、ただ一つだけ望みが叶うというのなら、
貴方と言葉を交わしたい。
この国の言葉で、貴方と同じ、国の言葉で。

371 :名無しにして頂戴:05/03/05 00:25:45 ID:TcxIc+PJ
>>170-173
長いから飛ばしてたけど、さっき初めて読んだら泣けますた。。

372 :茎―1番!:05/03/06 00:43:39 ID:SLHAu6t7
どんなに堅固なものであっても、絶対的なものだとしても、
それが崩れることなどないという言い分は、
ただの虚言にしか聞こえない。

「命」でさえそうなのだ。
生まれ、慈しまれ、育ったとしても、
いつか―歴史の片隅にも満たない短い一時の間に―必ず、
物も言わずにこの世を去っていく…。
ふと気づくと悲しみが私の中に去来する…

「命」、それは、現実なのに、不確かな事象。



373 :茎―2番!:05/03/06 00:44:36 ID:SLHAu6t7
私という存在、そしてこの世界は、永遠に感じるかもしれないけれど、
やはり、真っ赤な嘘としか言いようがない。

考えればそんなことはすぐにわかる。
でも、だからこそ、
それに打ちひしがれて泣いてみたり、
希望を失って戸惑ったりしてはいけない。
生を受けたからには、こうして地に足をつけているからには、
受け入れてまっすぐ前に進んでいかないと。
それは、残酷なことだけれど、次第にわかってくる。
それでも、辛さに魘されている自分が居るのは、何故…。

…現実は、都合のいい夢なの?



374 :茎―大サビ!:05/03/06 00:45:10 ID:SLHAu6t7
宿っても、産み落とされても、
命はやがて無に回帰する。
真実はそのとおり。
でも、今日からは、新たな生命に、祝福をもって迎えてあげたい。
一つだけの、大切な、大切な生命が、
奪われることなく、大きく育っていって欲しい。
私は、打ちひしがれて泣き伏せたり、
苦しみに戸惑いを覚えたりはしない。
「命」を守るには、
意志を翻さずに、つまずくこともなく、進んでいかないと。
世界中の尊い命が、存在しうるなら、
何もいらない。
命という、儚いおぼろげなものそれだけでいい。
だから、どうか、どうか、誰か…

まずは、私が先陣を切って、突き進んでいく…。


375 :名無しにして頂戴:05/03/06 21:35:45 ID:???
リンゴカタログ「十八、九の女子は」までで挫折
さすがに無理があったか

376 :名無しにして頂戴:05/03/07 02:44:11 ID:9jkUyuRm
hageotu


377 :名無しにして頂戴:05/03/09 00:20:45 ID:/4Q6348t
>>375
途中まででいいから見せてくれ

378 :satsuki:05/03/09 17:08:24 ID:???
  [遭難]
 この想いに気づいてからこうして体を重ねているけれど
別れが来るその日まで 抱き合う事しかできない私達

あまり求め合い過ぎると 奥さんに気づかれてしまう
ほどほどにしないとね・・あなたが好きだから拒んでいるの

あぁ・・でももう駄目だ 禁忌をすでに犯している
自分がコントロール出来ない どんどん貴方に魅かれていく

今日も別れ話を切り出してみた 貴方は言う「愛している」
その言葉が私の心で育ってしまう それは私も同じ気持ちだから
別れなければならない。もともと気まぐれで始まった関係
頭では分かりきってるのに別れられない
今ならまだ間に合うのかしら? (誰か助けて!)

379 :satsuki:05/03/09 17:25:13 ID:???
(続き)
  
家へ帰りたくないと言う貴方 冷え切った家庭だと言う
だけど私は言う 「帰りなさい」
今のこの関係を壊したくないから

いや、いっその事壊してみようか?何もかもめちゃくちゃに壊して
貴方の家庭を壊して 貴方を奪い取るの
そんな考えにひたすら溺れる

ただ求め合いむさぼるように抱き合うの いけない事だと知りつつ
あぁ・・貴方を無くしたら私は自殺するでしょう
狂ってきている私に薄々気がついてるはずだわ 
それでもこうして微笑み合っている まだ真昼、時間はまだある

「離婚するよ」
このネイルよりも赤い、真っ赤な貴方の嘘が悲しい
私は聞こえなかったフリを続ける だってそんな勇気があるはずもない
無理やり笑顔を作って私は言う
「さぁ・・帰りなさい」

私だって本音を言えば離婚して欲しい でもそんな事言えるはずないじゃない
彼にもこの想いは気づかれてはならない

あぁ!!狂い始めている自分が疎ましい
もう終わりにしよう。次こそ必ず・・・
どうして私達こんなになっちゃったの?
「出会ってしまったから・・・」

380 :サカナ:05/03/09 22:00:38 ID:???
此所は遊廓。
女として生まれて二十年、私は物心ついた時から此所にいる。親の名前も顔も覚えてないけど、そんな事は珍しく無い。
此所にいる娘達は、皆両親から捨てられたり、売られて来た子ばかりだから。
私に与えられた地位は、『太夫』。遊女の中で最高の位。でも幾ら気取ってはみても、所詮は遊女。
女という物を売り物にする、汚らわしい生き物。
此所でずっと生きていくのかしら。
それとも、いつか…。

そう思うだけ無駄なのは分かっているのに。



「愛してる」
今晩のお客様は、とうに五十は越しているだろう、白髪頭の目立つ方。私を気に入ってくれているらしくて、三日に一度は買いにいらして下さる。
甘い言葉を囁いて、繰り返される接吻。
「お前は最高の女だ」
うっとりした顔で呟く。

最高って何が?
私の何を知っているのかしら。教えて頂戴。
体以外、必要無い癖に。ねえ?

首に腕を絡めて、今度は自分からその唇を塞いだ。



私が生まれた意味等、恐らく始めから無かった。
誰にも必要とされず、間違って生まれてきた存在なのだから。
その証拠に、ほら、何と此の体の汚らしい事か!

嘆く言葉すら、馬鹿らしく…。


381 :サカナ2:05/03/09 22:03:08 ID:???
今晩のお客様は、まだ二十代半ばの青年だった。身形はきちんと整えられていて、いい所のご子息、という感じだ。
そもそも太夫を買おうというのだから、お金はある筈。
しかしこういう所に慣れていないのか、部屋に入った時からずっとそわそわしている。
そっと袖を掴むと、彼の体が大きく揺れた。
「…接吻を、」
上目遣いに見やる。
全て、此所で身に付けさせられた技。
男をその気にさせる為の。
「…」
しかし彼はじっと私を見つめたまま、動こうとしない。

怪訝な顔をする私に、彼はやっと口を開いた。
「…君は、どうして此所で働いているの?」
驚いた。
今までも、そんな事を聞かれる事はあったけれど。
ある時は好奇心から、ある時は同情心から。その度に私は客の欲求を満たすように答えていた。
今回も同じように、思い切り儚さを含んで、同情を買うように縋ればいいんだ。頭の中ではしっかりと計算が済んでいた。
「…」
でも、言葉が出なかった。
彼の澄んだ瞳には、好奇心も同情心も、カケラも見られ無かったから。


382 :サカナ3:05/03/09 22:04:48 ID:???

そして彼は結局、何もせずに帰ってしまった。
ただ楽しそうに、ひたすら自分の事を話して。家族の事、仕事の事、此所には友人に連れて来られた事。
どれも私には新鮮で、楽しい話ばかりだった。
誰かの側で安心して眠れたのも、初めての事だった。


彼は私を、認めてくれたのだ。
ただの性欲処理器ではなく、中身のある人間として。

生まれて初めて、生きている喜びを味わえた気がした。





今夜のお客様に、聞いてみる。
『外の世界』の事を。
どうしてあの人は、あんなに眩しい?
私もいつか、あの人と同じ世界へ?

「愛してる」

答えが返ってこない事は分かっている。
初めから期待もしていない。


ただ、これだけは分かった。
私は、彼と同じ世界へ、行きたいという事。

383 :名無しにして頂戴:05/03/09 23:05:58 ID:???
>>378
そ・・その名前は・・・

384 :satsuki:05/03/10 17:36:23 ID:???
>>383
前スレで書き込んでましたw
もしかして貴方は・・・・

385 :名無しにして頂戴:05/03/11 00:01:51 ID:IwYkE3jX
そうですわたしがへんなおじさんです

386 :リンゴカタログ:05/03/11 02:04:32 ID:???
ねえ見ている? ほら、少し熱があるみたい
それに何故か空耳までうるさいぐらい聞こえるの。
これって病気かしら。

既成の概念だと、18,9ぐらいの女子は端麗で真摯 それって至って普通。
けれど私みたいなタイプはどう?

 「私は大人になったとしても、貴方と結婚するつもりはないわ。」
 「ただ、今貴方と居るだけで幸せ。」
 「心配しないで。家には一人で帰るわ。」

病気なんかじゃない。私は妊娠していた。
貴方には気付かれないよう、私は貴方から去ろう。
「もう何も要りません。」


私は気紛れな猫の目で家路へと着く。
貴方の存在も、私の妊娠も、何事も無かったかのように。

387 :すべりだい:05/03/15 13:22:46 ID:s89tzaFb
あなたが少し高めの声を出す時は、必ず私に何か隠してる時だよね。

夏、秋。お互い恥ずかしがりながらいちゃついた。
冬、春。会えばその場をやりすごす様になっていた。

その頃からもう駄目だったんだろう。季節は巡り、また秋が来た。1年ちょっとも付き合ったのに。
誰が悪い訳じゃなく、あなたと私が悪いのよね。

あなたが突然キスなんかくれるのは、私が機嫌を損ねた時ぐらいだった
この時に全てが終わったんだと思う。どんなに状況も平気だったけど、嘘を付いたり詮索したり…。もうほんとに最後だったんだね。

最近は後悔してるんだよ。今の私だったらあなたとうまくやれる気がするんだ。なーんて口が裂けても言えないけどね。

せめて泣きたい。でもそれも未練がましい気がするから、このまま時が経つのを待とうと思う。

388 :スベり台:05/03/15 15:08:37 ID:???
今日は目出度い日だ。
入社七年目にして、ようやく部長に上がることが出来た。
だが皮肉なことに、今日はお前と別れた日でもある。
今でも昨日のことのように覚えている。

最高に相性の合うやつだと思っていた。
二人なら何でもできる、怖いものなんてない。本気で感じていたんだぜ?
漫才中であっても、声の変化でお前の考えなんて見抜けた。
嬉しいとき、淋しいとき、お前のボケは毎回違った。
「コンビ解消したい」って打ち明けてきた時だって、言われる前から何となく解っていたんだ。

本番では緊張して死ぬほどあがったり、自分達の不甲斐なさに逃げたくなる毎日だった。
だけど理由もなく、俺たちは漫才に全てをかけてきた。
客席が凍りついた日や、初めて笑いをとれた日・・・それも今となっては思い出か・・・。

俺たちが築き上げたものは全て崩れ落ちた。
当たり前にウケない客席には慣れていたけど、その時ばかりは全てを投げ出したくなった。
俺はそんなことも糧にしてお笑いを続けるつもりでいたが、お前にはもう限界がきてしまったのだと悟ったよ。
お前は言っていた。
「俺たちが得意とするこの手のネタは受けない。」
そんな事は、俺も勘付いていた。

馬鹿みたいだが、今更悔やんでばかり居るんだよ。
どうして解散の話が出たとき、すぐに肯いてしまったのか、って。
今の俺だったら絶対にお前と面白い笑いを作り上げられる気がするんだ。
こんな事、誰にも言えないけどな。
許されるなら今からでもお前に電話して、やり直したいとさえ考えている。
・・・だけど、あの日で全ては終わったんだ。
拘っていると思われないように、今は客としてあの劇場に観にきているよ。
あの頃の二人のようにスベっている若い芸人を。

389 :スベり台:05/03/15 15:11:41 ID:???
>>384
たぶん想像通りですよ!
応援してます!

390 :幸福論1:05/03/15 16:55:19 ID:Pzl9mqab
初めてここにカキコします。駄文なのはお許しを…。


君にであって、あたしはしあわせが欲しくなった。
君を愛し、君に愛されるしあわせを。

君の強さも、隠しがちな弱さも、あたしはだいすきで、
そして笑ったり、泣いたりする君をいとおしく感じるのです。
君のそのすべてを手に入れられるなら、あたしはこの今を生きる時代の流れも、
だいすきなこの空の色もいらないのです。
君があたしの生きる糧なのです。




391 :名無しにして頂戴:05/03/15 17:07:03 ID:4gfpLEt/
>>390ちょっと違くない?手に入れるんじゃなくて遠くから見守ってるんだとおもう。ここに生きてるという真実だけで幸福なんでしょ?

392 :幸福論2:05/03/15 17:07:35 ID:???

君を愛し、君に愛されるしあわせは、
目に映らなかっただけで、すぐそばにあったのに気づけなかった。

でも、あたしのこの手は、君を見つけてしまうだけで
こんなにも緊張してしまうのに、
あたしのこの手は君のその手とつなぎたいと思っているの。

あたしは君の話す言葉や、君の考えてるコト、君のすべてをいとおしく感じるのです。
あたしは君のすべてを守る為なら、何でもしたいと思っているのです。

すべては、君がここに生きているというしあわせがあたしの中にあるから。


…すみません、ほぼ歌詞まんまですorz


393 :名無しにして頂戴:05/03/15 17:08:59 ID:???
なんかスレ内容をよく理解してなかったみたいです;
全然ストーリーになってませんな…

394 :名無しにして頂戴:05/03/15 17:10:57 ID:4gfpLEt/
>>390あと、時の流れと空の色に頼らないようにするって事なのでは?

395 :390,392,393:05/03/15 17:12:09 ID:???
「しあわせ」が途中で矛盾してたりしてます…orz
>>391
そのほうが解釈しやすくなりますね…グフゥ

396 :名無しにして頂戴:05/03/15 17:17:09 ID:4gfpLEt/
>>392かじかむ指の求める物=寒い手が欲しがる物。あたしが温かいと感じていたのは見慣れた君って事では?または、何かがあった時にすぐ頭に浮かぶのが君という事なのでは?

397 :名無しにして頂戴:05/03/15 17:24:59 ID:???
別にまんま解釈しなくてもいいんだよ

398 :satsuki:05/03/15 19:23:08 ID:???
>>389
ご・・ご主人様・・?うわぁぁん(泣)嬉しいです!
(分からない方々お許しを)やっぱり素敵な解釈をされてますね!
下僕の私には嬉しい事です。


399 :名無しにして頂戴:05/03/15 20:32:47 ID:???
ttp://www.toshiba-emi.co.jp/ringo/rat/014/014_1.htm
ここって参考になりそう

400 :名無しにして頂戴:05/03/15 20:35:36 ID:???
よく見たら公式サイトだった・・・orz

401 :名無しにして頂戴:05/03/17 21:21:08 ID:cJjWFYOk
入水願い

それは口に出せば至極簡単な事で。
実際にするとしても同じ事。

「死にたい」
「じゃあ死のうよ」

ひどく単純なやりとりの結果、あたしは男を乗せて深夜の県道を走っている。男は何時の間にか眠ってしまった。小さい子供みたいに。
…この男は本当に、私と一緒に死ぬ気で居るのか。
あの、崩れかかった安アパート。其処での、男と私の膿んで腐ったみたいなだらだらと続く生活。
其処から抜け出せるなら、もう何でも良いのかも知れないと思って、あたしは一人笑った。
「苦しませたりしないから」
後からちゃんと追い付くから。
あたしの眼を真直ぐに見てそう云った男。
やけに澄んだ、幼いあの瞳。
それを見たあたしは、云いかけた台詞を呑み込んだ。
…あんたにそれが出来る?

402 :名無しにして頂戴:05/03/17 21:41:33 ID:cJjWFYOk
入水願い2

何処をどう走ったのだろうか、何時の間にか海浜公園に着いていた。駐車場に在るのはあたしたちの車だけ。
あたしは呑気に寝ていた男を起こした。
お早う、とだらしなく笑う男の目が完全に覚めるのを待ってから、あたしは聞いた。

本当ニ死ネル?

男は応えずにあたしの眼を見つめて、そのまま車のシートを倒した。
何時もと同じ、それはひどく甘い感触だった。

あたしの内蔵を掻き回しながら男は云った。

「愛してる」

耳元で囁かれたその言葉で、あたしはもう何もかもどうでも良くなった。
仕事も。
少ない友達も。
男の往く先も。
あたしの人生とかも。
あたしの首を絞めている男の指も。

絶頂と窒息とで堕ちる暗闇の入り口で、最期の息を絞り出す。
ねぇ。

「どうぞ殺って」

(了)         
長駄文スマソ…

403 :名無しにして頂戴:05/03/18 12:06:44 ID:6N1ROAze
ストイシズム(歌詞以外の所もやってみた)

最近あたしの名前をちゃんと呼んでくれない貴方。
前は「きれいな名前だね」っていってくれたじゃん・・・
あたし、貴方のこと素敵な人だと思ってるよ。
でも、なんだか最近、嫌い!!

ドライブに出かけたとき、ちょっとだけ意地悪してみた。
手が滑った振りして、貴方の愛車にジュースこぼしてやったの。
「ほら、ティッシュ持ってくるとかさぁ・・・早く拭かないと染みになるよ」
・・・でも貴方は怒らなかった。なんとも無い振りして、またアクセルを踏んだ。
(何で叱ってくれないの?)

「あたしに興味ないんでしょ?嫌いなんでしょ!!もう別れてやる!!
 あたしは強いの。貴方を頼らなくても大丈夫。
 それにあたし、綺麗だもん。美人だもん。
 貴方よりあたしに似合うカッコいい人なんていっぱいいるし・・・」
(ホントはすごく弱い人間なのに。あたしの嘘つき。)

「もう貴方のこと嫌いになっちゃったの。だから出てく!」
荷物をまとめて、もう出て行く準備をしてた。
今日はやけに空が綺麗。ちょっと見とれてた。

(・・・あたしはもうあの人のこと嫌い。もう、大っ嫌い。
これからは素敵な人と幸せになってやるんだから・・・)

突然、貴方はあたしの部屋に入ってきた。そして、ぽつりと言った。
「一人で、大丈夫なの?」

404 :名無しにして頂戴:05/03/18 13:44:54 ID:s/G4flLn
かあかあ

405 :ギャンブル@:05/03/18 15:15:50 ID:???
懐かしい写真の中のあなたはいつも変わらず微笑んでいる
だから幾ら誰かが私に嫌がらせをしても、
不覚にもそれで枕を濡らしても、明日になれば私は泣きやめることができる
目を腫らすことなどもないのさ
所々折れ曲がってしまったその写真の中で、あなたは躰を微妙に変化させる
それが丸で生きているみたいで

蝉が煩く鳴いている 今年もまた夏が来たのか
去年の夏、私はあなたの隣で笑ってる女の子が羨ましかった
今年の夏、笑って話すクラスメイト達が羨ましい
一昨年は何が羨ましかっただろうか まあ対象などに興味は無いのだが
頭の悪い私の解かる数少ない事というと
気丈に振舞い続けることが無理になれば
私は秋、クラスメイトの中の誰かに服従している、ということ

私が帰るべき場所など、この異国の地のどこにあるというのだろう
転居転校にに動じすぎていた私が迂闊だった
異邦人を見るクラスメイトの目 目 目
私はもうとっくに疲れていたのだ
ああ、愛しい人は何処にいるのだろう
私が住むべき国にいる、そう考えれば容易い事などとうに承知している
ただ、それは私の思い込みなのかも知れないことも

406 :ギャンブルA:05/03/18 15:16:59 ID:???
中目黒駅のホームに立ち、憂鬱に檻である学校に向かう電車を待っていたときだ
誰かが私の背中を押した 本当 嘘じゃない
そして私は知った
私対私以外の人々という図式と
負けることと自ら命を絶つことは等式であること

飼いならされた猫の様に媚びてみようか
媚びてみるか 媚びてしまおうか 媚びるべきなのか
ああ、愛しい人は何処にいるのだろう 
そしてこんな私をみてなんと言うのだろう
クラスメイトが考えていた 下僕 に成り下がることは容易いだろうけれども

叫び声をあげれば誰かが振向いてくれるのか 心配してくれるのか
嫌、私には証拠が無い 証人もいない
私はもうとっくに疲れていたのだ 歩けそうにもない
いっそのこと命を絶ち葬ってもらおうか
さすれば皆が手を叩き歓喜するに違いない
それでも私はあなたを愛していたのだ
こんな牢獄に私を送ったのはあなただというのに

ああ なんて軽率な 私

407 :名無しにして頂戴:2005/03/22(火) 17:53:36 ID:6YqpprvO
>>214 ( ・∀・)イイ!
>>348 今更だが「彼の子」の「彼」は「あ」ってよむだろ?「彼」を「あ」って読むのは「遠いところに居る人」っていう意味もあるんだよ。

あと、桃さんのモルヒネが途中までスゴク良かったんだが、サビが・・・

誰か新しくモルヒネキボン。

408 :名無しにして頂戴:2005/03/22(火) 18:58:16 ID:5pF/OkZF
母国情緒

猫耳を着けて貴方のご機嫌取りながら
犬のようにな大きく目を開いて
貴方のどんな表情も何一つ逃したくないからカメラを構えてシャッターをきるの
仮令お隣さんに「御宅は何時も賑やかね」って渋い顔で妬まれたって大丈夫
ちゃんと向き合えるもの、後で菓子折りの一つでも持って往けばね

貴方が拙い手付きで描く地図みたいな線は紙からはみ出てフローリング迄広がって往く
青空や緑の木々、貴方は折り紙をちぎって貼付けながらコラージュみたく造るの
「明日はもっと巧く造れるかな?」
不確かな息子の成長はこんなにも楽しみ

ホリエモンが勝てばフジテレビが負けて浮き世は忙しいのねって
そんな些細な事にも貴方の隣で笑える私はとても仕合わせ
子供を産んだ今は本当に良く分かっているわ

「たまには息抜きなさい」って母が言うから
息子を預けて今日は一人で鳥渡遅めの朝食を
たまたま入った道もちゃんと繋がってるって知ったの
今度は貴方と来たいわ

さぁ、帰ってきたら貴方と夕食の買い物
春夏秋冬雲の色まで今貴方とこうして御揃いで見ている
是以上望む事なんて何一つ無いの
あ、でももし願いが叶うなら貴方がちゃんと喋れるようになって欲しいわ
色んな事お話したいもの

あたしの母もきっと同じ気持ちだったんでしょうね
母親冥利に尽きるわ!

409 :遭難(教習所に於いて)@:2005/03/22(火) 21:12:17 ID:???
―全治ニヶ月―

恐怖心という花が枯れるまではきっと
私たちは新車も買うことも出来ない

「普通車の最大積載量は5000kg未満
…よく検定に出るから間違えないように。」
免許を欲せど、毎回憂鬱になってしまう矛盾を許せよ

遂にブロックもこれまでの成果も破壊して発着地点
認知・判断・操作・・・認識困難
「今回も落ちたな…」

こうやって今、車内で浴びせられる教官の罵倒が
新たな不安の種を増やしてまた育ってゆく
嗚呼、仮免試験二回も落ちるだなんて予想外の事態…
もう無理だと気づいても 教習所は大切な”お客様”として
毎度料金を吸い取り また私も従ってしまう循環
「救助して…」

410 :遭難(教習所に於いて)A:2005/03/22(火) 21:13:00 ID:???
翌日の補習では私に気がある教官
「冬は凍結するから怖いんです…」 「手が冷たくてよく動かないんです…」
手を重ねる中年教官と息遣い ハンコを貰う為の最終手段
選ばれて触れられる瞬間に用いる色仕掛けを赦せよ

こうやって今、巻き込み確認を忘れてもハンコをくれること自体
出所したときに危ないとは判っていても黙っている
嗚呼、本当に私は運転のセンスがないのかもしれない…
そんなことにお互いに気づきながらも微笑み合う五限目
男を誘う紅いネイル!…だって免許さえとれればいい
ヤらしい芝居で乗り越さずに定刻通り 正義など真っ白に隠しておいて
嗚呼…もうこんな状況に居ることすらムカツク
さよなら…お互い簡単に予想できた筈

―全治二ヶ月―

「出遭い頭の事故だったんだ…」

411 :無理のあるモルヒネ:2005/03/23(水) 10:40:29 ID:???
(小さいころよく遊んだ公園に久々に行った。その帰り道。)

友達とお喋りしながら帰ってた道を、今は一人で歩いている。
昔と同じように、青い空には鳥が飛んでいる。
昔は出来なかったこと、今のあたしは何でもできる。
嫌いな食べ物もちゃんと食べられるようになったし、
地下鉄にだって一人で乗れる様になった。大人だから当たり前だけどね。

今あたしには素敵な彼が居る。
彼と会うときは、少しでも大人っぽく見えるように赤いスカートをはく。
少しでも努力しないと、「子供だ」ってバカにされそうだから。

今日はとってもいい天気。昔と変わらない青い空。

・・・彼と、今日はじめて、ベッドの中で愛し合う。

目を瞑ると、今日の青い空を思い出して、なんだか後ろめたい気持ちになる。
それでもあたしは無理やりに集中して、大人になるための儀式をしていた。

412 :名無しにして頂戴:2005/03/23(水) 17:59:38 ID:9EfnukQ7
>>409-410
(;´Д`)スバラスィ ...ハァハァ

413 :名無しにして頂戴:2005/03/23(水) 20:12:17 ID:???
>>411
短文なのに胸がキウンとなった。。(`キ)

414 :やっつけ仕事@:2005/03/23(水) 22:46:03 ID:hXGJzgBS
あなたがあたしにそっぽ向けてから もうどうでもよくなっちゃった
毎日かかる勧誘電話に対応する気力も無いし
仕事帰りの渋滞も特に気にならない
自分の中ではあなたの事は吹っ切れた筈だけど
仕事や普段の生活に何故か身が入らないという真実には従服姿勢

どうしてこんな風になっちゃたんだろう
あなたと一緒になるのが無理だと結果がわかっても
涙は出ないし まして何とも思わなかったのはどうしてかな
きっと心からあなたを愛していなかったからかな
絶対そうだと確信した

嗚呼 こんな中途半端になるなら、本気であなたを愛してあなたにふられて
心に痛い思いをしとけばよかったな



415 :やっつけ仕事A:2005/03/23(水) 22:59:06 ID:???

結局あたし達はお互いに 体の関係した持たなかった仲だった

なんかもう厭だ。全部厭
こんな記憶 全て消し去りたい
誰でもいいからあたしを操作してくれないかな
退屈が忌々しい
嗚呼 何の感情も持たない機械になりたい
そしたらあなたの事、こんなに想わずに済むはず・・

ねえ本気で人を愛するってどうゆう事だっけ?

思い出せないよ


416 :名無しにして頂戴:2005/03/23(水) 22:59:32 ID:???
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gamerpg/1111388501/174

417 : ◆7KdroQNwi. :2005/03/23(水) 23:01:17 ID:???
>>416
まぁまぁだな
たいしたことないけど

418 :名無しにして頂戴:2005/03/23(水) 23:16:23 ID:???
>>416
SUGEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!!!!!!!

これをたいしたことないとか言う奴がいるなら見てみたい

419 :名無しにして頂戴:2005/03/24(木) 19:14:28 ID:AcxVCgcM
新作きぼんあげ

420 :モルヒネ:1:2005/03/24(木) 23:12:53 ID:???
「送って帰ろうか?」「君は淋しがり屋だからね」と云う貴方。
でも大丈夫です、有難う。
最近小鳥を四羽飼い始めた処で、お家の冷蔵庫には私の大好き
な納豆も有りますし、私の体の中にはグリコーゲンだって在る
んですから、やっぱり心配には及びません。

「それにしても地下鉄のレールって如何やって敷いているのか
しら?とても不思議ねぇ」
そんな訳の解らないことを訊いて、答をはぐらかしてしまう私
なのです。


素敵な貴方は、何をやっても恰好のつかない私の憧れなのです。
「似合うと思って。」そう、貴方が照れ笑いしながら下さった
包みには、赤色のボトムスが入っていました。
云われる儘に着て見せるととても素敵だといたく気に入って下
さって、こんな私でも貴方を悦ばせる事が出来ると知って、嬉
しかった。
だけれど、御免なさい。
私のような不埒な女には“素敵”なんて言葉、勿体無いのです。

貴方の部屋で夜明けに見たカーテンの色は嘘のような空色。

421 :モルヒネ:2:2005/03/24(木) 23:13:46 ID:???
今、私の頭の中に過去の他の人との秘め事や想い出が溢れ出し
て、それは私の体を酷く痺れさせるのです。
そして私はこの厭らしい私の妄想を唾棄しようという、貴方に
云える筈も無い行為に専念するばかりなのです。


驚きなのは、貴方の部屋のカーテンのなんとまぁ空々しいこと。


私の頬が貴方によって赤く染められていく中で、私によって上
擦ったものへと変化していく貴方の声を聞いています。
そんな至福とも云える空間に存在しながら私は、過去の他の人
との秘め事や想い出が溢れ出してあなたを裏切り続て居るので
す。
貴方との秘密を共有する事で、そんな汚らわしい己自身を唾棄
せんと、今必死になっているのです。

422 :すべりだい:2005/03/25(金) 02:03:32 ID:???
あなたが"愛してる"なんて耳元で囁く
ああ 昨日またあの娘に会ってたのね
こんな生ぬるい風 もう秋だって云うのに
あなたを待っている間に汗ばんでしまったじゃない
__まあ、いいわ、それより、ね、早く。

今までのあたし達は些細なことで喧嘩したり、愛し合ったり
そんな過去は一体何処へ?
だって今のあたし達は、まるで出会ったばかりの男女の様


ねえ見たでしょ?
たった今 全て流れ落ちた
そして理解った あたしにはもう繰り返せない
ちょうど二年前あなたがくれた砂時計
せっかくだから返しに行くわ
ほら 砂場の子ども達だって、無邪気に飯事をしているし
あたし達も そろそろあの頃に戻りましょうよ

423 :すべりだい(2):2005/03/25(金) 02:04:23 ID:???
あたしがあの娘の話をし始めると
あなたはすぐこの口を塞ぎに掛かるのよ
理解ってるのよ もっともあたしもそれを望んでいるんだけど
__都合の悪い事は、聞かない方が幸せだったもの。

ねえ見たでしょ?
たった今 全て壊れ落ちた
もっと辛かった事は沢山あった筈なのに
あなたとの徒なカケヒキを思い出すと
頭が 真っ白になってしまう

砂時計が 滑り落ちた
真っ白の砂が 宙に舞う
もはや、拾い集めることなど、出来なかった。


この所悔やんでばかりいる
もちろん この公園に毎日通ってるなんて云えやしないけど
もし 今 あの時の真っ白の砂を拾い集めることが出来たら、なんて
滑稽だけど、もう、遅いけど。
ごめんなさい
ごめんなさい
ごめんなさい
__やっぱり、あなたじゃないと。

そんな気持ちを心に秘め
あたしは今日も この公園に居る
飽きること無く 滑り台を見詰めている
__多分、きっと、これからも、ずっと。

424 :丸の内サディスティック:2005/03/25(金) 14:28:00 ID:???
ここはとあるライブハウス
全盛期にはそこそこ有名なハコで演ったこともあったけれど
今は人気も下火になってしまった
今は昔のファンがポツポツ集まるだけの趣味となんら変わりの無いライブ

私はもうすぐ女の旬も終わってしまうくたびれたヴォーカリスト
最近仲間との距離も心なしか離れていっている気がする
"これからのこと"を話さなくなったのが何よりの証拠だわ

__あの頃は、良かったな。
一定の給料を貰う為だけの詰まらない毎日を捨て
音楽活動を始めた私は、人生の勝ち組だと思ってた
同僚の女達を嘲笑ったりもした

そんな事を考えながら
今日も私はベンジーの顔写真を首からぶら下げ
ステージ上で、果てる。



425 :丸サド(2):2005/03/25(金) 14:29:31 ID:???
今の私は世間から見ればいい年したフリーター
交通費だって自分持ちだし、もちろん領収書なんて久しく取ってないわ
ここは東京
"自由の街"とは云えど盛者必衰
世間の目は冷たいわ

__ああ次生まれてくるなら、お嫁さんに成りたい。
お金持ちの御曹司と結婚するのもいいわ
やっぱりあの頃付き合ってた彼かしら
今頃あのピザ屋の店長かしらね

__女の強がりって、本当に、損。

そんな事を考えながら
今日も私は人目を気にしながら店を出て
終電で独りのアパートへ、帰る。


また日々の繰り返しが始まる
不安を忘れるためだけのマスターベーションのようなライブを終え
見ず知らずの男と一度きりの愛
__いつかこんな日々に終わりが来るのだろうか。


そんな事を考えながら
今日も私はベンジーの顔写真を首からぶら下げ
ステージ上で、果てる。


426 :名無しにして頂戴:2005/03/25(金) 19:17:03 ID:???
age

427 :名無しにして頂戴:2005/03/26(土) 21:13:13 ID:???
348は桃解釈ぽい

428 :名無しにして頂戴:2005/03/27(日) 13:44:01 ID:Yo4ANmh7
群青日和

新宿は豪雨
まるで私の気持ちを表しているようだ
あなたは新しい女とどこかへ行ってしまった
気温が下がっていく東京
そんな雨の中をどこへ行けばいいのかもわからないまま飛び出した
泣きそうになったけど、ここで泣いたらいけないと思い脳が泣くのを止めた。

429 :名無しにして頂戴:2005/03/27(日) 13:49:01 ID:Yo4ANmh7
むかしあなたに「泣きたいのに泣けない人の気持ちは、どんどん溜まって冬に雨になって降るんだよ」なんて馬鹿げた事を言った。
そしたらあなたは馬鹿にせず、「別にそれが本当じゃなくても、この世間には矛盾していることがいっぱいあるんだからいいんだよ」と言った。

430 :名無しにして頂戴:2005/03/27(日) 13:56:45 ID:Yo4ANmh7
そんな馬鹿げた話に答えなんてなくて、「しょせんは嘘なんだ。」と言うことで私たちの関係は終わる。
演技をしているんだ。あなたは私に愛していると見せるように。私もそう。本当はきっとあなたのことを愛していなかった。みんな他人には文句をつけるくせに自己主張は出来ない。結局は当事者を回避したいだけ。
興味があることが起きても、自己主張出来ない人間は何とも思わないふりで笑うだけ。

431 :名無しにして頂戴:2005/03/27(日) 14:03:20 ID:Yo4ANmh7
突き刺すような寒い12月の気温と、伊勢丹の暖房の空気が交わる地点
そこであなたの体温を少し思い出した…
わたしはあの人を愛していなかったはずなのに今思い出したのはどうして?答えはないの?
思い出したのを何か別のもののせいにしたい。わたしはあの人を愛していなかったと思いたい。こんなひねくれ者のわたしを誰かに教育して叱ってほしい。
新宿は豪雨。誰でも良いから私に構って!
気温は下がっていくけど、私の感情は高まっていく…

432 :名無しにして頂戴:2005/03/27(日) 14:07:06 ID:Yo4ANmh7
長くなってすいません…しかもかなり内容変だし…

433 :シドと白昼夢 1/2:2005/03/27(日) 16:51:35 ID:???
昔の私はあなたに気に入られたくて不思議な自分を演じてみた。
あなたの気を引きたくて、二重人格のふりをしてみたりした。

本当は無理だとわかっているのに。

最近の私は「あなた私の事を好きにならない筈はない」とおかしな自信のせいで以前よりも質が悪い女になったみたいだ。

……私の事をあなたが知っているかどうかさえ不確かなのに。

あなたの髪を切らなきゃ。
長い前髪があなた自身の目を隠してるから私の事をみれないのよ。
きっと私と目が合えば恋が始まるはず。

今は全て私の想像。だけど夢で終わらせるのはイヤ、あなたには殺されても良いと考えているの。

434 :シドと白昼夢 2/2:2005/03/27(日) 16:53:40 ID:???
あなたは何かに縛られ、怯え仕方なく私の元へ来た。
「一人じゃ寂しいのでしょう?私も同じよ、ほら抱きしめてあげる」

そう言った私をあなたは汚いものでも見るように見つめたよね。

あなたは私じゃなきゃだめなのよ。
どうしてわからないの?
ほら……あなたのせいで私はまた枕を涙で濡らす。

あなたは、私に怯えて泣いているの?
泣かないで…さっきまでの事は許してあげるから。
ほら、家に入りなさい。

435 ::2005/03/28(月) 15:02:45 ID:???
新しい場所に行きたいけどこの扉なら固く閉ざされている。
私を支持する人達や仕事に関する仲間達は意見を崩さない。
わたしがなにをしても「椎名林檎」という世間の概念も潰れないの?

私は自分のすべてをうさんくさいと思っている。

喩えアイドルっぽいことをしても羽目を外してみたところでも「椎名林檎」に成ってしまうのね
新しい花咲かせようとがんばっても。
すぐに変な目で見られ私は気分を害し、鬱になる。
なんで、今まで歌手を目指してきたのに、
歌ってると哀しいのかな。
私の夢だったよね?

436 :茎2/2:2005/03/28(月) 15:10:14 ID:???
すれ違いかも。

このh

437 :モルヒネ:2005/03/28(月) 17:39:37 ID:9HgGNNcU
貴方がいなくても私は一人で家にちゃんと帰ることが出来ます。
あたしには何時でも見守ってくれている人(友達?)が幾らでも居るから。
あたしの家には私の頭の回転をよくする納豆があります。
そして元気になる素のグリコーゲンを何時でも持っているから貴方が居なくても元気で居れるのです、
驚いたのは私の居る環境が変わっても、貴方が居なくなっても何時もと何も変わらないこの街。

素敵な貴方を称えます。あたしには取り柄のひとつもないので素敵な貴方は少し勿体無い気がします。
素敵な赤色のボトムスは、素敵な貴方に似合う人に成ろうと思って買ったけど、やはりあたしには素敵過ぎて似合わないようです。
驚きなのは貴方があたしの生活の必需品まで持っていってしまったこと。(意外なものまで貴方が持っていってしまった)

あたしの脳の中では貴方との幸せだった思い出や貴方との夢が途切れること無く浮かび上がり、
あたしは只管其の思い出や夢を忘れようと、其のことだけに専念していました。

あたしが辛くて涙が出そうになり頬が紅潮する中で、あたしは貴方の素敵で優しい言葉を思い出し涙を止めるのです

あたしの脳の中では貴方との幸せだった思い出や貴方との夢が途切れること無く浮かび上がり、
あたしは只管其の思い出や夢を忘れようと、其のことだけに専念していました。

438 :437:2005/03/28(月) 17:41:27 ID:9HgGNNcU
やっぱり文章力が無いな...orz

439 :名無しにして頂戴:2005/03/28(月) 21:35:07 ID:voLSJbzC
正しい街
あの日飛び出した故郷の事思い出した。
あたし都会に憧れて、夢を手に入れた理想を東京に賭けていた。
君と此の街があたしを止めたのは正しかったのにね。

最後の別れをするという状況の中…あたし君に皮肉な笑顔で何も言わず、態度悪くしたよね。後悔してる。
所詮都会で簡単に成功できる訳もない。あたし凄く悔しくて夜中ワンルームのフローリングにうずくまって期待はずれのあたしと云う存在をひたすら攻めた。
君が周りを無くした状況にたったとしたら
あたしは無視してしまうと思う。
あたしが周りを無くした状況にたった。
君は必ず助けてくれた。

あたし君に会いたくて
さよならした筈の君の唇にキスして謝りたくて。ねぇ君は今どういう気持ちでキスしてくれているの?
勝手に此の街抜け出したあたしが憎いのかな。。


440 :名無しにして頂戴:2005/03/28(月) 21:37:27 ID:Q4cJMeXT
うーーん
あらせって合図っすか?

441 :名無しにして頂戴:2005/03/28(月) 21:47:12 ID:???
小さな小さな嘘をついて君を離さずにいられる方法を探していたら
あたしが本当に君に好きって言えなくなってしまった。
どんなに素敵な言葉で君を喜ばせてもやっぱり近い距離で一緒に居たかったんだね。
あたしが君の前で泣いたら
心配してくれた。
君が泣いても
あたしはそばに居ないから何もできない。
可愛い人なら捨てるほど居るなんていう見栄をはってても
君の隣には誰も居ないよね。あたしの事まだ待っててくれてるのかな?

あたしは罪な女です。都会で成功したいなんて何て大それた事を夢見てしまったんだろう

あんな傲慢な愛を君に押しつけたり
都会の冬に慣れてなくて故郷に帰りたくて
百道浜、室見川、君、
昔のことばかり思い出している

442 :警告:2005/03/29(火) 18:05:03 ID:/C/qtkXQ
いつ朝がきていたのかわからない夜
闇がこの先の未来を考えるのか?
TVも溜め息も時計もあまり止めないのに
何故こんなに虚しいのだろう?

貴方の部屋の留守番電話、最近しょっちゅう働いてるけど
あたし以外の恋人からでしょ?
わかっているのにそれが気にならない・・・。
せっかく長い髪が好きって言ってくれたのに
伸ばした意味、ないじゃない・・・。

そんな言葉ではぐらかしたって全然嬉しくない。
この闇が明るくなるのも待てずに貴方に抗議しにいく。
それが全く効かない・・・・。

443 :警告 続き:2005/03/29(火) 18:26:32 ID:/C/qtkXQ
夏に貴方に会ったときにも、あたし以外の恋人が居た。
冬迄 其のことを知らないで愛し続けてた。
今頃になって、あたしのこと「本当に愛してなかった」なんて
受話器ごしに泣かれたってこっちが泣きたい位だよ・・・。

貴方があたしだけ呼んでても
幾ら「愛してる」って言われたって
もうすでに遅すぎるの。
あたしは貴方のこと、もう見向きもしないから・・・。

初めて一緒に来たこの海に来て、今迄の事を
思い出そうと歩いてみた・・・。
「波を止める」事より、「気持ちを戻す」ほうが
容易いと思ってたのに・・・。

「嘘はつき疲れるもの」
貴方はそう言って鼻で笑う。馬鹿にした様に。
あたしみたいに間抜けな人はそんな事不可能。
どんなに頑張っても失敗する不器用な人間。
成功させようと努力してみても結局失敗して死んでいく・・・。

貴方に思い知らせてあげる、
「機会の様に女を馬鹿にすると何時か自分も駄目になる」と。


続きでだいぶ悩んでしまった・・・。

444 :警告 続き:2005/03/29(火) 18:27:21 ID:/C/qtkXQ
うわ・・・多すぎたw

445 :名無しにして頂戴:2005/03/30(水) 01:49:28 ID:???
↑なんか…違う…
や、個人の自由ではあるけども。

446 :クロール 堀衛門編@:2005/03/30(水) 13:52:28 ID:???
ー朝ー

株株株ってあなたはそんなに私がが好き
私を買って一儲け? ふざけないでよ
株がそんなに甘く無いことぐらい分かってるでしょう
別にあなたに買ってもらうのが嫌な訳じゃあないけれど

新聞の経済面ばっかり見て 数字を凝視するあなた
そんなに買いたいの 買って早く儲けたいの
絶対に今日がいいの 何て仕様の無い人
別にタイミング 教えてあげてもいいけれど

447 :クロール 堀衛門編A:2005/03/30(水) 13:53:56 ID:???
ー証券会社の電光掲示板の前にてー

まだ待って、まだ買っちゃ駄目 今が最安値じゃないの
今!今よ、今が一番安いの 受付に走って行くあなた
用紙一枚で私を買えて、時代も進化したものね
これで大金持ちなんて安心してんじゃあないわよ
今値は上がっている最中 売るタイミングだって大変なのよ

−2,3日後ー

ああ、あなたはそんなに怖いの株が
株主なのに今頃気付いた訳 何で黙ってるのよ何か言ってみなさいよ
やっぱりほら、安心してるからよ 大損したんでしょう
別にあなたが如何なろうと私の知ったことじゃあないけれど

さあ泣いてないで私のいう事を聞きなさい
まだ挽回はできるの 私を甘く見ないことね
え、あなたのことが嫌じゃないのかですって?
厭なわけはないわ 好きでもないけど
まあそんな事は如何だって良いのよ
もう少し待って 未来を予想しなさい 慌てないでーほらまだ上がるでしょ
何で私は株が上手かですって 私は株 自分の事ぐらいわかるわよ
それに株は女 女は贅沢な生き物、でしょう 図々しいからじゃあないかしら

448 :クロール 堀衛門編B:2005/03/30(水) 13:55:30 ID:???
ー5年後ー

さあ声を出していってみなさいよ、目の前の生徒に
今度はあなたが教える番
「今が最安値じゃあないよ、まだ下がる」と
「株を買うときは慎重にやらなきゃいけないよ」と
「まず、君の買おうとしている株の値打ちを考えてみるんだ」と
偉そうに言いなさい
 ああ、そうか だから僕はマズッたのか
 先生ありがとう もっと良く聞くべきだった
あなたに感謝する人も随分増えたわね
それもこれも私の御蔭 でも実は私が見たいのはそんな顔じゃあないの
自称中級者が数字の波を泳ぎ、呑まれる ああ、俺はもう駄目だ
そうやって落胆する顔が見たいのよ
だってあなたの傍にいれば見られるでしょう
もう そんなに怒らないでよ あなたが儲けられたのだって私の御蔭
あ、今あの子が泣くわよ さあ 涙をこぼして! なんて綺麗
欲を言えば飲み干してしまいたいくらいかしら

449 :397:2005/03/30(水) 17:20:08 ID:g/XEzD5P
445>>(゜Д゜ガボーン 考えズレてるかも、自分・・・・

450 :名無しでOK?:2005/03/30(水) 17:43:49 ID:2n9p5WS9
葬列・壱

朝起きると強烈な吐き気に襲われました
そういえばこの間彼とした時、きちんと避妊していなかった
私は焦り、呼吸困難になりそうです
私は彼の赤ちゃんを身篭ったのです
だけど私は産む事を躊躇しています
私は過去に赤ちゃんを堕ろした事があったので
私はずっとその事を引き摺り、この子を幸せには出来ないと思ったのです

しかし私は思う事にしました
この子は過去に堕ろした子の片翼なのだと。
深い深呼吸で気持ちを落ち着かせ、私は思いました
過去を振り返っても仕方が無い
幸せにできる見込みが無いとしても
私は必ずこの手でこの子を幸せにする、と。

451 :名無しでOK?:2005/03/30(水) 17:44:48 ID:2n9p5WS9
葬列・弐

この子を幸せにする為に必要な事は3つあります。
・この子が私より早く死んだとしてもきちんと見送る心構え
・父親が仕事で家に居なくとも子供に寂しい思いをさせない事
・きちんと育て、この子に明日を迎えさせる事

だけど彼は私の元から離れていきました
「こんな筈ではなかった」と。
私は独りぼっちだ
支えてくれる人がいない
私は彼を愛していたのに。

恐らくまだ父親になる気にはなれないのでしょう。
当然です。まだ若いし、色んな子と遊びたい時期なのだから。
だけれど私は、父親のいない子を産む事は出来ない
それでは幸せにはできないから。
この子を身篭ってまだ僅か
まだお腹は大きくない
来週、堕ろす予定です。

だけれど本当は産みたかった
この子の愛らしい顔を見たかった


勝手な解釈多め&日本語おかしい所多くてスマソ

452 :名無しにして頂戴:2005/03/30(水) 19:41:40 ID:IC2Srq4X
浴室−第一章:

新宿に行きました。
カメラ屋さんの階段をおりた茶店には貴方が待っていて
ジッポの油とクリームを片手に持っていました。
私がそばに寄ると貴方はこう云った「俺を殺してくれ・・・」
私は呆然と貴方を見つめ立ちすくんだ。
「どうして?どうして貴方を殺さなくては行けないの?」
私は心の中で何度も何度も叫んだ。



453 :名無しにして頂戴:2005/03/30(水) 19:55:37 ID:IC2Srq4X
浴室−第2章:

今日は貴方と二人で新宿を歩いた。
いつも貴方の前では嗤わない私も特別に笑った。
だって今日は貴方を殺す日。最後に笑ってあげなくては。
でも私はその事を考えすぎ、道ばたに倒れてしまった。
夢を見た。貴方を殺す夢・・・。
浴室で貴方をグサリと刺してしまう夢。
真っ赤な血がドクドクと流れた。
貴方は叫ぶ。私は嗤っている。
しかたなく「愛している」私は云うの。
そして貴方も「愛している」と・・・。
そしてその事が夢じゃないと解った私。
浴槽には貴方の死体。真っ赤な鮮血。
私の眼には今何が映っているのでしょうか?
私はよく解らないが、蛇口から水をだし貴方の死体を
ゆっくり洗ってあげる。
洗面台にカミソリが有った。私はなぜか自分の手首を切った。
手首からは血がドクドク出てくる。
私は手首を水につけ、眠った。夢を見た。
貴方と私が一緒に嗤っている夢を・・・



454 :名無しにして頂戴:2005/03/30(水) 20:38:00 ID:rm+owt/q
↑↑良くゎからんが誰ヶ御感想ぉ●○●ww
((デキレバ浴室ふぁんノ共))


455 :群青日和:2005/03/30(水) 21:00:01 ID:???
特に意味のないのにいつも嘘を吐いてしまう。そしていつもみんなに嘘がバレて嫌われてしまう。
でもいつの間にか自分を良く見せようと嘘を吐いてしまう。繰り返し。
でもあの男は違った。
「いつも冬のね、あたしが泣くのを我慢する日はね、雪じゃなくて雨が降るんだよ。」
なんて言うと、
疑わないしバカにしない。「なんで?」て聞いたら
「嘘でもいいよ。君がそうゆうならそうなんだろうね。」
この人はいつもそうだ。嘘なら嘘って指摘をしてしまえば、あたしとの関係はなくなるのに…
演技をしているんだ。みんな絶対そうだ。あたしなんかと関わらない様にしてる。
本当のことだって言い続けて信じ込ませようとしても嘘がバレたらバカにして笑うんだ…

456 :群青日和A:2005/03/30(水) 21:04:10 ID:???
救いはないの?母がこんな性格にしたの?父?
教師?ちゃんと教育して叱ってあの人を困らせない性格にして!
やっぱりあの男にあえて嬉しくて泣きたい気持ちを我慢していたから新宿は豪雨だよ。
時間はもうすぐだし早くここに来て。
ずっと待ってる。

457 :名無しにして頂戴:2005/03/31(木) 10:57:52 ID:???
ポエリア厨ばっかりになってきた

458 :名無しにして頂戴:2005/03/31(木) 11:48:51 ID:sO7uSfXE
ここまで読んだ・・・。
>>20 >>214 >>243-246 >>403 >>411 ヨカタよー


459 :名無しにして頂戴:2005/03/31(木) 15:30:11 ID:KU5vZPYx
(三・♀・三)
ノ|((__))|ノ
Q___O___O__|{452・453GJジャン???

460 :名無しにして頂戴:2005/03/31(木) 21:36:29 ID:???
石田夫人「最近のニュース、物騒よね。殺人事件、ドラッグ、売春…」
木村夫人「それは、無関心で不躾で無責任な親が悪いと思うの」
島本夫人「根は悪くない子ばかりじゃない?」
千葉夫人「ま、悪い事をしたのも事実なんだけどさぁ…」
石田夫人「私も若い頃は親にバイクを買ってもらえなくて、駄々こねて、嫌がらせに近いことやってたわ。流石に三年経つと忘れて、あれ?何でケンカしてたんだっけ、って…」
木村夫人「今の子はそこから犯罪を起こすのよ」
千葉夫人「ま、悪い事をしたのも事実なん…」
島本夫人「あ、私夕飯作らなきゃ!!」
全員「大変、もうそんな時間!?」



461 :群青日和:皇紀2665/04/01(金) 02:11:33 ID:u602q+Ey
皆いいように取り繕って
演技をしてるんだ

当たり障りない事言って
あなただってきっとそうでしょ?

だって面倒な事は大嫌い
当事者何てもってのほか、責任を背負うのはどうか僕以外の方でお願いします

興味があったって、失敗してまでするようなことじゃない
誰か僕の代わりに先にやってみて
良くなってきたところで仲間にいれてもらうよ
そういって、したたかに笑ってる貴方

462 :名無しにして頂戴:皇紀2665/04/01(金) 09:12:56 ID:???
>>460 
そうきたか・・・
自分は「十七、八男子」「十八、九の女子」が当事者というのを前提に読んでた


463 :名無しにして頂戴:林檎ファン暦417年,2005/04/03(日) 13:34:23 ID:nzZfv/8+
警告の解釈がわからない・・・

464 :名無しにして頂戴:林檎ファン暦417年,2005/04/03(日) 14:06:52 ID:nzZfv/8+
朝も夜もわからない。
日本の闇は動いていたみたい。
テレビもため息も時を止めない。
こんなにもアタシ以外のすべてが虚しさに見えるのは何故かしら。

あなたの部屋の留守番電話がせわしなく働く。
あなたの周りはきちんと進んでいるのね、
進めないアタシは気にならないわ。
伸びた髪の毛、あなたへの想い、それももう意味が無いから良いの。

言葉じゃもう意味がないのはわかってるの。
アタシはいつも日の出を待ちきれず咎めるばかりね。
あなたはもうあなたからアタシを奪っても効かないみたい。

夏に実在しないあなたに気づかなかった。
寒くなるまで馬鹿げた永遠を信じて愛してしまったみたい。
「全部演じていた」だなんて、今更なこと言わないで。
受話器の向こうで泣かれたって、泣いて良いのはあたしでしょう。

「嘘はつきつかれるもの」あなたはそう笑う。
アタシは間抜け、そんなこと不可能な人種みたいよ。
進めもせずに倒れてばかりなの。
あなたと元に戻りたいだなんてもう思えないみたい。
立ち上がらずに行くわ。
しまえる内の殺気、しまったら、
間抜けなアタシだって最後くらい笑ってあげる。

「機械のようにあまり馬鹿にしないで」って。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
個人的にすごい自分の事情とかぶってる。

465 ::林檎ファン暦417年,2005/04/03(日) 14:08:17 ID:nzZfv/8+
上記は「警告」。

466 :名無しにして頂戴:林檎ファン暦417年,2005/04/03(日) 15:10:13 ID:???
女は色町の一角で働いている、遊女である。数年前に夫と死別した。貧乏なくせに、大層な遊び人であったから、女は泣く泣く自分の体を売るしかなかったのだ。
その女が馴染みの男と駆け落ちした。口説き文句は、こうだ。
「ねぇ 一層遠く知らない街に隠居して静かに暮らしませぬこと? こんな日々には厭きたのさ ねぇ どうぞ攫って…」
馬鹿な男は一発で女の手の内に落ちた。女はひっそりとほくそ笑む。
これで夫が残した借金とも、この狭苦しい世界ともお別れさ。

女は男に手を引かれ、夜の闇を奔走した。
体がどうもしようもなく熱くなったのを覚えている。
しかし、果たしてこれで良かったのか。
おかげで大好物の桃の旬も逃したし、女の曖昧な意志のせいで男への愛情も次第に薄れていってしまった。女はこう思うようになった。

だけど私には男を拒否する権利なんてないのさ。男を夫に重ねてみても、夫はもう戻ってこないと知っているのに。
馬鹿ね、私は。

夫も飛び込んだこの岸壁に、女は立ちすくんだままでいる。

467 :名無しにして頂戴:林檎ファン暦417年,2005/04/03(日) 15:11:22 ID:???
身が氷のように凍るまで待っている女に、男はいつまでもやって来ない。
女は身震いをした。
止めて欲しい、だなんて寒さで壊れてしまったのだろうか。
意識が飛んで、体は潮風に押された。

女は言う。
男の愛情を求めた身体がちっとも汚れていないのは、私があんたをいまでも愛しているからよ。
あの暴漢の為すがままになっていた私はとてもはかないでしょう?
ご覧なさいよ。海の底から見えるあの男は幾年経っても私の為には泣いてくれないの。
残忍な奴ね...

目の前にはただ青が広がるばかりである。

468 :ストイシズム:2005/04/05(火) 16:54:13 ID:mR7bF3Mv
同じ様なのがあるので気が引けますが・・・
「罪と罰で発狂した林檎様」です。

-------
あっああー。ららら。あああー。らっらら。
鼻歌を歌う。
もう何もかもがどうでもいい、と思えてくる。
そうだ。どうでもいい。
でも、忘れかけるたびにあなたがいる。
目の前に、あなた。あなた。あなた。あなた。

のなやいうも

頭の中で繰り返す。
アクセルアクセルアクセルアクセルアクセルアクセルアクセルアクセルアクセルアクセル
刺す刺す刺す刺す刺す刺す刺す刺す刺す刺す
きらいきらいきらいきらいきらいきらいきらいきらいきらいきらい

紅い模様がついたあなたのお顔、とってもきれいよ。
あたしの手についた模様とおそろいなの。
あなた、とってもきれい。
すてき。


―静寂を破るサイレンの音
―迫ってくるパトカー



あなたはとってもきれい。

469 :名無しにして頂戴:2005/04/13(水) 08:13:28 ID:VW1BfJqR
kimoi

470 :名無しにして頂戴:2005/04/16(土) 15:04:26 ID:???
真夜中は純潔の、「グラスよりも唇ダイレクトで」の辺りは、
コンドーム付けるよりもナマで、というキガス。

グラス…ゴム
お口に注いで頂きたい…ナマで中出し

同意してくれる人いますかorz

471 :名無しにして頂戴:2005/04/17(日) 11:59:44 ID:L8N+G1zs
光合成とか、絶頂集は人気ないね

472 :名無しにして頂戴:2005/04/17(日) 17:37:43 ID:???
http://tv6.2ch.net/test/read.cgi/apple/1019745488/470

皆さん、あのともちゃんが自演をしてしまいました!!

473 :ギブス:2005/04/20(水) 11:50:29 ID:???
貴方はすぐに写真をとりたがる。写真を撮って残さなくたって今は今なのに。
「絶対結婚しような」
とか言う。その前に死んじゃうかもしれないし…。第一冷めちゃわない約束できるわけ?
返事をはぐらかすといじけてみせやがる。でもあたしはそんな貴方の相手が大好き。巷の痛いカップルみたいじゃない!?


474 :クロール:2005/04/20(水) 12:06:19 ID:???
(CD屋で東京事変のCDを見てる人を見て)
ああそう そんなに聞きたいの、あたしのいろいろな曲が。あ、でも勘違いしないで、いやいややってるわけじゃないから。
ああそう 買うの。あたしのいろいろな曲聞きたくて?絶対に今日がいいの?しょうがない人ねぇ。
ちょっと待って、やっぱ大塚愛買うの?東京事変の方が内容あるに決まってるじゃない。
あの内容で三千円は安くないわ!今絶好調なの、買ってよ!!

475 :クロール:2005/04/20(水) 12:15:31 ID:???
ああそう そんなに怖いか。事変のCDを買って後悔するのが。
なに黙って迷ってるの?どうしたのかしら?

良く聞け男子高校生!買って後悔はないわ。印税入ると未来が輝くの!
今歌い手は贅沢な生き物
買って声に出して友人に広めて「安くない」と「名盤」だと「林檎はいつまでもいい」と
夢中にさせて虜にさせてライブで熱狂するファンがもっと見たいの。悪く思わないで。
更に林檎班なんかに入っちゃった日は最高…将来は不安なし。


476 :名無しにして頂戴:2005/04/20(水) 18:57:38 ID:???
わらた

477 :名無しにして頂戴:2005/04/23(土) 06:06:31 ID:Pk6Ox3mC
620 :名無しにして頂戴 :2005/04/12(火) 01:28:52 ID:0b2o0nVb
母国情緒も最後子供に言ってるのかと思ってる。
あなたと言葉を交わしたい、って早く喋れるようになってとか。
あとリモートコントローラーは片づけられない女の歌でしょ?



621 :名無しにして頂戴 :2005/04/12(火) 01:36:45 ID:0b2o0nVb
少女ロボットも不倫の歌。
愛妻家の朝食は、不倫相手の奥さんのことを小馬鹿にした歌。



478 :名無しにして頂戴:2005/04/23(土) 16:59:36 ID:???
http://tv6.2ch.net/test/read.cgi/apple/1112875888/736

自演ともちゃんが懲りもせずに復活wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

479 :名無しにして頂戴:2005/05/01(日) 10:50:07 ID:???
>>254
ョィ!

480 :ギブス 1/3:2005/05/02(月) 11:05:18 ID:???
あなたはすぐに写真を撮りたがる
あたしは何時も其れを厭がる
だって写真になっちゃったら あたしが古くなるでしょ?
貴方にはそんな古いあたしじゃない 新しいあたしだけ感じていて欲しい。

あなたはすぐに「絶対」などと云う
あたしは何時も其れを厭がるの
だって此の関係が冷めてしまったら そんな言葉は嘘になるじゃない

don't U Θink?

i 罠 B wiΘ U

此処に居て
ずっと ずっと ずうっと
明日のことはわからない。
もしかしたら貴方は冷めてしまっていて 此の関係は終わっているかもしれない。
凄く怖い。凄く不安。考えただけで頭がおかしくなってしまいそう。
でもね、貴方にぎゅっとされていると そんな不安は微塵も感じないの。
貴方にぎゅっとされているだけで 不安定な明日も確信できる。
だから おねがい。
ぎゅっとしていてね ダーリン

481 :ギブス 2/3:2005/05/02(月) 11:06:07 ID:???
貴方はすぐにいじけて見せたがる
あたしは何時も其れを喜ぶの
だってカートみたいだから あたしがコートニーじゃない
あたしがコートニーなら 貴方を一人で死なせはしないわ
いつまでもいっしょにいる。

don't U Θink?

i 罠 B wiΘ U

傍に来て
もっと もっと もっと
昨日は些細な事で喧嘩をしてしまったね
でも喧嘩のあと、すぐに貴方が恋しくなってしまった
やっぱりあたしには貴方しかいないと。
自分勝手でごめんね、でも本当に貴方しかいないの。
今日貴方に会いに行く時、少し気まずかった。
でも貴方は云った
「これからずっと一緒に居れば喧嘩なんて何度もあるよ。気にするな!昨日の事は忘れちゃおう。な?」
・・・・やっぱりあたしには貴方しか居ないわ。
そして貴方はあたしを抱いてくれた。
・・ぎゅっとしていてね ダーリン

482 :ギブス3/3:2005/05/02(月) 11:07:26 ID:???
また四月が来た
あのころのあたしたちはお互い素直じゃなくって
恥ずかしくって 顔を見合わせるのもやっとだった
それが今ではこんなに自然に抱き合える。
時の流れって凄い。
来年の四月もきっと
こうやって同じ事を考えているのだろう・・・・


don't U Θink?

i 罠 B wiΘ U

此処に居て
ずっと ずっと ずっと
明日の事は わからない
だからぎゅっとしてて ねぇ

『i wanna be with you』

傍に来て
もっと もっと もっと
昨日の事は忘れちゃおう
そしてぎゅっとしててね
ぎゅっとしててね。ダーリン。

483 :名無しにして頂戴:2005/05/02(月) 22:59:11 ID:???
>>480
(・∀・)イイヨイイヨー だけどそのまんますぎて物足りない気も。

484 :名無しにして頂戴:2005/05/03(火) 08:25:32 ID:do6Kr/c3
勝手に歌詞変えてるだけじゃん

485 :名無しにして頂戴:2005/05/15(日) 12:26:58 ID:???
そのおんなふしだらにつきキボン

486 :名無しにして頂戴:2005/05/25(水) 01:00:07 ID:???
和訳しろと?

487 :遭難:2005/05/27(金) 10:52:37 ID:65tjY/nV
この恋が二人同時に終わるまできっと次の恋なんて考えられない
貴方を愛さないように距離を置いてる私を許して
でも、貴方に嵌ってしまった私はおかしくなっていく
こうやって今愛し合い求め合っていることが二人を傷つけあっていることと同じだということに気づいて。
私の思いは募るばかり・・・
別れないとわかっているのにお互いいとおしく思っているから離れることなんて出来ない
「だれか助けて」
冬の嫌いな貴方の冷たい手・・・私に差し出さないで!
一層、この関係を壊してしまおうか
でも、そんなこと出来るわけない
「貴方に溺れてる」


488 :遭難:2005/05/27(金) 10:53:03 ID:65tjY/nV
こうやって今後ろを振り向きもせず愛し合うことは危ないとわかっていても離れたくない
もう、どうにかなってしまいそう
別れたほうが良いなんてわかっていても未だ会っている現実
貴方の好きな赤いネイルは何度も塗りなおしてるよ・・・
「そんなこと言っても奥さんには興味ないよ」
みそぼらしい嘘で固めて。
答えはでたようね
本当の気持ちは奥さんにあるんじゃない?
そんなことわかっていても悲しんでる私ってバカみたい
さようなら、お互い思っていることは同じようね
「出会わなければ良かった」


489 :名無しにして頂戴:2005/05/27(金) 13:57:11 ID:GIAY5uOQ
>>487>>488
イイ!

490 :遭難:2005/05/27(金) 15:48:56 ID:???
ありがと

491 :モルヒネ:2005/05/27(金) 19:26:16 ID:???
家には一人で帰れます。
だから貴方、その財力に物を言わせて
あたしの外出時に変なボディーガード付けるのは止めて。
早く帰って納豆食べたいんだから。愛するセキセイインコと一緒に。

この前貰った可愛い赤のボトムス。
あれ20万だそうで。受け取れないよ。そんなの。
更に驚くべき事は
「家のカーテンは900万だから、そんなの安いもんさ」なんて
屈託のない笑顔で返す貴方。

あたしは日々の移動を地下鉄で済ます至って普通の女の子
かたや貴方はコンビニまでリムジンで行くようなお坊ちゃん

あたしは只貴方が好きで好きでしょうがない。
貴方だってそれは同じだって、知ってるよ。
帰り道に手を繋いで、くだらない世間話をしてたら家へ着く。
夕日が眩しくて目を細めながら、貴方に「また明日」って。

そして貴方が見えなくなってから
「どうせ、財産目当てなんでしょ」
なんて陰口叩く御近所さんに心の中で唾を吐きながら舌打ちするの。


492 :名無しにして頂戴:2005/05/27(金) 21:27:01 ID:n0/VaUTq
↑↑新しい考えだな。

493 :名無しにして頂戴:2005/05/27(金) 22:43:36 ID:lQj/XKAC
>493
おもしろい!そういう考え方もあるのね。

494 :名無しにして頂戴:2005/05/27(金) 22:44:17 ID:???
>>493

495 :名無しにして頂戴:2005/05/28(土) 15:58:57 ID:mpTF6Zdc
>>493じがじさん

496 :名無しにして頂戴:2005/05/31(火) 01:07:57 ID:???
>>487>>488
あれれ?デジャブ?前にそっくりなの出てなかった?
同じ人かな?

497 :名無しにして頂戴:2005/06/01(水) 07:23:52 ID:uH1ZOKkg
幸福論の歌詞の本当の意味って?

498 :名無しにして頂戴:2005/06/01(水) 09:01:00 ID:BK33Enkk
>>497 死んじゃった子が下界の彼氏の守護霊になる歌です

499 :自信ないし概出かもしれん遭難:2005/06/03(金) 13:47:08 ID:???
この子が生まれて、大人になるまできっと義母とは仲良くなれない。
仲良くなりすぎても気を使いストレスがたまるのでいつも芝居の誘いを断るのも許して欲しい。
生活における嫌みに頭がおかしくなる。ストレスがたまる…。

半年がたち私のことを認めてくれない義母にもうどうなってもいいと全部言いたい事を言ってしまった…。
ああもうこの家追い出されてもおかしくない事態。
こんな事しても無駄とゆう事は知っているけど止められない。
同居は一生続く。
旦那も助けてよ…。

500 :自信ないし概出かもしれん遭難:2005/06/03(金) 13:57:11 ID:iYaR70u9
旦那とは幸せな学生生活のあと結婚して幸せなんだから、一生離れたくない。
しかしある日旦那が「お母さんから聞いたけど、君はひどいじゃないか?」と私に言った。
旦那は味方だと思ってたのに…。
翌日、義母に「この間は言い過ぎました」と愛想笑いをしながら謝る。
この事がこれから嫌みがエスカレートするに決まってるのにそんな事言えず黙っている。
ああ、もうストレスがたまってたまって頭がどうにかなりそう…。
一生分かり会う事のない関係でもニコニコして一緒にお昼を食べる。
この前私が大好きな赤いマニキュアを年に合わないとけなした癖に義母は真っ赤なマニキュアをしてるじゃない。いつも義母はそうだ。
でもそんな事は誰にも言えない。
旦那に被害妄想と思われる。
義母の事嫌いなんて一生隠さなくては。
ああ、なにかうまい方法があるかもしれないのに浮かばない自分の頭の悪さがいやだ。
あきらめなくては
義母もそう思っているはず。
一生続くんだ。

501 :名無しにして頂戴:2005/06/03(金) 15:44:24 ID:b+kXs5rO
498 それほんと?

502 :おまつりさわぎ:2005/06/09(木) 13:11:40 ID:???

毎日が何もなく過ぎて行く夏の終わり・・・
今夜は御祭りに間に合うことが出来そう、今日だけ命を授かりそうです
この女体と今の時代にやっと今夜こそやっと噛み合う事ができそうです

抜け出さなきゃ此処から!行かなきゃ!
今日はなんだか違うの!
出掛けよう時間が無い 実際の季節に期待して
出掛けよう!私には時間がないから今の季節だけ

沢山の人があの世から出てきて、みんなに祝ってもらえる
こんな御祭りがあるから、私の願いも叶えてもらえる

凄く楽しいよ、今日はいつもと違うんだよ、
少しも怖くなんかないの 孤独なんかじゃないの
確かに実在する御祭りに魅了され

綿菓子
水笛
知らない人の汗
桃色雛や
見世物小屋の嘘

全てが初めてで楽しい
こんなに楽しい日がもう来ないことを知った・・・
林檎飴の色がとってもキレイ
そして今日だけ私は生きている、今こうして歩くこともできるんだ!
けど、姿のない私なんてみんなに重なって融けてしまっているんだ
あぁ・・・・



503 :名無しにして頂戴:2005/06/09(木) 19:19:13 ID:???
歌詞そのまんまじゃね?
なんかあんまりストーリー風ではないと思うんですがー(´Д`;)

504 :母国情緒:2005/06/10(金) 13:06:36 ID:???
この鋭い目線の先に貴方はいる
貴方の全てを何一つ逃しやしない
すれ違いざ様に貴方に「おはよう」
私に「おはよ」貴方の声一つ無駄にしたくない
貴方は素敵な方だから沢山のライバルがいるけれど
私はそんなの気にしない
だって此処で貴方と向き合えて挨拶できたんだもの
それだけでいい

貴方の家の近所は大きな交差点があって
上を覗いたら元気のいいキレイな空が広がって
街路樹は脇役でしかない
こんな風に貴方の近所でフラフラしていると
「貴方が此処にいる」
って感じるの
明日の私と貴方はどうなるんだろう・・・

誰か1番をとったら誰かは1番になんてなれない
こんな辛くて大変な世の中
私は貴方のイチバンになりたい
でも私は幸せなの、だって貴方が生きているんだもの
挨拶だって交わせちゃうんだから

昼食とろうと場所探してたら神楽坂まで来ちゃって迷ってしまった・・・
通ったことのない道だけど歩いてたら、知ってるところに着いて良かった
貴方の元にもこうやって着けたらいいのになぁ

春夏秋冬雲の色まで貴方と同じ
この地球に二人は存在しているからそれだけでいい・・・
けど、もしも私の願いが叶うとしたら
「ちゃんと向き合ってお話したいな」
生まれた国が同じだからいいかな?

505 :丸ノ内:2005/06/13(月) 19:41:00 ID:???
「丸ノ内OL」なんかになれば普通っぽいかと思って入社したものの、お給料は全然あがんないし、東京は何でもあるけど、なんにもないしやんなっちゃうわ。
リッケン620頂戴よ。
「19万ももってないだろ」って言ってた奴がいたわね、これだから音楽バカは…。
家に帰ってまで仕事ってどういう事よ!
マウス一つを操るだけが仕事ですって?退屈でバカバカしいわ。
この邪魔なアンプ捨ててやろうかしら!
でもこのCDだけは貰っといてやるわ。
聞きながらヤルといつもよりキマるし。
今度は銀座のコスプレSMバーで働いてみたけどあたしにはこっちのほうがお似合いだわ。
この人気がいつまで続くかわからないけど。
今月の薬代は余裕ね。
今度から領収書書いてもらおうかしら。
税理士なんて雇う金ないけどね。
客のしつこいエロ坊主と結婚してやろうかしら、それなら毎晩一人でシテるほうがマシだわ。
ピザ屋の彼女なんてガラじゃねえってあのバカに馬鹿にされるかしら。
最近は池袋で客漁り。
ホテル代も込みで五万でいいわ。
そのかわり外でしてよね。
終電で帰るんだからさっさとイッて頂戴。
今日もこの金で買う薬とアンプの香りと痺れる声で絶頂に達するわ。
今のあたしなんてきっと愛さないだろうけど、ありのままを見てよ。
毎晩出てったバカを思い出すあたしは何処かオカシイんだわ。
早くお薬を頂戴。

506 :名無しにして頂戴:2005/06/13(月) 22:53:54 ID:???
>>505 カコ(・∀・)イイ…

507 :名無しにして頂戴:2005/06/16(木) 01:04:27 ID:VUOTH+xN
林檎の唄

私の名前を知りたいんでしょ?でも悲しいことに今では思い出せないの。
偽物の名前を使ってこんなお店で働く私に名付けてよ、好きな様に呼んで頂戴
5月には指名1位になってやるわ、そんな私に似合う名前を。

508 :林檎の唄 続き:2005/06/16(木) 01:08:13 ID:VUOTH+xN
生理が来なくなったのは妊娠した合図よ
私がお店をやめて主婦になるのがそんなに悲しい?
涙を拭いて顔をあげて、ほらもうじきお腹も大きくなるわ。
冬には子供を産み落としてあなたにみせてあげる。

509 :林檎の唄 最後:2005/06/16(木) 01:13:16 ID:VUOTH+xN
私が憧れてるのは、普通に暮らす女の子達。
お客さんの相手をして愛想笑いをしたりせずに
恋人に泣きついたり、微笑むことができる。
なんて素敵なのかしら。

私の名前、やっと今わかったわ。
あなたが呼ぶ通り、林檎なの。私にはちゃんと名前があったけど
そんな頃の私はもうどっかにいっちゃったわ。
本当の名を名乗ってあなたと結婚することもできないのね。
子供を育てながら、まだ売れる体をお店にだしてあなたに届けるわ。

さぁ召し上がれ、罪の果実である私を

510 :名無しにして頂戴:2005/06/16(木) 01:17:49 ID:VUOTH+xN
今聞いてて唐突に思いついて書いたが
全然自信ナス('A`)評価よろ

511 :名無しにして頂戴:2005/06/16(木) 03:06:54 ID:???
Cool!(^_-)


512 :名無しにして頂戴:2005/06/16(木) 06:32:02 ID:???
自演臭がムンムンと漂っていますね

513 :名無しにして頂戴:2005/06/16(木) 07:58:45 ID:VUOTH+xN
>>512
言っとくが漏れはあんな顔文字は使わないぞw

514 :名無しにして頂戴:2005/06/16(木) 09:40:07 ID:SBxmyKlf
>>510
GJ。
( ^ー゚)b
違うバージョンも期待。

515 :名無しにして頂戴:2005/06/16(木) 18:39:46 ID:???
>>505 カコイイ!

>>510 なんか切なくてイイ!

516 :はいはい:2005/06/16(木) 19:41:02 ID:???

「レンジで温めればすぐに食べれます」
そんなママの置き手紙とすっかり冷めた今日の夕食。
ちなみに朝方までには帰ってくる…らしい。

こんなママの為に料理を作ろうとした私は馬鹿だ。
買ってきたものは…きゅうり。
こんな食材で一体何が作れただろう。
「漬物か」
……一人で呟いてみたが面白くなんかは無く、むなしさがこみあげるだけだ。
こんな日はアイツに会いに行こう。
一人年下のセックスフレンドに。
ちょっと派手目の服でアイツのバイト先に行けば裏に連れてかれてすぐに求めてきた。
「あなたが思うほど軽い女じゃないのよ」
喉までそんな言葉が出かけたが結局、ヤった。

少しの事で何もかもが嫌になる。それをセックスで忘れようとする。
仕方ないじゃん、だって思春期なんだもん。



あれから三年間の月日が流れた。
私は相変わらずセックスフレンド達とフラフラ遊んでる。
相変わらずママの男遊びも変わらないわね。

え?なぁにママ?バイク?しらないわよ。
(本当は一つ年下のアイツにあげちゃった)

あぁ、がみがみウルサイ。
朝御飯なんて勝手に食べるから、ママ怒鳴らないでよ。子供じゃないの。
側にあった手頃なスープの箱を握り潰

517 :名無しにして頂戴:2005/06/16(木) 20:33:35 ID:???
>>516
氏ね

518 :名無しにして頂戴:2005/06/16(木) 20:56:22 ID:???
>>517
氏ね

519 :歌舞伎町の女王:2005/06/16(木) 21:12:43 ID:???
あれは蝉の鳴き声がうるさい夏休み
ずっと前ママと行った九十九里浜思い出している
今は年経る祖母に預けられ
ママに会いたくなり一人で勝手に行く歌舞伎町
ママはここの女王様お客さんも私をとても可愛がっている
でもみんな聞くことはママのこと私のことは聞かず
私はママの真似をし自分を売り込むまるで生き写しだわ
でも15になったときママは消えた毎週金曜日に来てた
あのお偉いさんと行方不明
『一度栄えし者必ずは衰えゆく』
自分が歌舞伎町で働くうちに分かった悲しさ
小さいとき来た歓楽街の楽しさはどこにも無いわ
消えていった女は皆私を馬鹿にするでも
夏の太陽は私を美しく照らしてくれる
そして女は過去そうであったことをいかにも
過大して話す
もう少し年を経て色香が出てきた私の武器は表面だけで
昔のママのように客の嘘話に騙されると
可哀想な人生を送るだけだわ
何かと西では問題があるJRの東口をでて
そこは私に誘き寄せられた人のたくさんいる
最高の楽園が待っている・・・・
今宵は私の初めて出した店を皆祝い乾杯!!

520 :名無しにして頂戴:2005/06/18(土) 01:31:22 ID:???
725 :群青日和:2005/06/16(木) 07:45:24 ID:???
新宿に来てみたけどすごい豪雨。最悪。あなたもつかまらないし。
あなたの気持ちも、この冷たい雨の降る東京のように冷めてるの?
どうやったらあなたと恋人関係になれるのかな。わたしには駆け引きとか無理〜。
どうすればいいか分からないよ。もう泣き過ぎて、脳みそすら乾いて何も考えられない。

ある日、あなたに言ってみた。「人々の涙がいっぱい集まって、雨を降らせるんだよ」って。
まぁ人々って言ってもわたしの事なんだけど。
わたしがなんでこんな話するのか、あなたは別に何の疑問も持たない風に、
「はぁ?お前何言ってんの?そんなわけないじゃん。まぁでも、そんくらいの嘘話も夢があっていいんじゃない?ほんとの事ばかりだったら堅っ苦しいよ。」

違う〜!わたしが言いたいのはそんな事じゃないの!そんな言葉が聞きたい訳じゃないの!
わたしに興味ないの?わたしがなんで泣きたい気分なのかちょっとは考えてよ。
わたしの考えに考えた作り話を嘘って軽く流してくれちゃって、いつでも他人になる気満々なのね。

でもそれって演技でしょ?イマドキの若者がそうな様に、
あなたもあやふやを装って、当事者にならない様にしてるのよね?
ちょっとくらいわたしに興味が湧いたとしても、決して自分からは事を起こさないんでしょ。
わたしが全部お膳立てして、はいどうぞって言うまでは、
わたしに何の興味も持ってないフリでそうやって笑ってるんでしょ。
でもその笑顔にやられちゃうのよね・・・。

12月の空気はほんとに冷たくて嫌になっちゃうけど、
伊勢丹の入口から流れてくる暖房の風が妙に生あったかくて、
あなたに触れたあの感じを思い出しちゃったよ・・・。

二人に答えは出ないのかなー。あーもしかして他に好きな人がいるとか?
違うなら違うって言ってよー!
新宿は相変わらずの豪雨。もう誰でもいいいから此処へ来て!
わたしの気持ちだけが燃えているわ・・・。

521 :名無しにして頂戴:2005/06/18(土) 19:52:02 ID:hMOzU3iu
なんか・・・ウザいスレになってるね・・・


522 :名無しにして頂戴:2005/06/18(土) 20:15:33 ID:???
>>518
氏ね

523 :名無しにして頂戴:2005/06/18(土) 21:22:18 ID:IZpRi3in
>>1

524 :名無しにして頂戴:2005/06/24(金) 15:26:05 ID:AEoiVhAD
具体的な情景の描写を敢えて表現せずに聴き手に委ねる。
それにより何通りもの解釈が可能。
素晴らしい歌手です。


525 :名無しにして頂戴:2005/06/26(日) 20:44:54 ID:???

あなたはよく
写真をとりたがっていたよね
でも私はそれが何時も嫌でうまく笑えなかったの
だって写真になっちゃったら…
何時か古いあなたの思い出になるじゃない?
私は絶対と言う言葉が嫌いで
何時も嫌だった
いくらあなたの口からの言葉でも
信じられなかった
絶対という言葉は
私を傷付けていった
だって幾度もその言葉を聞いては
悲しくなったから

アイワナビーウィズユー
そばにいて
ずっとずっと…
明日も生きているのかなんて解らないけど
もし、重い瞼を上げられなくなってもー…
寂しくないように
私を離さないで居て
ダーリン…


少女の息をひきとるまえの回想と気持ち。愛していた彼に伝えたい最後の唄。

526 :名無しにして頂戴:2005/06/27(月) 15:19:10 ID:FZdJ1OER
ギブスとか歌舞伎町とか、わざわざ解釈するまでもないような
直接的な歌詞をわざわざ書いてる椰子の気が知れない。

527 :名無しにして頂戴:2005/06/28(火) 00:10:53 ID:V1WNgkgM
翻訳ではなく、あくまで「ストーリー風解釈」
どなたかシグマを・・・

528 :透明人間.1:2005/06/28(火) 00:35:07 ID:???
あれからどれくらいたったかな。
あんなに小さかったはーちゃんが、いつの間にか大きくなっていて。
初産で難産、おまけに未熟児だった君がこんなに立派に育ってくれた。
弱気なママにいつも元気をくれたはーちゃん。

よくこの部屋で透明人間ごっこをしたね。
風船や壁のパントマイムも大好きだったよね。
本当に”透明人間”みたいに、はーちゃんの心は澄んでいた。
だからママは噂話に花が咲く通りも、透明なまま過ぎて家に帰ることができたよ。

パパのお誕生日のドッキリ企画。
いつか、隠すつもりが全部ばらしちゃったことがあったね。
あんなに笑っていたはーちゃん。
君は生まれてまだ四年なのに、ママと同じくらい好きな人や物を持っていた。
それは全てが煌めいて、君が触れる物には生命が宿っていたんだ。

辛い治療の合い間に 君が笑ったり、喜んで跳ねたり、びっくりしたり
そんな、子供らしく在れる瞬間はママも君と同じ気持ちで、純粋に応えたいんだ。
毎日部屋を染める綺麗な夕日はお別れの合図。
でも愉しい明日のことを考えれば、ママに逢えない夜も寂しくなくなるよ。

529 :透明人間.2:2005/06/28(火) 00:36:05 ID:???

「ママは透明人間さ」
もっと透けていたい・・・君と同じ気持ちでいたいだけ。
苦いお薬を拒否するはーちゃんを叱るのはとても辛いこと・・・。
ママだってまだ何が「悪い」かなんてよく分からないんだ。
どんなワガママも受け入れて、甘えさせてあげたい。
君を自由にして、もっと子供らしい部分に触れてみたい。

君が怒ったり、泣いたり、辛さに言葉すら失ったり
そんな子供らしく訴えられたとき、どんなに代わりたいと思ったか・・・。
それでもはーちゃんは絶対に弱音を吐かないで、いつも笑ってくれた。
毎日変わる空を君に見せたい。
手を叩いて数えたら、長い夜はすぐ明日になるよ。

君が裸になることを恥ずかしがった時や発病した時、
回復した時、悪化した時・・・本当はママ、凄く泣きそうになったんだ。
だけど楽しそうに笑うはーちゃんを涙で濁したくなかった。

ねえ、はーちゃん。今日の空は凄く綺麗だよ。
君が居なくなった未来。
それでも幸せに思えるように、君は色々な物を残してくれた。
だからママは、はーちゃんみたいに笑っていくよ。
またいつか逢えるのを楽しみに待って

さようなら、はーちゃん。

530 :名無しにして頂戴:2005/06/28(火) 04:21:41 ID:aZiC3S0o
透明人間
私は今時の格好をした普通の女の子。
きっと街に繰り出したら似たような子ばかり溢れていて私なんて探すこと出来なくなってしまう
同じ格好をした人にはそれぞれ個性を主張しているつもり。

流行に敏感なあの通りは、やっぱりお金に塗れていて援助交際なんてのに踏み込んでしまう…私も経験をした

今…あの通りにいる大人たちが私を呼び止めて誘いを持ち込むなら、私は息をとめて無視して通りをぬけてみせる。もう後悔はしたくないから

そぅ…私には好きな人が出来たの。私が昔売りやってたことは秘密にしておいたほうが愉しく貴方と付き合っていけると思ってた。
でも本当に貴方に受けとめて欲しかったから…バレる前に自分から明かそうと思うの。
聞いても私のこと笑ったり馬鹿にしないで…

私は好きな人や物など有り過ぎるほどあるし、そこらへんの女の子と対して変わらないのに…。
『援交してる女よりチャラチャラしてる格好で売りしてない子の方がましだよ』
そう応えた貴方に『私は違う世界もみてきたし、むしろ鮮やかな色々を知っているわ』なんて言い訳して貴方に嫌われたね。

531 :名無しにして頂戴:2005/06/28(火) 04:41:45 ID:???
『家には一人で帰りますから…送っていただかなくていいですよ。そんな気を使わないでください』
だって私には夫と子供が3人家で待ってるもの。
貴方は私を独身の25歳だと思っているかも知れないけど…18の時に結婚・妊娠して今では一番うえは小学生の息子を抱えているのよ。
『じゃあ次逢えるときは僕に食事ご馳走させてください。素敵なイタリアンのお店予約しておきますから!』
イタリアンなんて私には贅沢よ。私には素敵な納豆があるのよ。賞味期限…もうすぐ切れちゃうから旦那に食べさせよ。

あっ。もうこんな時間早く帰らなきゃ旦那に叱られちゃう。
改札のとこで浮気相手の貴方と別れて、シンデレラみたいに階段を降りたの。
私鈍臭いから電車に乗り遅れて…無念にも地下鉄のレールしか残ってなかったわ。

532 :『心』:2005/06/28(火) 15:46:32 ID:???
小さい頃に考えた『大人』って、どういうものだったっけ。

ちっとも私は大人になんてなってないや、
手に取ったもの凹凸や、肌に感じた暖かさとか
その場で判るものしか理解できない。
そもそも私は、どうやったら大人になれるとでも思っていたのだろう。
はたち、世間は私を大人と言う。

こんなことを考えていたって、答えなんか出るはずも無いのだろうし
だから大好きなあなたとの時間を大切にしていればいいのだろうけれども、
『大人』になりたい私はそれを阻む。
肌を重ねて、あなたの手を握り返して、それで満足して居ちゃ駄目なんだ。
一応そんな風に逡巡していたりする。

まだ『一人前』でも『大人』でもない私のままで、生きて居たい。
私の意志はそれだけで、きっと十分なのだと思う。

あなたは自分のことをどう思う?『大人』だとおもう?
『大人』にはどうやったらなれると思う?

成人式なんて行かなければよかった。
帰り道、寄った公園は広々と薄ら寒くて、あなたが手を握ってくれた。
似合わない振袖の着物(妙に派手で女らしくてこまる)。
滑稽でたまらない。


254 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)